RockzGoodsRoom >

 Rockz のMonoを紹介する部屋です。いろいろあります。

Last Update 2021/02/20


 第一精工 ロッドホルダー サーフ三脚アルミスーパーミニ3号

海釣り公園でサビキ釣りするのに、ロッドホルダー欲しいなぁと思い昨年8月に導入。
かゆいところに手が届く、第一精工製です。
立派なのは必要としないので、一番小型のです。

    収納もコンパクト

基本的には、軽量アルミパイプ製で形態が楽なので、逆にこれ単体ではロッドを置いたりすると安定しない場合があります。
そのため、真ん中に水汲みバケツに水入れてぶら下げておくと安定します。
手も洗えるしね。

 山田化学 コルトナバッグ Medium

釣りに行くのに、グッズはバッカンに入れていたのですが、例えばレインウェアとか濡れたものを持ち運ぶのに、防水のカバンがあったらいいなぁと探すと、ありましたよ。
ポリエチレン製のトートバック。
これいいですねぇ。汚れたら水洗いもできるし。
軽くて強い上に、水も入れられるので、簡易的なイケスにもなりますねー。
実際には、基本的には晴れの日使いまたは、雨天時に車内での濡れたもの一時収納に使用中。
国産で1,000円前後でこれって最強ですな。

 PIRARUCU GP-004 ONE SHOULDER BAG

釣りで使う、防水型のボディバックを買い替えたのですが、機能性はいいんですが、どうも首がスレて痛い。
ということで、泣く泣く、代替を探すことに。
レインウェアを扱う富山のカジメイクのブランド、 「PIRARUCU」のワンショルダーです。
左右どちらにも使えるショルダーストラップで、内側に小物を整理できる取り出し可能なキャリングケースを装備しています。

    裏側

もちろん、雨具屋さんの商品、防水性は申し分ないです。
容量8Lで、エアーバルブがついていて、中野余分な空気を抜くこともできます。
スキーウェア収納用に、バックパックタイプのGP-002も持っていますが、なかなかいいですよー。
色は、イエロー、ブラック、ホワイトと3色ありますが、釣り用ってことでブラックをチョイスしました。

 COOK&DINE HAYAMA オリジナル・アルミミートサーモプレート


アルミプレート
それなりの厚みのあるステーキ肉やブロック肉を焼く際、冷蔵庫から出して、一旦常温に戻してから焼くという鉄則があります。中が冷たいと火が通りづらいですから。
その際、肉をまな板の上などにのせてそのまま常温放置しても、まな板に触れている部分はいつまでも冷たいので、その解消にこのミートサーモプレート。
分厚い4mmのアルミプレートにステンレスの脚を付けただけの、至ってシンプルなプレートです。

    裏は四隅に足

便利グッズでよくありますが、料理する上での意気というか、そういうのも含めて、デザイン性も重視してみました。
装飾や表面加工をも一切排したアルミ板と、ステンレス脚だけのシンプルの極みで作り上げられています。

    クック&ダインのマーク入り

普通の冷凍食材の解凍プレートとしてももちろん使えます。

    電子レンジで解凍よりいい

これで自家製ベーコンの美味さもワンランクアップするかなー。

 DAIWA クールラインαII GU1500


発泡ウレタンで保冷です
船釣りの時には、大物が釣れる可能性が高いので、同じシリーズのGU2500を使っているのですが、陸っぱりで釣る時とかには、もう一回り小さいのがいいなぁと思い、昨年8月に追加購入しました。
サビキとかなら、多分10Lあれば大丈夫かなと思うのですが、タチウオとか行くなら、もう少し余裕があったほうがいいなぁということでチョイスしたのは15L。
GU2500よりは、1.5kg程度軽いので、機動性は高いかな。
500mlペットボトルなら、10本は入るかなというサイズです。
GUシリーズは。断熱材としてウレタンを使用。ワンクラス上のSUシリーズは、プラス底に真空パネルですが、そこまではいらないかなということと、ワンランク下のSシリーズは、断熱材がスチロールなので、まぁ中間性能というところでのチョイスです。

   滑り止めは標準はなし

GU2500の時と同じように、オプションの「ふんばるマン」(滑り止めラバー)も追加しておきますよ。

    これね

ダイワの商品ですが、作っているのは、東京都東久留米市の、グローブライドって会社みたいですね。

あと、プルーフケース(クーラーにぴったり合う防水ケース)も追加して、さらに、1500と2500共用で使えるよう、ショルダーベルトもアップグレードして、170Bを追加。

    これ

持つのがだいぶん楽になりますよ。
使い勝手よくなりますねー。

 GLOBAL SHARPNER GSS-02


GLOBALのためのシャープナー
一応、刃物は砥石で研ぐ最低限度の技術は持ち合わせていますが、なかなか日常、砥石出して研ぐほどの時間がないので、包丁はシャープナーでたまにお手入れする程度です。
ホームセンターで購入した、荒研ぎ、仕上げ研ぎの2種類可能なシャープナー使っていますが、どうもイマイチなんですよね。
ということで、 GLOBAL専用ともいうべきシャープナーが新たに誕生したので、そちらを使うことにしました。

    箱は包丁と同じデザイン

2種類の砥石を用いた独自の研磨構造によって、グローバルらしい滑らかな切れ味を回復させることが可能なシャープナーとなっています。
刃物メンテナンスのプロフェッショナルである砥石メーカー・(株)末広との長年の共同開発で生み出されたそうです。
そして、水研ぎ式というのもいいですね。
ちなみに、両刃専用なので、刺身包丁とか出刃包丁は、やはり砥石でメンテですね。

 Star Wars スカイウォーカーの夜明け

(著:デレク・コノリー、コリン・トレヴォロウ、クリス・テリオ、レイ・カーソン 訳:ヒロカ・イナムラ)

「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」のノベライズです。
ファースト・オーダーの最高指導者となったカイロ・レンは、恐怖による銀河の支配を続ける中、未知の惑星エクセゴルにたどり着き、パルパティーンの存命を知ります。
パルパティーンはレンに、レイの殺害とひきかえに大艦隊「ファイナル・オーダー」の指揮権を与えることを提案します。
一方レジスタンスの指導者レイアの下で修業を積んでいたレイは、パルパティーンが生きているという知らせに震撼しますが、シスのウェイファインダーが惑星エクセゴルへの道を示すことを知ります。
そのウェイファインダーの手がかりを得るため、レイはポー、フィン、チューバッカらとともに惑星パサーナへと向かいます。
スカイウォーカー家の物語が、ついに完結します。
映画にはないシーンやキャラクターが盛り込まれ、また綿密な心理描写があるので、映画の世界がより一層深く味わえる一冊。
賛否両論あった映画ですが、個人的にはこれはこれでありかなぁと。

 GARMIN eTrex 20xJ


新たなGarmin
2013年に、それまで使っていたGARMIN GP60から買い替えた、GARMIN eTrex 20Jですが、さすがに7年ほど使っていると、メインスイッチがおかしくなってきました。
車載時にUSB給電しているとちゃんと稼働しているのですが、単体利用していると、たまに電源落ちちゃったりするんですよね。
気付かなかったらGPSログ飛んでる・・・。

eTrex 20Jは終売商品となっているため、次のeTrex 20xJに昨年8月買い替えることにしました。
リニューアルモデルといっても、2016年にリリースされた商品。

    箱です

マニュアルも機番が違うくらいで変わらないね。

    左・新 右・旧

先代のeTrex 20Jとの違いは、内蔵メモリの容量が1.7GBから3.7GBへと倍増し、ディスプレイに解像度の高精細化と画質の向上といったグレードアップが行われた程度です。
そもそも、eTrex自体がGARMINの初期からある定番モデルで、完成の域に達していますからね。
軌跡だけなら、Googleマップのタイムラインでも確認できるのですが、精度がね・・・。

GPSロガーであれば、このeTrexは、アメリカのGPSだけでなく、ロシア版GPSといえるグロナス、日本の準天頂衛星みちびきにも対応して測位精度が高いので、山歩きをする時にもいいですねー。
で、基本はGPSログを高精度でとりたいだけなので、エントリーモデルの20xJで十分なのです。

ちなみに、末番の「J」がついていないモデルは英語版で、もっとお求めやすい価格なのですが、以前、GP60を使っていた時に、やはり日本地図が入っていた方がいいという結論に達したので、「J」を導入です。
eTrex 20Jに追加で搭載した32GBのmicroSDカードは、そのままeTrex 20xJに移植です。

    電池裏にmicroSDカード

電源投入します。

    日本語を選択

電源投入したら、日付はなぜか1989年12月31日。

    なぜこういう日付か

位置情報は、東京都の京橋3丁目付近でした。
なんだろう。Garminの日本オフィスがあるわけじゃないし。

    警察博物館あたり

基本的には、車に積むか、釣りの時に持ち歩くかですね。
長く使えるといいなぁ。

 HSDZ WEBカメラ


普通にWEBカメラ
会社のノートパソコンが、個人情報保護とか、機密漏洩防止の観点から、カメラ搭載じゃないんですよね。
で、このコロナ禍の中、zoomでWEB会議とか多くなったので、備品をいちいち借りるのも面倒なので、個人で安いのを昨年夏に買うことにしました。

    ちゃんと箱に入ってきた

フルHDで200万画素、広角高画質、内臓マイクでドライバも不要。これで2,600円ならコスパいいですよね。

    いたってシンプル

会社のノートパソコンは、自席では外部モニター繋いで見ていますので、ノートパソコンにも、モニターにも置けて便利です。

    挟みこむ構造

昨春は、スマホとかで対応していましたが、夏になって、遅まきながら会社がようやくWEB会議を多用しだしたので、特に高騰もしていないところで購入できました。

 女総督コーデリア

(著:ロイス・マクマスター・ビジョルド  訳:小木曽 絢子)

年一回のグレゴール帝への報告のため、6週間前にバラヤーへ出かけていた、女総督コーデリアが、惑星セルギアールに帰ってきました。
留守を預かっていたオリヴァー・ジョール提督の心中は複雑でした。永年オリヴァーと、コーデリアの亡き夫 アラールは、コーデリア公認の恋人同士だったのです。
アラールという存在を失った今、自分たちの関係はどうなるのだろう。だがコーデリアの行動は予想を遙かに超えていたのです。
マイルズを主人公とし、2017年にはヒューゴー賞シリーズ部門を受賞したヴォルコシガンシリーズは終わりましたが、その人気シリーズのその後を描くスピンオフ作品です。

 SHARP 超音波ウォッシャー UW-A1-N


コンパクトでスタイリッシュ
昨年夏、misenさんのリクエストで超音波ウォッシャーを導入することになりました。
仕事柄墨汁シミとかつくっちゃいますからねぇ。

てことで、シャープの最初に出た製品ですが、フルセットになっているA1を購入。

    パッケージ

基本的には、「ひたす」、「なぞる」、「すすぐ」のカンタン3ステップです。
毎秒38,000回の超音波振動により、水の中に小さな泡が発生し、この泡が弾ける力で汚れを弾き飛ばし困った汚れやシミを素早くきれいに、しかも布痛みが少ないからデリケートな衣類にもOKというもの。

部分的なシミなどは、付属のバフを下地にして洗うと簡単です。

    こういうことね

持ち運びもできますが、我が家ではその用途はないので、もっぱらおうち使いです。

 L.L.Bean Insulated Tote


かわいいトート
2010年にL.L.BeanのPersonal Organizerを買い替えて使っていましたが(こちら)内側の透明ケース部分がボロボロになり、昨年夏に買い替えることに。
まだまったく同じモデルがあったので、まったく同じものを購入しました(笑)
三代目かな。

で、ついでに、外側に熱可塑性ポリウレタン加工を施したキャンバス製のミニバッグを購入。
クラッシックトートが、保冷バッグになっていますよ。

    こんな感じ

かわいい。
お弁当とかのことも考えて、スモールサイズにしてみました。
いやぁ。お弁当つくって持って行きたくなるなぁ。

 Logicool Z120BW


かわいい
デスクトップのDell XPS8500で使っているスピーカー、2003年に購入した、Dell Dimensionから使い続けているのですが、どうやら、昨年夏前にお亡くなりになった模様。
サウンドボードが潰れたかなと思ったのですが、Bluetoothイヤホンは使えてたので、そうではない模様。と思いたい。
本体側のジャックかな。スピーカー本体かな。
音聞けないと不便なので、まずは、長年使ってたスピーカーをリフレッシュすることに。

    2Wで十分

これでだめなら、外付けサウンドボートつけるか。
音楽をちゃんと聴く時は、オーディオ機器で聴いているので、作業中に聴くならコンパクトスピーカーでいいや。
ということでチョイスしたのがこれ。
出力は1.2Wしかないですけど、フォルムかわいいし、パソコンに音質は求めませんし。

 DuKabel USB Stereo Audio Adapter


サウンドボード
まずはスピーカーを交換したパソコン環境。
しかし・・・やはり音が出ないですな。

サウンドボードがお亡くなりになったようです。
サウンドボードだけ取替えできるかなーと、デスクトップパソコンのカバー開けて見てみましたが、マザーボードにオンボードなんですね。
昔は別でサウンドカード増設とかしたのに。

で、仕方ないので、サウンドカードを追加するかと探すと、最近はUSBタイプのがあるんだ。
へー。すごーい。こんなのあるの知らなかったよ。

    パッケージは簡易

香港・九龍にあるメーカーですな。
PC系というよりは、オーディオケーブルとかのメーカーなようです。

というわけで、サウンド問題は一件落着。

 Vankyo MatrixPad S30


新しいタブレット
5年前に、Huaweiの7インチタブレットを導入しました。
7インチはバイクツーリグとかで持ち運ぶにはちょうどいいサイズだったのですが、このコロナ禍の中で、リモートとかで使いたいなぁといろいろ設定しましたが、skypeは入れられましたが、zoomはAndroid4.4ベースのOSなので、対応していませんでした。
スマホでリモートもいいんですが、大きな画面がいいなぁ。でもノートパソコン壊れて買い替えていないし、会社では支給品を使っていますが、プライベートではノートパソコンの必要性はもはやあまりないので、安い10インチタブレットを探すことに。
最終的に、3機種に絞りました。

・Vankyo MatrixPad S30
・Huawei MediaPad T5
・Lenovo Tab E10

Vankyoは、Android9.0、Bluetooth5.0、内蔵カメラはメイン1300万画素、インカメラ800万画素、RAM 3GBのROM 32GB、バッテリーは6000mAh、重量は580g。
Huaweiは、いろいろあって、正規のAndoroidではない、Android 8.0ベースの独自OS、Bluetooth4.2、内蔵カメラはメイン500万画素、インカメラ200万画素、RAM 3GBのROM 32GB、バッテリーは5100mAh、重量は465g。
Lenovoは、Android9.0、Bluetooth4.0、内蔵カメラはメイン500万画素、インカメラ200万画素、RAM 2GBのROM 16GB、バッテリーは4850mAh、重量530g。

Amazonでの価格は、検討当時、高い順から、Hauwei、Vankyo、Lenovoでした。
が、Amazonで、Vankyoが4,000円オフクーポンがあって、一気に最安値に。15,999円となりました。
性能とあわせて比べると、重量が一番あるということ以外はVankyoが一番ですね。
ということで、昨年7月に購入しました。

    ポップな箱

開封の儀です。

    開けてびっくり

保護フィルムになんかいろいろ書いていて、いきなりエラーメッセージかと思っちゃいました(笑)

    裏面

ちなみに、Vankyo、御多分に漏れず、中華な新興メーカーです。深セン市にありますよ。
2017年創業で、AmazonやHuawei、Lenovoといった著名メーカーの出身者が在籍しているそうです。
まぁ、ハイスペックなネットゲームをするわけでもないし、これだけの性能があれば十分ですねー。
Hauweiもいいんですけどねー。安くて高性能で。でも、今後社会情勢的にどうなるかわかりませんしね。

SanDiskのmicroSDXCカード128GBも実装しておきました。

    ここプッシュ

    これ投入

専用ケースを装着して、ガラスフィルム貼っておきます。

    ガラスフィルム

では、電源投入です。

    最初はアップデートから

Adrawpen Active stylus penも導入します。

    箱

    Bluetooth接続のスタイラスペン

Kritaって、フリーのスケッチおよびペイントツールがあります。
これ入れて遊んでみたり。

    結構使えますよ

スタイラスペンは、ゴム付のペンケースに収納しています。

    こんな感じで

Rampow USB TypeC to USB3.0 変換アダプタも購入しておきました。

    箱

小さいので、なくしそうですね・・・。気をつけないと。

    こんなの

これあれば、USB機器の使いまわしがある程度できそうです。

    USBハブつないだり

あー、USBメモリも使えるね。
そんなわけで、最近はデスクトップパソコンを買い換えたこともあって、そちらでweb会議をしていますので、タブレットは、Amazonプライムで映画観たりとか、そういった使い方のほうが頻度高いかな。
長く使えますようにー。

 Lefier SLIM LINE C15SL


憧れのワインセラー
キャッシュレス消費者還元事業が令和2年6月末で終了するので、この際必要とするものの購入をどうしようかいろいろ悩みました。

その時点で、個人的に欲しいものといえば

・クロムハーツのリング
・オメガ・スピードマスター(月に行ったモデル)
・革のハーフコート
・SUNTORY 山崎18年(できれば25年)フルボトル
・SUNTORY 白州18年(できれば25年)フルボトル
・ワインセラー(12本程度のもの)
・中国茶器セット(聞香杯のあるもの)

でした。全て欲しいのですが、現実を考えると・・・。
クロムハーツのリングは、装着するかといえば、仕事中はできないしなぁ。いや、できるかもしれないけど・・・。
オメガは高すぎるな。
革のハーフコートは、実際着るとなると重い。
山崎、白州は某国の爆買い以降、高値すぎて入手困難。
ワインセラーは欲しいのは5万くらいするしなぁ。
中国茶器のセットは、すぐ買えそうだけど今は収納する場所がないかも。

ということで、あと欲しいなと思うのは、「水曜どうでしょう」のDVDフルセットくらいかな(笑)
こちらは、少しずつ購入しているところなので、まぁいいか。

ワインセラーと言っても、長期熟成をする気はないですし、単に一定温度で保管しておきたいだけ。
夏場は、家の一番涼しいところでも25℃以上になるし、リビングなんかは帰宅したら30℃以上なんてことも。
せっかくのワインがもったいない気がしますし、できれば、日本酒の生酒とかも置けたらなぁというところ。
冷蔵庫に入れられればいいのですが、何本も入れられるものではないですし。
一般的なワインセラーの冷蔵方式は、ペルチェ方式かコンプレッサー方式が多いです。
ペルチェ式は電気式の冷却方式で、低価格なのが多いですが、基本、外気温-15℃までしか下がりません。なので、夏場の不在時、エアコンが切れている時に、室温30℃とかなら15℃になるので、あまり意味ないです。また、中華なのは故障も多いよう。
コンプレッサー方式は冷蔵庫のように冷媒を使って冷却します。消費電力は少な目ですが、音と振動が若干します。
なので、コンプレッサー方式がいいんですが、これまでは5万円くらいするし、場所の問題もあるので諦めていたのですが、コンプレッサー方式でいいのを発見。
幅×奥行×高さが34.5cm×45cm×69.2cm。
コンパクト!それで15本収納、価格26,000円(税別)!

家族会議の結果、購入することになりました。

重量が20s近くあるのですが、うちのマンション、エレベータなくて3階まで運んでもらうのに別料金をとられるか、お手伝いが必要かと思いましたが、佐川急便の配達の方、運んでいただきありがとうございました。
玄関渡しで、あとは毛布に乗せて引っぱっていったりして楽に設置。
念のため、4箇所の支点には、洗濯機でも使っている、ニトリの防振マット「響ランゾ(ヒビランゾ)」を設置しておきました。
少し、コンプレッサーの音はしますが、我が家は除湿器を結構回しっぱなしにしていたりするので、その音でかき消されていますね。

    おーいいねー

日本酒も4合瓶なら下の縦置きに置けます。

ワインセラーを導入したので、積み重ね式のワインラックは撤去かな。
これで、ボジョレーの季節に大量購入しても安心して置いておけますね。日本酒も棚はずせば一升瓶も、通常でも四合瓶の保管ができます。

    安定温度で保管できます

また、冷蔵庫に酒のボトルの置き場を確保しなくていいので、何日間かにゆっくり飲むこともできて、健康的かも。
心身共に、買ってよかった一品。

冬の初めに、結露水がオーバーフローして床が濡れたので、今はモノタロウで見つけたジャストサイズのトレー下に敷いています(笑)

マルケイ(国際化工)FBトレー 48cm長角 N21W

これで一安心ですね。

 山崎実業 コードレスクリーナースタンド


パッケージ
2017年に、ダイソンの掃除機収納用にスタンドを導入した時は、あまり選択しがなかったのですが、今は結構いろいろありますね。
で、DC34からV10に替えた時に、結構いろいろヘッドがあって、ブラケットには2種類のヘッドを装着しておけますが、あとは足元床置きで・・・。
それがちょっと嫌だなぁと。
で、最近また探していると、お、山崎実業から出ているぞ。

山崎産業は、大正時代にアイロン台の製造から始まり、 今やキッチン・リビング・サニタリーとおうちのあらゆる場所のインテリア雑貨を生み出している奈良県のメーカーです。
常に新たな小物が生まれているので、意外と知らない間に家で使っていた。なんてことも多いです。

     ということで導入

元々、ソフトローラークリーナーヘッド、ミニ モーターヘッド、コンビネーションノズル、隙間ノズル、ミニ ソフトブラシと5種類のヘッドがあり、ソフトローラークリーナーヘッドは本体に、コンビネーションノズル、隙間ノズルはブラケットに装着して、あと2つは床置きだったのですが、スタンドには4つまでヘッドを収納できるので、ブラケットも使うとあと2つの余裕ができました。

てことで、今回フトンクリーナーも導入。布団の掃除には、床には使ったことのないミニモーターヘッドを使っていたのですが、強すぎる場合もあり、どうしようか悩んでいたのですが、これがあればいいですねー。
レイコップを導入する必要もなくなりました(笑)

 CAPTAIN STAG ドライバスケット M-8868


こんなやつ
木の枝などに吊るして、洗った食器を乾かしたり虫よけに食材入れたりする目的のネットです。
以前から1つ所持していて、何度かオートキャンプで使っていましたが、その後倉庫で眠っていました。
数年前から先輩に誘われてイカ釣りするようになたのですが、釣ったイカを一夜干しする時に、3段ありますが、これ1つでは厳しい時もあるので、今シーズンはもう一つ買い足しすることにしました。

    一夜干しつくるのに重宝

折りたたんでコンパクトになるので、収納場所もそう悩みません。
これでも足りないくらい釣れないかなぁ。まぁ、釣りすぎても保存困るんですけどね。

 Belmont メイク針外しS MP-180


キーリールに装着
魚釣りをしていると、たまーに針をのみ込まれちゃってはずせない時があります。
漁師さんは、魔法の棒(オエオエ棒とかクルクル棒なんて言われていますが)使ったりしていますが、個人的にも持っておくかということで、こちらをチョイス。

    意外と小さい

使い方は簡単ですね。

    説明

使いやすい小型軽量タイプなのでいいですね。キーリールにつけて、ライフジャケットとかにひっかけておきましょう。
太さからして小さい魚には不向きですが、満足の一品。

 asics pedala MC032D


pedala
昨年、asics Walkingで足測って購入した、asics Walkingのpedala。

最初のうちは、足首の後ろがすれて、靴ずれっぽくなることが何度か。
まぁ慣れましたが。
そうこうしているうちに、今年の1月末に、一部商品において、ソール部分(つま先部分)の剥がれが発生する可能性があることが判明したとのこと。
で、回収返金となるようなので、では代替品をということですが、おりしも新型コロナウイルスで外出自粛。
そんなわけで、6月中旬にようやく買い求めに行けました。

今度もPEDALA。
MC032Dってやつです。

    後ろから

製品紹介によると・・・
『素足のような軽さと、長時間の歩行にも対応する機能性が特徴のライトカジュアルシューズ、ペダラシリーズのレザースニーカー。ミッドソールにはクッション性と反発性を併せもつSPEVAを採用し、かかと部に衝撃緩衝材GELを搭載しています。さらに中足部にはトラスティックを搭載し、安定した歩行をサポート。アッパーは上質な天然皮革を使用し、ウィングチップデザインでスタイリッシュな印象に。ビジネスからカジュアルまで幅広く活用できる、快適な履き心地の1足です。』

ってことです。
ボロネーゼ製法です。前足部ですけど。
柔らかいライニング(裏革)を袋仕立てにして、足を包み込むような履き心地が特長です。イタリアのボローニャが発祥なことから、“ボロネーゼ”製法と呼ばれています。

中敷きもセミオーダーでつくってもらい、フィット感を調整です。左の足首が少し内側に傾いているそうです。
おー、履き心地は、WP307Jよりいいですねー。すごいフィットする。
ちなみに、asics Walkingでは足の計測をしてくれて、Tカードを持っていたら、そこに計測履歴と購入履歴を保管しておけるので、全国どこのお店でも対応してもらえます。

なお、前のWP307Jは、返品で発送しなければならなかったのですが、店頭で「お店で回収処理できますか?」と聞いたら、ちゃんと処理して返金してくださいました。
とことで、履いていたWP307Jを回収、MC032Dを新たに履いて帰ってきました(笑)そんなわけで、箱もなし。手間と資源の省力化です。
ありがとうございますー。

長く履けますようにー。

 COOK & DINE HAYAMA AOM 粉もんパン


一生モンの鉄鍋
家の家電グリル鍋は、焼肉鉄板と鍋のタイプ。前々から餃子を焼くときは、ロッジの好きレットを使ってキッチンで焼いたものをテーブルに持ってきていました。
でも、テーブルでも焼きたいなぁと思い、追加で合う鉄板プレートを追加購入しましたが、うーん。やはり好きレットで焼いたほうがおいしい・・・。
パエリアをつくる時も同じ好きレットを使っていますが、もう少し大きいのがいいな。
ちなみに、今あるスキレットは、6・1/2inchと8inch。
そんなわけで、鉄鍋のもう少し大きいのを導入しようと考えます。
クッキングツールは結構収納できる場所がなくなってきているので、収納も考えた上で両手鍋っぽい、パエリアパンに形状の近い鉄鍋あったらいいよなぁと思っていました。

すると、ありました。
出しているのは、おなじみCOOK & DINE HAYAMAさん。
COOK & DINE HAYAMAオリジナルの鉄フライパンAOM(アオム)です。
COOK & DINE HAYAMA、6周年記念に、鉄鍋伝道師の異名をとる、店長 山口壮一さんの思いを込めてつくられたものだそうです。

ちなみに、我が家のクッキングツールはここのをかなり多用していますねー。

    箱です

AOMを製作している大阪の藤田金属が本体を、ハンドル部分は、鍛造フライパンで人気の鉄作家 METAL NEKOの金子恭史氏が作成というものです。
直系26cmなので、10inchってところですか。
通常のAOMのフライパンは、板厚2mmと結構分厚いですが、なんとこの粉もんパンはその倍の4mm!ステキです。
高温のバーナーで本体を真っ赤に熱することにより、銀色の鉄板の表面に青い酸化皮膜をつくる、ハードテンパー加工をしているため、通常、鉄鍋で必要なシーズニング(慣らし)も不要。これがAOM(アオム)の由来でしょうか。
鉄鍋は、使用すればするほど、黒く変化していきます。
我が家のロッジのスキレットや、ニトリ製の中華鍋はいい感じに黒光りしてきました。
この粉もんパンも黒く育てていきたいものですねー。

そして、餃子やパエリアするなら蓋も欲しいところ。
一応、市販の蓋も使えるとのことですが、今回は蓋と、ターナーがついた「スターターセット」で購入してみました。
この蓋が、ステンレスつまみでカッコイイ別注品なのです。縁もステンレスで、樹脂を一切使っていないので、まさに鉄鍋向き。
ウルシヤマ金属工業のUGL-26ってやつです。

    強化ガラス蓋glass lid

しつらえたように、ぴったりです。

    いいねー

また、粉もんパン自体が深さが浅いので、ターナーやコテが入りやすいです。

    貝印のプレスターナーです

このターナーがまた使いやすいのです。
鉄鍋は、育てて行けば一生使えるキッチンツールです。
また料理が楽しくなるなぁ。


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.