RockzGoodsRoom >

 Rockz のMonoを紹介する部屋です。いろいろあります。

Last Update 2021/05/02


 siroca ホムベーカリー SHB-712


ホームベーカリー
おうちでは、基本朝はパン食です。
食材の買い出しサイクルと、6枚切のパンを買うサイクルがどうもあわなくて・・・。
そのためにってわけではないですが、以前からホームベーカリーあったらいいなぁと思っていたのですが、置く場所ないしなぁとためらっていました。
最近、いろいろ整理して置く場所も目途がついたし、パンが欲しいタイミングで焼けるし、パン以外にもいろいろつくれていいよねってことで、カードのポイント利用で昨年12月にいただきました。

    やってきました

食パンは、耳の固さまで選べる27メニュー。フレッシュチーズやヨーグルトまでつくれるので、これいいですね。
それぞれ計量して材料を投入すればいいのですが、とりあえず、日本製粉と共同開発したという、「シロカオリジナル食パンミックス」も購入してみました。

    割高だけど楽

なお、パンのカットは、小久保工業所の食パンカットガイド KK-093を導入。上手く切れますよ。
パン切り包丁は、以前からGLOBALのがあったので、それでカットします。

    ガイドがあると楽

やっぱり焼きたてパンはいいですねー。食生活がまた一層豊かになりました。

 relax heal 無重力クッション

仕事場で2008年から使っていた、無印良品の低反発クッションがダメになってきたので、昨年11月に入替です。12年もよく使ったなぁ。
今回は、ゲル素材のハニカム構造クッションにしてみました。
「ゲルクッションとハニカム構造なら体重が一点にかからないので、長時間座っても疲れない。新感覚のゲル無重力クッションです。」ということで、最近はデスクワークが多いので活用できそうです。これは楽ー。

 Panasonic ラムダッシュ ES-ST6S-K


新たなラムダッシュ
2012年から使っていた、ラムダッシュ。最近、満充電してもすぐにバッテリー切れになるようなことで、もう限界ですかね。
ということで、昨年11月に買い替えです。

    カッコイイ箱デザイン

5枚刃にしようかなとも考えましたが、結局、サイズ感とかも考えあわせて3枚刃にしました。
高速リニアモーター駆動でパワーロスもなく、また、ラムダッシュAIでパワー制御、そして密着スイングヘッドできれいに深剃りできそうです。

    箱はどちが表かな

ウォータースルー洗浄ということで、外刃をはずさず洗浄できますし、風呂でも使えるよう、泡メイキング機能なんてのもあったりします。
使った感じは、5枚刃のほうがよかったかなとも思いますが、まぁ十分な感じです。

    かなりスタイリッシュに

永く使えますようにー。

 久しぶりに甲子園

先週日曜日は、会社の福利厚生で持っている阪神甲子園球場の年間指定席に当たって、阪神タイガースvsヤクルトスワローズを観戦してきましたー。
最後は少しハラハラしましたが、楽しめましたよ。
詳しくはこちらからご覧くださいね。

 吉田金属工業 GLOBAL GS-5 菜切り 14cm


菜切り包丁
いろいろ料理をしていると、菜切り包丁が欲しいなぁと思うように。
そこで、小ぶりな菜切り包丁を昨年10月に導入しました。

うちの包丁は、出刃以外は吉田金属工業のGLOBALシリーズで統一しているので、今回もGLOBAL。

    GS-5

青い箱がカッコイイ。

細工・飾り切りには不向きですが、小振りの硬い根菜類、柔らかい葉野菜などの「突き切り」には安定性があります。とのこと。

三徳、ペティ、皮むき、和、刺身、パンカッター、そして菜切りと7本目。

    骨抜きもGLOBAL

どんどん使って行きたいですね。

 Chilison HDMI キャプチャーボード


USBキャプチャーボード
昨年11月に、講演会のweb配信をすることになり、持っているデジタルビデオカメラ(JVCKENWOOD Everio R GZ-R480-Y)をパソコンにつないでということが必要となりました。
ちなみに、パソコン側にHDMI端子があっても、それは通常出力側のみなので、デジタルビデオカメラと接続できても、カメラ映像は見ることができないんですよね。
うーん。そうなると、ビデオキャプチャーボードがいるなぁ。というわけで、USB-HDMIのビデオキャプチャーボードを導入。お手軽になったもんですねぇ。
ついでに、Everio R GZ-R480-YはミニHDMIなので、HDMI-ミニHDMIのAmazonベーシック3mケーブルも購入しておきました。

 Canon PowerShot SX740 HS


初キャノン
昨年9月に、デスクトップパソコンがお亡くなりになりましたが、コンデジのCASIO EXILIM EX-ZR1600も限界にきておりました。
とりあえず撮影はできますが、モードセレクタボタンがだめになってきているようで、例えば、パノラマモードに変えようと、ジョグダイヤルを触ると、勝手にいろいろかわっちゃって、結果、モードを変えられなくなりました。
うーん・・・。
CASIOはもうデジカメ事業から撤退していますし、10月末には東北遠征もするので、買い替えることにしました。
まぁ、今のは4年半使えたので優秀だったでしょう。
12代目のメインカメラとして昨年10月に選んだのが、初キャノンのPowerShot SX740 HS。

    箱

2,030万画素、光学40倍ズーム。
起動時間は約1.7秒と、EXILIMの約1.5秒から遅れること0.2秒。これがどの程度ストレスに感じるかですね。

    大きさはEXILIMと変わらない

あと、パノラマモードがないんですが、これはないはないで割り切るか。動画でパーンして撮るとか。

    視認性のよい液晶

自撮りモードもありますよ。

    液晶上がる

あと、重さがEXILIMの242gから299gになるので、この50gの差をどう感じるかですね。
使っている限りでは、ストレスに感じるほどではないです。

Aenllosiてとこの対応専用ケースも購入しましたよ。

    ケース普段は使っていない

まぁ、長く使えるといいですね。
コンデジ、どこも撤退していっているからなぁ。

 Ulanzi MT-08


なかなかいいデザイン
お出かけの際にはバックに忍ばせている、SLIKのミニ三脚ですが、2008年から使用していて雲台の固定が怪しくなってきたので、昨年10月に買い替えました。
今度のは、GoPro使いには人気のUlanziのミニ三脚をチョイスしました。

    箱 中華だなぁ

収納時が15cm、92gと軽量なのがいいですね。

    コンパクト

三段伸縮可能なミニ三脚で、三脚部分は折りたたむと滑り止め加工のあるハンドグリップになるので、自撮り棒的にも使えます。

    もちろん三脚としても

なかなか使い勝手よさげです。
ちょっとした夜間撮影にも使えるかなぁ。

 今年初めての大阪

先週日曜日は、今年初めての大阪に。
お隣の県(府)で、電車で30分もあれば大阪市中心部に行けるのですが、このコロナ禍で今年はまったく行っていませんでした。

大好きな陶芸作家の藤原絵美さんの作品みて、秋田の大納川さんが近鉄百貨店に出品しているのを買いに、ちょっと行ってきましたよ。
詳しくはこちらからご覧くださいね。

 TOGOGO webカメラ


かわいい
昨年8月に購入した、HSDZ WEBカメラ。なかなか良かったので、家と会社に置きっぱなしにするため、10月にもう一つ買おうと、再度購入ボタンをポチっと。
すると、HILIPS WEBカメラって、ブランドが変わっていました。
すぐに到着しましたが、箱が大きくなっているし、なんだか表面も傷があるなぁ・・・。

    なんか違う

接続して使ってみると、ピント合いません。手動フォーカスですが、右に回そうが、左に回そうが無反応。
初期不良品ですね。ハズレだ。

    これはあかんやろう

急ぎ必要なので、別途購入したのがこちら。
フルHD200万画素でオートフォーカス&自動光補正のカメラで快適です。

    箱からして違う

また、黒とオレンジのカラーがかわいいですね。ジャイアンツではなく、KTMを思い出すようにしましょう(笑)
値段も夏よりこなれてきていますし、結果的にはよかったです。

    いいねー

HILIPSには返金対応でお願いして聞き届けていただきました。

 HP Desktop TP01-0128jp


25年で6台目
サウンドボードが壊れたり、どうもブートセクタが壊れていたりと、何度か修復や小手先の修理で延命してきましたが、購入して既に8年以上を経過したDell XPS8500。
そろそろ替え時でしょうかねということで、Dellを2台続いて使い、昨年9月に今回は初めてhpをチョイス。
通算では、デスクトップパソコン6台目です。
ノートはもう所持しなくなったけど、それ加えたら何台目なんだろう(笑)

TP01には5つのモデルモデルが用意されていて、パフォーマンスモデルという上から2番目のグレードを選びました。
実は、M01-F0108jpってモデルを注文していたのですが、新型コロナの影響で納期が未定との連絡が発注1週間後に来て、ちょうど連絡が来たその日にXP8500がお亡くなりになったため、最短納品モデルから選ぶしかなくなったのです。

    1週間ほどパソコン使えず

ようやく到着して、また文明的ライフ復活です。

スペックは・・・

OS:Windows 10 Home (64bit)
CPU:intel Corei7-9700 (8コア, 8スレッド, 4.7GHz)
メモリ:16GB (16GB×1) DDR4-2666MHz (最大32GB)
ストレージ:1TB HDD(SATA、7200回転)
グラフィックス:intel UHD グラフィックス 630
無線LAN:IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
USBポート:(前面)USB 3.1Gen1×4、Gen1 Type-C×1(背面)2.0×4
その他:メディアカードリーダー、DVDライター、モニター2画面対応

モニターは、交換前のDell、そのもうひとつ前のDellの時に買い替えたのとでデュアルでモニターがあるので、そのまま使います。
Microsoftのエルゴノミクスキーボードと、BUFFALOのPremium Fitマウスも継続使用しますよ。
前のDellもそうですが、キーボードがなんかたくさん余ってきた(笑)

あと、今使っているMicrosoftOfficeが2010のままなので、同時購入で50%オフになっていたので、ついでに、Office2019も購入。PowerPointもよく使うので、Home&Businessです。

起動はHDDではなくて、SSDのほうがよかったのかもしれませんが、コストとの兼ね合いで、今回はこの構成に。
ゲーマーでもないし、ちょっと動画編集するくらいなら、これくらいでいいかな。

USBポートが前背面合計すると結構な数ありますが、前面にたくさんケーブルが出ているのが嫌なのと、前のXPS8500と比べると背面のポートの数が少なかったので、エレコム USB3.0 ハブ 7ポート U3H-T706SBKを増設しました。

     これね

最近は、USBのパソコンからいうと出力先は、

USB2.0/3.0/3.1 Type-A
USB2.0/3.0 Type-B
USB3.1 Type-C
mini USB Type-A
mini USB2.0 Type-B
Micro USB Type-A
Micro USB2.0/3.0 Type-B

と種類多くていちいちケーブル抜き替えるのも大変なんで、ケーブルはUSBハブに挿しっぱなしです。

 CROSS FACTOR サイコメジャー ANP120


わかりやすい
釣りで、釣った魚のサイズを見たい時に、一応クーラーボックスにスケールステッカー貼っているのでだいたいわかるのですが、帰宅後釣果を確認する時に、メジャー欲しいなぁと。
スチールのスケールを使っていた時もあるのですが、錆びたりしてもなぁということで、これ導入してみました。

    収納はコンパクト

黄色と赤で見やすいですねー。
メーターオーバーの釣果を確認できる日は来るのかな(笑)

    昨年9月の鯛

今は30pくらいまでしか使っていないですけどね(笑)

 DAISON パーソナル空気清浄ファン BP01 BN


羽根がないファン
misenさんが家の仕事部屋に、空気清浄ファンが欲しいとのことなので、キッチン仕事での暑さ対策も兼ねて昨年9月に導入しました。

    箱です

HEPAフィルターが、PM 0.1の微粒子までも99.95%捕らえるとのことで、期待できそう。
パーソナルという割には、意外と風量もあります。
中の丸い部分を手で上下させて風向を変えます。
丸い部分と周りの縁の隙間を変えて風向を変えるってことみたいですね。
そして、意外と重量もあります。

フィルター、交換式ですが、純正は結構いい値段しますね。
中華なサードパーティー製にしよかな。

 第一精工 ロッドホルダー サーフ三脚アルミスーパーミニ3号


何本か置けますね
海釣り公園でサビキ釣りするのに、ロッドホルダー欲しいなぁと思い昨年8月に導入。
かゆいところに手が届く、第一精工製です。
立派なのは必要としないので、一番小型のです。

    収納もコンパクト

基本的には、軽量アルミパイプ製で携帯が楽なので、逆にこれ単体ではロッドを置いたりすると安定しない場合があります。
そのため、真ん中に水汲みバケツに水入れてぶら下げておくと安定します。
手も洗えるしね。

 山田化学 コルトナバッグ Medium


かわいいフォルム
釣りに行くのに、グッズはバッカンに入れていたのですが、例えばレインウェアとか濡れたものを持ち運ぶのに、防水のカバンがあったらいいなぁと探すと、ありましたよ。
ポリエチレン製のトートバック。
これいいですねぇ。
汚れたら水洗いもできるし。

軽くて強い上に、水も入れられるので、簡易的なイケスにもなりますねー。
実際には、基本的には晴れの日使いまたは、雨天時に車内での濡れたもの一時収納に使用中。
国産で1,000円前後でこれって最強ですな。

 PIRARUCU GP-004 ONE SHOULDER BAG


意外と大きかった
釣りで使う、防水型のボディバックを買い替えたのですが、機能性はいいんですが、どうも首がスレて痛い。
ということで、泣く泣く、代替を探すことに。
レインウェアを扱う富山のカジメイクのブランド、 「PIRARUCU」のワンショルダーです。
左右どちらにも使えるショルダーストラップで、内側に小物を整理できる取り出し可能なキャリングケースを装備しています。

    裏側

もちろん、雨具屋さんの商品、防水性は申し分ないです。
容量8Lで、エアーバルブがついていて、中野余分な空気を抜くこともできます。
スキーウェア収納用に、バックパックタイプのGP-002も持っていますが、なかなかいいですよー。
色は、イエロー、ブラック、ホワイトと3色ありますが、釣り用ってことでブラックをチョイスしました。

 COOK&DINE HAYAMA オリジナル・アルミミートサーモプレート


アルミプレート
それなりの厚みのあるステーキ肉やブロック肉を焼く際、冷蔵庫から出して、一旦常温に戻してから焼くという鉄則があります。中が冷たいと火が通りづらいですから。
その際、肉をまな板の上などにのせてそのまま常温放置しても、まな板に触れている部分はいつまでも冷たいので、その解消にこのミートサーモプレート。
分厚い4mmのアルミプレートにステンレスの脚を付けただけの、至ってシンプルなプレートです。

    裏は四隅に足

便利グッズでよくありますが、料理する上での意気というか、そういうのも含めて、デザイン性も重視してみました。
装飾や表面加工をも一切排したアルミ板と、ステンレス脚だけのシンプルの極みで作り上げられています。

    クック&ダインのマーク入り

普通の冷凍食材の解凍プレートとしてももちろん使えます。

    電子レンジで解凍よりいい

これで自家製ベーコンの美味さもワンランクアップするかなー。

 DAIWA クールラインαII GU1500


発泡ウレタンで保冷です
船釣りの時には、大物が釣れる可能性が高いので、同じシリーズのGU2500を使っているのですが、陸っぱりで釣る時とかには、もう一回り小さいのがいいなぁと思い、昨年8月に追加購入しました。
サビキとかなら、多分10Lあれば大丈夫かなと思うのですが、タチウオとか行くなら、もう少し余裕があったほうがいいなぁということでチョイスしたのは15L。
GU2500よりは、1.5kg程度軽いので、機動性は高いかな。
500mlペットボトルなら、10本は入るかなというサイズです。
GUシリーズは。断熱材としてウレタンを使用。ワンクラス上のSUシリーズは、プラス底に真空パネルですが、そこまではいらないかなということと、ワンランク下のSシリーズは、断熱材がスチロールなので、まぁ中間性能というところでのチョイスです。

   滑り止めは標準はなし

GU2500の時と同じように、オプションの「ふんばるマン」(滑り止めラバー)も追加しておきますよ。

    これね

ダイワの商品ですが、作っているのは、東京都東久留米市の、グローブライドって会社みたいですね。

あと、プルーフケース(クーラーにぴったり合う防水ケース)も追加して、さらに、1500と2500共用で使えるよう、ショルダーベルトもアップグレードして、170Bを追加。

    これ

持つのがだいぶん楽になりますよ。
使い勝手よくなりますねー。

 吉田金属工業 GLOBAL SHARPNER GSS-02


GLOBALのためのシャープナー
一応、刃物は砥石で研ぐ最低限度の技術は持ち合わせていますが、なかなか日常、砥石出して研ぐほどの時間がないので、包丁はシャープナーでたまにお手入れする程度です。
ホームセンターで購入した、荒研ぎ、仕上げ研ぎの2種類可能なシャープナー使っていますが、どうもイマイチなんですよね。
ということで、 GLOBAL専用ともいうべきシャープナーが新たに誕生したので、そちらを使うことにしました。

    箱は包丁と同じデザイン

2種類の砥石を用いた独自の研磨構造によって、グローバルらしい滑らかな切れ味を回復させることが可能なシャープナーとなっています。
刃物メンテナンスのプロフェッショナルである砥石メーカー・(株)末広との長年の共同開発で生み出されたそうです。
そして、水研ぎ式というのもいいですね。
ちなみに、両刃専用なので、刺身包丁とか出刃包丁は、やはり砥石でメンテですね。

 Star Wars スカイウォーカーの夜明け

(著:デレク・コノリー、コリン・トレヴォロウ、クリス・テリオ、レイ・カーソン 訳:ヒロカ・イナムラ)

「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」のノベライズです。
ファースト・オーダーの最高指導者となったカイロ・レンは、恐怖による銀河の支配を続ける中、未知の惑星エクセゴルにたどり着き、パルパティーンの存命を知ります。
パルパティーンはレンに、レイの殺害とひきかえに大艦隊「ファイナル・オーダー」の指揮権を与えることを提案します。
一方レジスタンスの指導者レイアの下で修業を積んでいたレイは、パルパティーンが生きているという知らせに震撼しますが、シスのウェイファインダーが惑星エクセゴルへの道を示すことを知ります。
そのウェイファインダーの手がかりを得るため、レイはポー、フィン、チューバッカらとともに惑星パサーナへと向かいます。
スカイウォーカー家の物語が、ついに完結します。
映画にはないシーンやキャラクターが盛り込まれ、また綿密な心理描写があるので、映画の世界がより一層深く味わえる一冊。
賛否両論あった映画ですが、個人的にはこれはこれでありかなぁと。

 GARMIN eTrex 20xJ


新たなGarmin
2013年に、それまで使っていたGARMIN GP60から買い替えた、GARMIN eTrex 20Jですが、さすがに7年ほど使っていると、メインスイッチがおかしくなってきました。
車載時にUSB給電しているとちゃんと稼働しているのですが、単体利用していると、たまに電源落ちちゃったりするんですよね。
気付かなかったらGPSログ飛んでる・・・。

eTrex 20Jは終売商品となっているため、次のeTrex 20xJに昨年8月買い替えることにしました。
リニューアルモデルといっても、2016年にリリースされた商品。

    箱です

マニュアルも機番が違うくらいで変わらないね。

    左・新 右・旧

先代のeTrex 20Jとの違いは、内蔵メモリの容量が1.7GBから3.7GBへと倍増し、ディスプレイに解像度の高精細化と画質の向上といったグレードアップが行われた程度です。
そもそも、eTrex自体がGARMINの初期からある定番モデルで、完成の域に達していますからね。
軌跡だけなら、Googleマップのタイムラインでも確認できるのですが、精度がね・・・。

GPSロガーであれば、このeTrexは、アメリカのGPSだけでなく、ロシア版GPSといえるグロナス、日本の準天頂衛星みちびきにも対応して測位精度が高いので、山歩きをする時にもいいですねー。
で、基本はGPSログを高精度でとりたいだけなので、エントリーモデルの20xJで十分なのです。

ちなみに、末番の「J」がついていないモデルは英語版で、もっとお求めやすい価格なのですが、以前、GP60を使っていた時に、やはり日本地図が入っていた方がいいという結論に達したので、「J」を導入です。
eTrex 20Jに追加で搭載した32GBのmicroSDカードは、そのままeTrex 20xJに移植です。

    電池裏にmicroSDカード

電源投入します。

    日本語を選択

電源投入したら、日付はなぜか1989年12月31日。

    なぜこういう日付か

位置情報は、東京都の京橋3丁目付近でした。
なんだろう。Garminの日本オフィスがあるわけじゃないし。

    警察博物館あたり

基本的には、車に積むか、釣りの時に持ち歩くかですね。
長く使えるといいなぁ。


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.