RockzGoodsRoom >

 Rockz のおすすめの音楽や映像を紹介する部屋です。

Last Update 2021/11/06

   


  

Better Than Heaven / Stacey Q
1986年リリースの、大ヒットシングル"Two Of Hearts"を含む、ステイシーQのデビューアルバムです。
元々は、SSQというバンドのヴォーカルだったのですが、ソロデビューしての作品でした。
"Two Of Hearts"は、80年代のディスコ・シーンを代表する一曲ですが、結局、この曲だけがヒットしたなぁ。

Greatest Hits〜Japanese Single Collection / Paul Young
優れたソングライターであると同時に、抜群のカヴァー・センスと表現力を兼ね備えた実力派シンガーとして、80年代、ブルー・アイド・ソウルシーンの中核を担ったポール・ヤング。
2019年の久々の来日に併せ、CBS在籍時に日本でリリースされた全シングル曲を網羅した最新・最強ベスト盤です。
ちなみに、ブルー・アイド・ソウルは、元来は黒人のものであったR&Bやソウルミュージックを白人が取り入れ形成した白人の音楽を指します。
1985年にダリル・ホール&ジョン・オーツのカヴァー曲であったシングル、"Everytime You Go Away"で日本でも有名になりましたね。

KYO / m-flo
2019年にリリースの、m-floの5年ぶり9枚目のアルバムです。
「KYO」は、響、京、共、境、強、狂、今日、鏡、協、興などさまざまな意味を持つ「言葉」で、それは宇宙を超えて存在する別次元の「パラレルワールド」という設定です。
やっぱりLISAのヴォーカルのあるm-floはいいですねー。
久しぶりに、正統派のm-floを聴けたという感じがしました。


  

The Final Countdown(邦題:ファイナル・カウントダウン)
(Sta:Kirk Douglas、Martin Sheen,Dir:Don Taylor 1980 United Artists Co.)

1980年。ハワイ沖を航行していた、最新鋭原子力攻撃空母ニミッツは、突然閃光に襲われ1941年の真珠湾攻撃直前の太平洋にタイムスリップしてしまいます。
まさに日本軍が真珠湾に奇襲をかける寸前だと知る乗組員たちは、歴史に介入して日本軍を撃退するか否かを迫られ、最新鋭戦闘機F14によるゼロ戦との戦闘に突入します。
嵐に遭遇し、ここが1941年なのだと理解するまでの過程はおもしろいですね。あと、タイムパラドックスとどう向き合うか。
着想としては面白い1本。
Jumpin' Jack Flash(邦題:ジャンピン・ジャック・フラッシュ)
(Sta:Whoopi Goldberg,Dir:Penny Marshall 1986 20th Century Fox)

スパイからの救助メッセージをアクセスしたことから、スパイたちの陰謀に巻き込まれていくOLの姿を描いたアクション・コメディです。
上司からの説教も聞く耳持たず、コンピュータ・ネットのパソコン通信に夢中のノーテンキなOLテリー。彼女がいつものごとくコンピュータを使っていると突然ローリングストーンズのヒット曲“ジャンピング・ジャック・フラッシュ”のコードネームを持つ何者かからのメッセージが入ります。
実は彼はスパイで、彼を旧ソ連から助け出すために、テリーはミッションをこなしていきます。
ウーピー初期の作品。1985年って、まだマウスもなく、モニターはブラウン管。でも古さを感じさせない、今観ても楽しめる1本です。

Willow(邦題:ウィロー)
(Sta:Warwick Davis、Val Kilmer,Dir:Ron Howard 1988 MGM/UA Communications Co.)

中世のとある国.世界を救うと予言された赤ん坊が生まれました。予言を恐れた魔女は殺すことを命じますが、難を逃れて河に流されます。
その赤ん坊を拾ったのは、小人族・ネルウィン人の魔術師見習いウィローでした。しかし、災いの元になる子どもは村では預かれず、ウィローは仲間たちとともに人間族に赤ん坊を返しに行くことに。
途中で会った荒くれ者の人間マッドマーティガンを仲間に加え、ウィロー一行は恐ろしい魔女から赤ん坊を守るべく、大いなる戦いに巻き込まれていきます。
主演のワーウィック・デイヴィスは、StarWarsのイォーク族・ウィケットやハリー・ポッターシリーズでのフィリウス・フリットウィック教授役もこなしていますね。
ジョージ・ルーカス製作総指揮、ルーカスフィルム製作の、モーフィング技術が初めて使われた作品です。
Scrooged(邦題:3人のゴースト)
(Sta:Bill Murray、Karen Allen,Dir:Richard Donner 1988 Paramount Pictures)

チャールズ・デイケンズの小説「クリスマス・キャロル」をの設定を基に、SFXを駆使してコメディ仕立てに描いたファンタジー作品です。
現代のニューヨーク、テレビ局の若社長フランク・クロスはその傲慢さとガメツさで皆から嫌われていました。
クリスマス・イヴの夜、そんな彼の前に、過去・現在・未来の三人のゴーストが現れ、彼の現在過去未来の姿を見せ付けていきます。
ストリート・ミュージシャンでマイルズ・デイヴィスが出ていたりと、意外と見どころの多い1本ですよ。

Holy Man(邦題:ホーリーマン)
(Sta:Eddie Murphy、Jeff Goldblum,Dir:Stephen Robert Herek 1998 Touchstone Pictures)

TVショッピングのプロデューサー・リッキーは担当する番組の業績不振に悩んでいました。
ある日、2週間以内に数字を伸ばさなければ社長から解雇すると告げられたリッキーの前に「G」と名乗る謎の巡礼者が現れます。Gは誰に対しても優しく、その独特の語り口調には多くの人を魅了する力があり、それを知ったリッキーは起死回生を狙って彼を自身の番組に出演させると、瞬く間に番組はヒットします。
しかし、それが成功のまま続かないというのがこの映画。
エディー・マーフィーが出演していますが、マシンガン・コメディートークはなく、ゆったり優しい口調の聖職者。
どちらかというと、主役はジェフ・ゴールドブラムですね。
エディー・マーフィー出演作で、日本上映がなかった数少ない作品のひとつ。
Coming 2 America(邦題:星の王子ニューヨークへ行く2)
(Sta:Eddie Murphy、Arsenio Hall,Dir:Craig Brewer 2021 Paramount Pictures)

1988年公開の「星の王子ニューヨークへ行く」の正当な続編です。
アキーム王子がリサをザムンダ王国に連れて帰って30年の時が流れ、アキームが国王に就任しようとしたまさにその時、アキーム本人も知らない自身の息子がアメリカにいることが判明しました。その彼の名はラヴェル。聡明でクイーンズ出身。
ザムンダの王位継承は男系との決まりがありますが、アキームとリサには娘しかいなく、余命いくばくもない父ジャファ国王はラヴェルを皇太子として迎えたいと願っており、その想いを尊重してアキームとセミは彼を迎えに再びニューヨークへ出発します。
Amazon Prime Video限定での配信。
コメディ要素だけでなく、人としての生き方など、いろいろ考えさせられるシーンも。心に残る1本です。


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.