RockzGoodsRoom > Outing > Outing2014 >

RockzGoodsRoom > PAST Contents > Car2014 >

 岡山(キリンビール岡山工場見学と岡山道の駅攻略) (2014/05/04〜05)

2日目はこちら→

2002年にこのホームページを始めてから、全国巡ってきましたが、その中でも4県だけが泊まっていません。
福井県、滋賀県、岡山県、徳島県。
ホームページ開始以前の生涯スコアで行くと、いまだ泊まったことがないのは徳島県だけなんですけどね。
ちなみに、徳島県は、釣りで夜を明かしたことはありますが(笑)

というわけで、泊まっていないところに行くことにしましょう。
岡山に、キリンビールの工場があって、『「キリンブラウマイスター」とうんちくを堪能する大人のビールツアー』ってのをやっているのを発見しました。
ブラウマイスター、これ美味しいんですよね。以前、中津の焼き鳥屋さんで飲んだ時に、めちゃくちゃおいしかったので、このツアーは面白そうだなぁと思い、行くことにしたのです。

いつ行こうかと考え、ゴールデンウイーク後半の4日間のうち、中2日で行けば、道も混んでないだろうと見当をつけました。
前半はバイクで九州だったので、後半は車で行くとしましょう。

5月4日(第1日)

-07:30-
目覚めます。
今日はいい天気だなぁ。

-09:10-
さて、そろそろ行きますか。
頼むよSTREAM
裏道通ってR176へ。
いい天気だー
-10:00-
県道82号に入り、中国道・西宮北ICから高速です。
西宮北ー そしてすぐに神戸JCTで山陽道へ
-10:10-
三木JCTを通過です。
四国には行きません
「はたらくくるま」が猛スピードで追い抜いていきました。
レーダーパトですな
-10:40-
播磨JCTを通過です。
播磨ー
-10:55-
岡山県に入ります。
岡山ー
-11:20-
山陽道・岡山ICで降ります。
渋滞なくてよかったよ
R53から市道をショートカットです。
岡山放送のラッピングバス
再びR53から県道96号、そして県道27号へ。
岡山の街中を走ります
そしてまたR53から市道を走ります。

-11:45-
近くのコインパーキングに停めて、「とりそば太田」にやってきました。
「とりそば太田」です
昼時でほぼ満席。なんとか座ることはできましたが。
何するかなー
塩とりそばと、さばずしにしてみました。
さばずしですよー
そして、塩とりそばもやってきました。
おおー澄んだスープだー
醤油だれが一応メインだそうですが、塩だれ、これはいいですねー。
うまーい。

薬味がいろいろあります。
胡椒、山椒、一味、ヤンニン、山葵・・・ヤンニンってなんだ??
ヤンニンは韓国の薬味だそうです。

ということで、おいしくいただけましたー。

さて、宿に車を預けにいきましょう。
県道27号からR53を走ります。
市電ですよー 復刻版かな
KUROって言うらしい
こちらはMOMO
低床車両です
新幹線の下をくぐります。
道路の下は在来線
-12:20-
本日のお宿、「東横イン岡山駅西口右」にやってきました。
15時以前に車を入れると追加料金がいるそうですが、それはかまいません。
車と荷物をとりあえず預けました。
コーヒー飲んでいこう
さて、岡山駅から万富駅へと電車で移動するので、てくてく歩いて岡山駅へと向かいます。
岡山駅のまわりは高いビル少ないなぁ
岡山のマンホールは桃太郎ですねー。
ちょっと微妙な桃太郎
-12:45-
岡山駅にやってきました。
山陰本線に乗りますよ。
回送になった381系「ゆったりやくも」 そして乗るのがきました
-12:50-
電車に乗りました。
事前に、ビールツアーの予約をした時にシャトルバスがあるようなこと言ってたんですが、詳細がわからず早めに行っておくことにしたのです。
おーキリンの工場だー
-13:15-
万富駅に到着しました。
pitapa使えてよかったです
駅から出ると、キリンのマークのついたデリカが。
んん?これがシャトルバス?

「○○さんですか?」と聞かれますが、えー?違いますよ。
どうもシャトルバスの時間外で誰かがお願いしていたようでした。
でも、余裕があるんで、乗っていいらしい。

乗り込むと、「着いたらこれ書いてくださいね」と受付用紙を渡されました。
受付用紙
-13:20-
キリンビール岡山工場」にやってきました。
こちらはヤードかな 入口です おおーでかいタンクー
イレギュラーな客ですいませんでしたー。
ありがとです
うーん。ツアーは14時45分からなんですよねー。
1時間以上あるよ・・・。
とりあえず受付行こう
中に入ると、うわぁ。ビールのすごい匂いー。
試飲会場がすぐそこにあるからですねー。

受付済ませました。
なんだか今は、のどごし生のグラスセットがもらえるそうで、帰りにもらって帰ってくださいねーってことでした。

ショップは、意外と小規模で、ちょっと残念・・・。
麒麟です
最近は企業の環境活動とかが盛んですね。
1 良質な原料 2 上質な水
3 やさしいパッケージ
パッケージって結構重要 4 地球環境との共生
でっかい一番搾りがありましたよ。
カラーコピーの継ぎはぎでした(笑)
クイズがあるなぁ。
アルミ缶からアルミ缶が再生されることは? CAN to CANって言うんだって
一番搾りは、嵐がCMやってましたっけ?
知らなかったなぁ
受け付けた時に、ポイントカードくれました。
ポイントためて、景品もらえるってことらしいです。
岡山限定の催しです 1年以内には来ないな
J2のファジアーノ岡山の選手たちのサイン入りボールがありました。
ほほー 4年前ですか?
高額ビアジョッキとかもありますねー。
マイセンに有田焼の柄写し?
日露戦争記念ビールもあったり
商品がたくさん陳列されています。
キリンの販売商品 日本代表缶もあるんだ
おー。堺雅人も来たんだー。
サイン入り
外みてみますかねー。
環境に配慮した庭
神社もありますよ。
お参りしておこう お稲荷さん
太陽光パネルもありますね。
屋根かと思いましたよ NEDOの支援を受けているらしい
変わった彫刻もありますよ。
「かっぱ姫」だって
池の噴水も太陽光で動いているそうです。
影をつくると噴水止まりました
外から工場を眺めておきましょう。
タンクの林 事務所
最近、キリンはビール工場を「ビアパーク」と改称していっているようですね。
ここもビアパークなんだ
見れるところは見終りましたが・・・まだ45分くらいありますねー。
まぁいいや。たまにはのんびりしましょう。

-14:40-
ツアーの集合がかかります。
名前呼ばれて確認されます。

まずは、別室でビデオ上映です。
ぞろぞろ行きます キリンブラウマイスターとうんちくを堪能する大人のビールツアー専用ビデオ
観終わったら、エレベーターに乗って工場見学です。
ビールの聖人だそうです
材料をみます。
淡色麦芽 カラメル麦芽 ホップ 二条大麦です
移動します。
連絡通路
仕込み槽とか見ますよ。
奥まで続く でかいねー
覗き窓の左上はライト
奥の方は濾過とかかな
今日は特別に一番搾りの麦汁を飲ませてもらえるそうです。
製造のタイミングにより、体験できない時もあるそうです。
アルコール分ゼロの麦の汁(笑)
古代メソポタミアのシュメール人が紀元前3000年頃には既にビールをつくっていたそうです。
粘土板に書いてたらしい こっちは工程の説明
ピンボケたけど
連絡通路からタンクを見ます。
109本あるらしい
生産ラインとかは見学せず、工場見学はここまでで、さわりだけってことで、特別な部屋へ。

部屋に入るとなんか特別そうなビアサーバーが!!
満々入っているのかなぁ ガイドの坂本さんです
種明かししてくれます。
実は、冷蔵庫一体のサーバーでした。
構造は普通のビアサーバー
まずは説明とデモンストレーションです。
泡とビールが3:7です ≪クリックで動画再生です≫
ということで坂本さんがお手本
できましたー
それぞれ、順番に自分で注いでみます。
結構難しいんですよね
おつまみは、いつものやつですね。
どこの工場でもこれ出ます
何度かグラスを傾けて飲みますが、それが輪になるのがきれいな泡ができている証拠だそうです。
一気飲みしたらつかないね(笑)
エジプト王朝時代の「アニの教訓」ってのがありました。
なるほど こういうウンチクかー
酔っぱらっていないので、2杯目いきましょう。
くうぅー
エジプトの壁画にも酔っ払いが描かれているそうです。
左 酔ってリバースする女性
右 酔って運ばれる男性
すげぇな。リバースする女性を壁画に書いているんだ(笑)
このグラスいいなぁ
ビールを注ぐ前に、皆さんキリンのエプロンしてましたよ。
これもいいなぁ
試飲している間に、1人1人、チェキで撮ってカードにしてくれました。
嬉しそうだな オレ(笑)
3杯目は、フローズン<生>でもいいそうなので、それにしよう。

待っている間に、坂本さんがきれいなグラスとそうでないグラスとの注ぎ具合の差を実演してくれました。
右手に汚れたの
左手にきれいなの
明らかに泡の立ち方がちがいますねー
ということで、フローズン<生>がやってきました。
これかー 飲んだことなかったかも うーん・・・普通に飲むほうがいいかも(笑)
ビールのうんちく年表ってので説明もしてくれました。
なるほどー
ビールの大瓶が633mlなのは、そもそも瓶の容量は各社さまざまであったのを、酒税法ができた時に、その当時で一番小さい容量のものに合わせたからだそうです。

てことで、セミナーは終了です。
「ブラウマイスター飲めるお店ってすくないですよねー」と坂本さんに話したら、飲めるお店のリストくれました。しかも岡山市内の(笑)

お土産に、ブラウマイスターのジョッキと、ブラウマイスターは樽限定なので、かわりにコンビニ限定の高級ビール、グランドキリンを付けてくれていました。

ショップでキリンのビアジョッキと、気に入ったのでエプロンも買って、帰りのシャトルバスを待ちます。
帰りはちゃんとしたバスかな
ビアパーク岡山、楽しかったです。
なかなかよかったです
-16:25-
バスが来たので乗っていきます。
シャトルバスです
ガイドさんたちが手を振ってお見送りです。
ありがとうございましたー
道路にシャトルバスが出ても、見えなくなるまで手を振ってくれていました。 
すごいなー
-16:30-
そして再び万富駅に。
戻ってきました
帰りの電車が来るのを待ちますよ。
駅の隣が工場です 広大ですねー
-16:40-
岡山駅に向かう列車が来ました。
行きと同じ黄色いの
-17:05-
そして岡山駅に戻ってきました。
あ!アンパンマン列車だー
知らなかったんですが、アンパンマン列車って20種類もあるんですね。(こちら

-17:10-
そして、「東横イン岡山駅西口右」に戻ってきました。
ただいまー 部屋から岡山駅が見えます
ふいー。ささっと風呂入っておきますかね。
そして、ログとりしたり。

-18:40-
では飲みに行きますか。
今日は300人も泊まっているらしい
てくてく歩いて岡山駅を越えていきます。
岡山駅の賑やかな方 でかい噴水もあります
桃太郎通りを歩いていきます。

-19:00-
あかり」さんにやってきました。
おー雰囲気よさげー
昼間にビールはたくさん飲んだので、ハイボールでスタートします。
お通しは菜の花豆腐
岡山の人は、好んで鰆を食すようなので、食べてみたかったのですが、刺身とかはもう既にないそうです。えーっ!!
火が通るものはできるらしい。

しかたないね。ということで、いろいろ第一弾オーダーです。
刺身三種
鯛・ヨコワ・下津井蛸
備前晴れ豚のはりはりサラダ
備前晴れ豚のせいろ蒸し 鰆の玉子焼き
せいろ蒸し、楽しみですねー。

のんびり2〜3杯飲みながら、せいろ蒸し以外をいただきます。

せいろ蒸しもそろそろいいかなー。
おおー
いやぁ、これはおいしいですねー。
蒸すことで、豚そのものが持つ甘味が引き立ちます。

あと、牛も気になるのがありますねー。
限定ブランド牛千屋牛のステーキ
これがまたおいしいんですよー。

ちょっとグレード上げて、山崎ハイボールにしよう。
これがまたいいのよ
もうちょっとおつまみ程度にいきますか。
焼きママカリの酢漬け
自家製たこわさび
これがまた酒が進んじゃう味なんですよねー。普通のタコワサと違うたこわさびもいいですねー。
ということで「伊七」をいきます
いやぁ、鰆は食べられなかったけど、大満足でしたー。

てことで、飲み食い終わって宿にもどります。

途中、水分とアイス買って帰りましたよ。

-20:55-
宿に戻ってきました。
チャンネル7つ
そして、もう一度シャワーでさっぱりして寝ましたー。

本日の走行距離 162km

着々と全国のビール工場見学も進んでますなぁ(笑)
明日は道の駅攻略しながら帰ります。
楽しい岡山ナイトをありがとうー。
5/4走行マップ 岡山マップ 全体走行マップ

2日目に続く→

おでかけ一覧へ    記事一覧へ   「食は此処に有り」へ


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.