RockzGoodsRoom > Outing > Outing2005 >

RockzGoodsRoom > PAST Contents > Goods2005 >

 北海道(ルスツリゾートでスノボ) (2005/02/04〜07)

ひょんなことから、北海道にスノボに行こうということになった。
な〜んも考えず、予約入れて・・・でも、よくよく考えたら雪祭り期間で高いじゃん。
おまけに日本全国に寒波来襲。
うむむ、北海道じゃなくてもよかったかも・・・とちょっとテンション下がり目で行ったのですが・・・。

2月4日(第1日)

朝はゆっくり目に起き、準備をする。
スノボとウェアは先に宅急便でホテルに送っているので身軽に出発。

阪急・西宮北口からリムジンバスに乗り関空へ。
途中ちょっとしたハプニングがあったが、定刻に到着。

団体受付でクーポンをもらうが、手配と若干違う内容だったので確認してもらう。
それに時間をとられ、出発前なのにドタバタする。

なんとか確認でき、昼を食べることにする。
・・・あの旅行社は二度と使わないようにしよう。

で、関空内最大のカフェテリアの「ROYAL CAFETERIA」でさっさと食べることにする。
食べたのは、オムライスコンビハンバーグ 1,350円也
カニクリームソースのかかったオムライスはおいしかった。
オムライスはそこそこうまい
ハンバーグは普通
出発ゲートに向かいます。
ここでまたまたハプニング。
うっかり、Zippoカイロを手荷物の中に入れていて、Zippoオイルがひっかかってしまったのだ。
あと最後に入れた防水スプレーと。
新千歳で返却してもらっている時間がないので、没収・破棄してもらい、Zippoカイロは一度も使用したことのない新品ということで返してもらった。
搭乗、ギリギリじゃん。

-13:40-
関空発 新千歳空港行 ANA1713 で2時間ほどの空の旅。

-15:35-
新千歳空港到着。
滑走路、凍結していましたよ。

手荷物だけなので、さっさと外に出て、16時発のシュプールライナーに乗る。
通常、飛行機の到着予定時間から1時間余裕がないと、バスの手配をしてくれないらしいが、無理に便をとってもらった。
でないと、次のバス1時間半後だからね〜。

-16:00-
では留寿都に向かい出発〜。
路面は凍結。
前を走る四駆もブレーキ踏んではスリップしていた。
北の大地に上陸 アイスバーン
道道16号からR276と支笏湖沿いを走る。
おお〜。この道はゆうちゃんとかつて走った道ではないか!!
あ、あそこで記念撮影して・・・。
支笏湖です
-17:35-
宿泊先の「ルスツ・リゾートホテル」に到着。
とりあえず、ちょっくら滑りに行ってきましょう。
ナイター営業 ライトアップも凝ってます
-19:30-
ちょっくら滑って、夕食に行くことにします。
近くに「居酒屋」の看板が見えたので入ってみることに。
ウニ丼、富良野ソーセージ、ボタンエビ刺身、ジャガバタ、イカの塩辛。
怪しい居酒屋 全体的に高いな
「時しらず」とは季節をわきまえない鮭のことらしい
ウニ丼 アラ汁付
富良野ソーセージ ボタンエビ でかい ジャガバタ
・・・ぢつは、帰ってから調べたら「刺身居酒屋マルミツ」というのが道向かいにあったようで、そこの評判はかなり高かったのだ・・・。
で、行った居酒屋は、味は悪くはなかったが、高かった。
これならホテル内の居酒屋でもよかったかもしれんな。

2月5日(第2日)

朝はゆっくり目に起きる。
10時までオープンしているイタリア料理「コスタ・デラッザ」でモーニング・・・って、バイキングメニューだな。
モーニングなのかバイキングなのか
滑りに行きます。
今日はあいにくの雪模様。
新千歳空港では、吹雪のため21便が欠航だったとか。
こちらは多少視界悪くても、ゲレンデ空いているし、楽しく滑ります。     
雪降ってます むこうはルスツタワー
ゴンドラ 視界悪くなってきました
ガンガン滑ります。

-15:45-
一旦休憩。
部屋に戻り、軽く腹ごしらえすることにします。
ホテルのそばでは、「ルスツ雪祭り」とか銘うって、キティちゃんやアンパンマンといったキャラクターや、氷で作った時計台などがありました。
氷の時計台
今日の夜ごはんは、北海道限定、「サッポロクラッシック」と「マルチャン 大判やきそば弁当」です。
これ うまいんだよね〜 北海道工場でつくったやきそば
スープ付でした
食ったら食ったでまた滑りに行きます。

ナイターはいいですね〜。空いているし。
ただ、ところどころ凍っていて表面の新雪削って下ガリガリとか、コブコブなっているのがよく見えなかったりとかいうのはありますが。
オーロラのように光が
-20:20-
本日終了。
北海道しか売っていない、ガラナの「熊出没注意」缶で喉を潤します。
熊出没注意ガラナ
2月6日(第3日)

朝はまたもやゆっくり。
今日は10時まで朝定食をやっている「雪花亭」に行く。
昨日の朝の洋食は、見るからにバイキングコーナーからもってきたような食材だったので、二日続くとくどいからねぇ。
鮭とスジコがうまい
で、今日も滑ります。
朝のうちは晴れ間も見えていい天気でしたが、時々雪がちらつくようになっていました。
すいているゲレンデ 雪降ってきました
北海道のスキー産業は、どうやらここ近年、外国人客をあてこんでいるようで、オーストラリア人、フランス人、ドイツ人、中国人、韓国人といった人々が異様に多いです。

-14:40-
昼ごはんにしますか〜。
ゲレンデから入れるホテルのレストラン「BELLE VUE」でイクラ丼とハンバーグランチ。
お昼は和風なのも扱ってます ハンバーグランチ イクラ丼
でまた滑ります。
ラスト・ナイトなので、21時の終了ギリギリまで滑るつもりでした。
フード付リフトからの景色
リフトは最終20:45なので、あと2本ぐらいで終わりかな?と思ってリフトを降りた時、ハプニングは起こったのでした。

右足をビンディングにセットしようと思い、足を乗せたところ・・・右ビンディングのトゥストラップが・・・

   ない!!!

え〜っ!?バックルの方はちゃんとついていて、ストラップがどこかではずれたようです。
リフト乗る前まではちゃんとありました。

もしやと思い、リフト降り場の人に聞くと、ストラップの受け側の三角形のパーツは落ちていて拾ってくれていました。
これでベルトがあれば復活できる!!しかし、山頂にはベルトはありませんでした。

とりあえず、右足はアンクルストラップだけつけて、ゆっくり降りていきます。

ようやく降りて、乗場の人に聞きます。「ビンディングのストラップ落ちてませんでした?」すぐ近くにいた係員さんは「いや〜。見なかったなぁ」

ないのか・・・ううう・・・。

失意のまま立ち去ろうとすると、中にいた青年係員さんが「ちょっと待ってくださいね」と、10mほど離れた、リフト券確認ブースの方へ走っていく。

「黒いベルトあったよなぁ〜」と聞いてくれています・・・・と・・・・ありました!!

留寿都の皆さんいい人だぁ〜。

そうこうしているうちに、ナイター時間終了となり、ラストナイトは終了です。

お夜食(?)にレンジで暖めるカレー丼と、どこかのブログでおいしいとウワサだった、宗谷の塩ポテトチップスを見つけて食べました。
あと、お土産購入時間にもあてた。
宗谷の塩 うまかった
2月7日(第4日)

朝、気合を入れて早起きしてちょっとでも滑るつもりだったが、1時間半くらいしか滑れないし、中途半端なんでやめ。
片付けとホテル内探検をすることにした。

てことでゆっくり目に起きる。
今日も10時まで朝定食をやっている「雪花亭」に行く。
今日はキンキかな?
いい天気です。
今日滑ったら焼けるだろうなぁ。
ボードとウェアを宅急便に出し、手荷物をパッキングして出発準備。
青空が見えてきました いい天気ですね〜
バスは11時発なのでウロウロ。
かわいいお店がたくさん並んでいます。

2階建メリーゴーランドもあって、なんと乗るのはタダ!!
ホテル内にメリーゴーランドがあります
-11:10-
では帰りますか。
新千歳に向け出発です。
帰りはきれいに支笏湖が見えます。
支笏湖またな
-12:50-
新千歳空港到着です。
お土産の買い足しと、団体受付で航空券をもらって、お昼を食べに行きます。
3階にある、「花ぶさ」で、生ちらしといくら丼です。うまい!!
生ちらしとイクラ丼 ライラック丼や空港丼ってなんでしょう
食後、気になるシュークリームがあり、2時間以内に食べろとのことだったので、買って機内で食べることにするため購入。
あと、ロイズのラムレーズンチョコを探したがなかった。

で、出発ゲートへ。
ペットボトルのお茶でひっかかる。
最近は中身をチェックするマシーンがあり、それでわかるんですよね。
すごいな〜。と感心していたら、また搭乗ギリギリ。

-14:00-
JAL2504便で出発です。
さらば北の大地よ。
またいつかくるからな。
さらば 北の大地
機内サービスのコーヒーをいただき、北華楼のシュークリームを食べます。
中は生クリームとカスタードで、タカラブネとかのシュークリームと似ているなぁ。
北華楼シュークリーム 美味です 箱もオシャレ
帰りの飛行機はよく空いてました。
雲の白と、空の青がきれいです。
飛行機から見るこの景色は好きです
-16:10-
定刻より10分遅れで関空到着。
雨でした。

関空リムジンに乗り、阪急電車に乗って、雨に打たれながら帰宅。

寒波が襲来して、さらに雪祭りで高いこの時期に北海道に行くことが正しかったのかどうか、ずっと自問自答していたけど、結果的には楽しかったからよかった。
精神的な癒しにもなったし。

北海道。
またすぐにでも行きたくなりました。

おでかけ一覧へ   記事一覧へ   「食は此処に有り」へ


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.