RockzGoodsRoom > Outing > Outing2006 >

RockzGoodsRoom > PAST Contents > Car2006 >

 兵庫(ハチ高原でスキー) (2006/01/07〜09)

今年で4回目となりました、ボーイスカウトのスキー合宿に引率責任者として行ってきました。
当初はインフルエンザ明けだったので、参加辞退しようかと思ったのですが、無理をしなけりゃ大丈夫ぐらいまで体力が回復してきていたため、ボードはやらず、スキー一本に絞って参加することにしました。

1月7日(第1日)

-06:45-
目覚める。
いそいそと荷物積み、行動準備。
雪降っているけど行きますか
-07:20-
自宅を出て、後輩の家に。そしてまた荷物を積む。
そのまま集合場所へ向かう。

バスは既に到着していたので、運転手さんとコースについて話す。
今日は既に播但連絡道が雪で通行止めなので、舞鶴若狭道で福知山経由で行くことになった。

-08:35-
子供たちとほとんどのリーダーはバスに乗り出発。
バス既に到着 いってらっしゃ〜い
-08:45-
1人雪の影響で遅れたリーダーを待ち出発です。

中国道・宝塚ICから高速に。
さすがにこんな天気なので空いてます。

吉川JCTで舞鶴若狭道へ。

しばらく走ると、舞鶴若狭道・丹南篠山ICから北、冬用タイヤ規制が出ていました。
ちょうど子供たちが乗るバスを追い抜いたら、舞鶴若狭道・丹南篠山IC手前で渋滞になります。

-09:30-
で、舞鶴若狭道・丹南篠山ICで強制的に下ろされて、タイヤチェックを受けます。
Rockz号はスタッドレスなので、そのまま本線に戻ります。
丹南篠山手前で渋滞 強制下車 こんなのもらった
-09:40-
舞鶴若狭道・西紀SAで休憩です。

-09:55-
バスより先行して出発します。

雪が降っているので、まわりの車のペースが落ちてますが、これくらいならなんてことないんで普通に走ります。

-10:15-
舞鶴若狭道・福知山ICで下車します。
ここからR9を西へ。
かなり積もってますが、なんとかスタッドレスでいけます。

夜久野あたりはバスもドリフトするほどのアイスバーンでした。
雪降り続いてます ヤバイ雰囲気
-11:10-
和田山の「PaoPao」で休憩です。
中のお土産物屋さんを覗いていたら、今年は蟹漁に出れないらしく、蟹がほとんどいません。

しばらくするとバスが到着しました。

ハチ高原の最後の上りは、バスは安全のためチェーンをかけるってわかってたのですが、後輪2本共にかけているらしいです。
うーん。ヤバイかな。
パオパオも雪だらけ 真っ白
-11:35-
またまた先行します。

関宮のループ橋の手前でR9に別れを告げ、県道を走ります。
県道に入ったとたん、路面がかなりヤバイです。

最後は、坂道怖いので、チェーンをはめることにしました。
ODYSSEYになってから2回目くらいかな。チェーンはめるの・・・・

ソフト99のタイネット使ってますが、最終的にはジャッキアップしないとちゃんとかけれませんでした。
慣れ・・・なんでしょうね。最終的には。

で、坂を上ろうとすると、大渋滞。
ナビは別のルートを示すので、いってみることにしました。

雪道を走ること半時間近く。
行き着いた先は、冬はゲレンデになっていて車は通れません。
あきらめてまた戻ります。

-13:30-
なんとかハチ高原まできました。
しかし、駐車場料金所で渋滞です。どうやらその先で交互通行できないでいるらしい。

-14:15-
ようやく駐車場へ。
しかし、一番ゲレンデに近い駐車場は、雪が多く停められないと言われ、下の方の駐車場に停めさせられます。
ハチ高原は雪景色 こんなところに停めさせられました 雪・雪・雪
30分ほど待って、ようやく宿の迎えがきました。
その前に3家族を往復で運んでましたからね。仕方ないです。

-14:50-
ようやく到着し、昼食です。
いつもの「白樺館」さんに今年もお世話になります。
いつもの通り、チキンピラフ。
とりあえずお昼
-15:40-
今日は時間的にスクールが無理なので、雪合戦をすることにしました。
子供たちのレンタルウエアを合わせて、いざゲレンデへ。
元気な子供たち
結局、今日は積雪が多すぎて、圧雪されていないフカフカ状態なので、どっちみち滑れなかったでしょうね。

夕方になって、上がります。
風呂に入って夕食です。

-18:30-
今夜は牡丹鍋。
醤油ベースのダシでおいしくいただきました。
牡丹鍋です ささ 食べますか
夜は大広間でゲーム大会なんぞやって、早めに寝ます。

そうそう、夜のリーダー会議で、2人誕生日の人がいたので、「おきな」のケーキでお祝いしてあげました。
イチゴのケーキと ザッハトルテ
高校生たちはかまくら作って寝ると言ってましたが、結局作ったかまくらにヒビが発生して、危険だということで断念しました。
まぁ、危険なのでどのみちやめさせるつもりではいましたが・・・。
かまくらから顔を出すYancha!君
そんなわけで、日付が変わる頃には眠りに落ちていました。


1月8日(第2日)

-06:45-
目覚める。
一晩中降った雪は、朝には一応やんでいた。
昨夜遅れてきた、後輩UEMのジープの幌は、雪の重みでたわんでいました。
UEM号 ツララすごいです 曇ってます
-08:00-
朝食はバイキング
実は、子供だらけの集団にはバイキングは結構大変だったりします。
朝はバイキング
-09:00-
ではスクール開始です。
インストラクターさんにお願いして、大人は自主練習(笑)
さぁスクールだ 大人は自主トレへ 滑るぞ〜
午前中も結構吹雪いていました。
寒いのなんのって・・・
Yancha!君 スクール風景 視界悪いです
-12:00-
お昼です。
カレーでした。
昼はカレー
-13:00-
午後のスクール。
そして大人はまたしても自主トレ。
かわいい後輩リーダーたち スクールもどんどん滑ってます
最後は、林間コースを行ってみました。
楽しそうなショートカットコースがいくつかありましたが、今回は大人しくしておきました。
林間コースでスノモとすれ違う いい感じです 寒い寒い
夕方になってスクールは終了しましたが、ちょっと時間があったので、またしても雪合戦。
元気ありあまっとるな・・・
その間に、Rockz号を下の駐車場から上の宿の駐車場に移動させました。
密集して駐車していたので、思ったほど積もってなかったのはラッキーでした。
雪まみれ
で、風呂に入って、夕食です。

-18:30-
今夜はすき焼き。
いいお肉でした。
すき焼きでーす
そして今夜もゲーム大会して、リーダー会議して、疲れたから日付変わるころには眠っていました。


1月9日(第3日)

-06:45-
目覚める。
朝日が美しかった。今日はいい天気のようだ。
おっいい感じの空 日の出です 美しい
-07:30-
朝食はまたしてもバイキング。昨日より洋食部門がイマイチになってたかも・・・。
朝はバイキング
昨夜、ちょっと外れたところまで車を移動してきていたので、今のうちに真下まで移動させる。
ジープの幌の雪かきをしに出た後輩UEMにオデッセイの除雪もしてもらう。
一晩でまた積もった UEMがんばれ 今日も人多いかな?
-09:30-
では最後のスクール&自主練習です。
ラスト半日がんばろう〜 泊まった「白樺館」
パノラマ
今日は山の上からの景色もすばらしくいい。
滑っていると暑いくらいでした。
視界良好 ヤラセなリーダー写真 スカーっとしてます
子供たちもだいぶん滑れるようになったようです。
スクール滑る
-11:30-
最後の食事は、いつものように炊き込みご飯。
炊き込みご飯
-12:30-
先行してRockz号とUEM号は出発します。

坂を下りきるまではチェーンを装着していましたが、降りたらさっさとチェーン撤去です。

R9に出て、和田山をパスするため、剣大橋から琴引峠を経由して、県道6号から県道70号を朝来へと向かいます。

播但連絡道・朝来ICより高速に乗ります。

-13:20-
すぐの道の駅「フレッシュあさご」で休憩です。
思わず、黒豆ソフトを食べてしまいました。
黒豆ソフト
そのまま播但連絡道を南下し、福崎北ICで中国道・福崎ICへと乗り換えます。

-14:15-
中国道・加西SAに到着。
給油とちょっと休憩。

後輩UEMはここより神戸方面に仕事へ向かいます。ごくろうさま。
加西で給油
さらに中国道を東に走ります。
さすがにこの時間では渋滞することもありません。

-15:10-
中国道・宝塚ICで下車。
バスが車でまで時間があるので、先に後輩UEM邸に荷物を降ろしに行きます。
しかし、宝塚の道は混んでいた。なかなか行き着けないぞ・・・

ようやく後輩UEM邸に着き、荷物を降ろし、マンションの半地下駐車場のスロープを上がった時、「ガリガリ」という音。
うわー。やっちゃったよ。超久しぶりにフロントスポイラー擦っちゃいました(T_T)
やっちゃったーガリガリ
-15:45-
宝塚駅に到着。
ロータリー側は成人式の影響もあって、バス停められませんね。

-16:15-
ようやくバスも到着。
無事解散となりました。

解散後、後輩3人と荷物を送って帰宅です。

-18:00-
帰宅するも、車を洗う余裕なし。

今回の走行距離336km。
よく笑い、よく食べて、よく体を動かした3日間でした。
ストレス発散にもなって、よかったよかった。
私にとってのスキー&スノボシーズンは始まったばかり。
滑れるだけすべるぞ〜。

おでかけ一覧へ   記事一覧へ   「食は此処に有り」へ


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.