たびとむさんと乾杯 (2018/02/11)

2002年にリターンライダーとして大型スクーターというカテゴリに飛び込んだきっかけをつくってくれた、tabitoさんこと、たびとむさんと2年ぶりに呑んで語らいましたよ。
当日はその前に車でおでかけもしていましたが、やっぱりバイクコンテンツでもあげるべきかなと。
詳しくはこちらからご覧ください。

 2018 YAMAHAのレース体制 (2018/01/30)

1月24日に、YAMAHAの今シーズンレース体制が発表になりました。
二輪レースの最高峰・MotoGPクラスには、バレンティーノ・ロッシ選手とマーベリック・ビニャーレス選手が昨年に引き続きライドします。

  
             左:マーベリック・ビニャーレス選手 右:バレンティーノ・ロッシ選手

バレンティーノ・ロッシ選手は1979年2月16日。今年で39歳。チームメイトのビニャーレス選手が1995年1月12日とその差16歳。
野球でもそうですが、スポーツ選手で40歳を目前にトップクラスの走りをできるのはすごいです。
野球で言えばイチロー選手、サッカーで言えば、三浦和良選手とか。ロッシ選手はそういった格の選手です。

Movistar Yamaha MotoGPとなるYAMAHAファクトリーチームのマシンはもちろん、YZR-M1です。

  
             左:マーベリック・ビニャーレス選手 右:バレンティーノ・ロッシ選手

YAMAHAとMovistar の関係は2018年で5年目を迎え、マシンに描かれたモビスターのロゴは2017年まで緑でしたが、2018年は白に変更されました。

エンジンは、YZR-M1最大の特徴であるクロスプレーン(不等間隔燃焼)クランクシャフトを備えた水冷直列4気筒1000cc。エンジンのパワーは176kWで240馬力を超えるといいます。
サスペンションはオーリンズ製のものを装備。車両重量は157kgとなっているそうです。
すげぇな。

そして、ロッシ号には・・・

    "ろっしふみ"ステッカー。

ロッシが憧れた日本人ライダー阿部典史選手からつけた自らのニックネーム『ろっしふみ』ステッカーが貼られています。


ちなみに今シーズのMotoGPは、5年ぶりに日本人ライダーがMotoGPで走ります。
中上貴晶選手。LCRホンダ・イデミツから参戦しますよー。
地上波テレビで放送してほしいなぁ。