RockzGoodsRoom > Outing > Outing2008 >

RockzGoodsRoom > PAST Contents > Goods2008 >

 中華人民共和国(親孝行??な上海4日間) (2008/09/13〜16)

第1日(9/13)  第2日(9/14)  第3日(9/15)  第4日(9/16)

以前から母親が親子3人で旅行に行こうと言っていた。
夏は忙しく、休む時間がまったくなかったが、9月の連休を利用したら4日間日程の旅行ならいけそうだよ。ということで、格安ツアーを探してきました。

母親の希望で中国・上海に行くことに決定。
直前まで仕事でドタバタしていて、満足に準備もできないまま当日を迎えました。
さてさて、4日間どうなることやら・・・

9月13日(第1日)

前日、なんやかんやしていたせいで、眠ったのは朝3時半ごろ。
しかも、寝かけに新種の赤痢にかかる夢をみて、恐怖で目覚める。中国行く前にタイムリーすぎやしないかい??

-08:00-
起きます。
いそいそ準備。荷物は家族3人分でひとつにまとめました。

-09:30-
では行きますか。
関空行きのバスに乗っていくのと、車で空港行って、駐車場業者に預けるのとそうかわらないので、車で行くことにしました。
Edixで行きます いつものマンション
武庫川沿いを南下していきます。

-10:15-
阪神高速5号湾岸線・鳴尾浜ランプから高速です。
混んでたなぁ。時間かかった・・・
ここで、車を預ける「関西エアポートシャトル」に電話をしておきます。
鳴尾浜ですよ
そしてすぐに中島料金所通過です。
中島ー
自転車満載のトラックが走ってました。
なんとなく中国チックと想像してしまったのは私だけ??

天保山を過ぎて、湾岸線は5号から4号にスイッチします。

真っ赤な港大橋を走ります。
すげー積んでる 南行きは下の段
阪神高速4号湾岸線・泉大津PAを通過していきます。
また夜景撮りにこよ
-10:35-
泉大津料金所を通過です。
やれやれやっとここまで
ようやく関空連絡橋がみえてきました。
もう少しです
-10:40-
関空連絡橋に入りました。
さーテンションあげてこー 飛行機飛んでますね
そして、連絡橋の料金所を通過です。
料金所付近でオービス反応すごいんですけど、特に見当たらないんですよね・・・。

出発デッキのある4階へ一旦寄り、親と荷物を降ろします。
料金所はETC使えます で 一旦4階へ
そしてぐるっとまわって1階の業者用駐車場に入ります。
3泊4日の保管料8,000円を支払い、預けて4階へと向かいます。Edixは連絡橋を再び渡り、業者の駐車場へ。
また16日に会おうな
関空は久しぶりです。
開放感があります
団体受付を済ませ、自分で中国国際航空のカウンターへ行きチェックインです。
混んでます
前に並んでいた、トランジットのアメリカ人ツアー客が、荷物重量オーバーの人が何人かいて、列が進まないですよ・・・。
元々、「HEAVY」のタグがついてたので、追加料金払っているようですが、それでも中国国際航空の規定からはオーバーらしい。
ちなみに、普通で1人20kg以内、ヘヴィーだったら倍かな??
そしたら、アメリカ人さん、いきなり荷物を開いて減量作戦。出したものは大きなビニールに入れて、機内持ち込みとするようです。

-11:25-
チェックインするだけで、半時間ほどを費やしましたよ(T_T)
とりあえず、人民元に両替しておきますか。
1万円両替して、足らなくなったらまた現地でしましょう。
本日のレートは1元=17.46円ほどです。てことで、500元とおつりにしました。
みずほで替えました
さっさと出国審査済ませて中入りますかね。
ゲートくぐると、そこはもう外国です。
もう外国です
これ、いつの情報だ??
探してもないはずだよね
こういう空間は好きです。
でも店少ないんだよね
乗るCA922便は10分早くフライトするようです。
41番ゲートに行くのか
41番ゲート方面には、新交通システムで走ります。
きたきた 出発ー タイヤで走ります
時間がまだあるので、コーヒーでも飲みますか。
いけていないディスプレー 一杯のコーヒー
飛行機はL席でした。ABCDEF・・・L。12席並びってわけないよな・・・。
Lってどの位置ですか??
うろうろしていたら、キティな飛行機を発見しました。
台北へ行く、エバー航空の機体だそうです。
うわっキティだー 空港な風景
ふと見ると、乗る飛行機がおりました。
あれか?? ちっこいな・・・
しばらく座ってボーっとしてました。

-12:45-
搭乗開始です。
ここから入ります 人も増えてきた んじゃ乗りますよー
国際線は乗るときもパスポートの提示をしなきゃならなくなりました。
てくてく歩いて乗り込みます。席は後から2列目でした。
てくてくてく 関空飛行機少ないんじゃない??
ほぼ満席ですね。
中国国際航空、シートカバーの広告からして、気分は中国です。
預け荷物はコンテナ輸送ではないので、外からボンボン放り投げていましたよ・・・。
いっぱい 何の広告だろうか 投げるなー
さて、まずはポケットチェックです。
機体はエアバスA320-200シリーズらしいです。
中国語と英語の説明 中国語の雑誌 エチケット袋
「清潔袋」 潔の字が中国です
-13:20-
いよいよ離陸です。
それでは日本、また火曜日にー。
さらば関空
上海と日本の時差は1時間。
てことで、ここから1時間時間を戻します。
関空連絡橋 泉州あたり 神戸空港
瀬戸内海沿いに飛ぶようですね。
入国カード配っていたので、書いておきます。
明石海峡大橋 こんなの旅行社に金払って書いてもらう必要ないもんね
さて、GPS出しますか。
窓際の席なので、良好にキャッチしますねー。
でも、テーブルの上に置くと、ちょっと感度悪くなりますね。
青い空と雲 時速は700kmを超えてます 高度も10,000mを超えてます
高度10,000mの空は本当に蒼いですね。
この蒼好きです。
成層圏の彼方へ行ってみたい
-13:00-
機内サービスでお昼ごはんです。
「ビーフライス or フィッシュライス」でした。
なんだ??ビーフライス??
ビーフライスにしてみました。お袋はフィッシュライスにしてたので見せてもらいました。
機内食 ビーフライスは肉飯チック フィッシュライスはごはんと魚・・・
どちらもごはんですが、パンもつきます・・・。

食後はGPSみて遊んでました。
福岡上空通過 雲海だ すごいねー衛星8個も捕らえている
コーヒー飲みますかね。
中国なコーヒー
九州を過ぎると、しばらく気流が悪くよくゆれました。

結局、この日最高速は802km/hでした。
すごいねー
トイレに行っておこうかと席を立ちます。
で、用を済ませて外に出ようとすると・・・ん??ドアがあかない!!
なんか押されているような・・・。
やっと出れたら、エコノミー症候群を心配して後方まで歩いてきていた中国人がドアにもたれかかってきていて開かなかったのです。ホント、頼むよ・・・。

さて、高度を落としていきます。上海に近づくにつれ雲の中を飛びます。
向こうは雨かなぁ・・・。
雲の中
雲の下に出ると、大陸の端がみえました。
なんか海の上に線が見えのですが、なんだろう・・・パイプラインかなぁ・・・。
おー大陸だぁ なんだろあの線
最終アプローチに入ります。
上海の端の海です。
田んぼか、なんかの養殖か・・・緑やため池っぽいのが広がります。
陸地にかかります 田んぼとか多い 風力発電の風車もある
-14:30-
定刻より15分遅れて上海浦東国際空港に着陸です。
上海には二つの国際空港がありますが、こちらは新しいほうで、古い方はほぼ国内線専用となっています。
まぁ、関空と伊丹の関係みたいなもんかな。
24時間全天候型の空港です。
着いたよ上海 でかいなー ユナイテッドもきてます
-14:45-
では降りますか。
降りますよー 荷物運搬車
てくてく歩いていきます。
長い廊下 機種によって停まる位置が違う ムービングウォーク
上海にやってきましたねー。
中国国旗とかもたなびいてました。
歓迎の看板
さて、入国手続きを済ませ荷物を受け取りにいきます。
が、なかなか出てきません・・・31番ラインから出るようですが・・・。
いつ出てくるのだろう・・・
待ってたら、「ここじゃなくて場所がかわった」というふうなことを係員が言うので10番のラインへ行きました。

-15:35-
ようやく荷物を受け取れました。
くあー。約1時間かー。
荷物のチェック再度されてたりしたのかなぁ・・・。

しばらくして、みんな揃ったようなので、現地ガイドさんが我々を連れていってくれます。
ロビーに出ました はい移動ー
まずはリニアモーターカーに乗ります。
中国表記では「磁浮」
「上海トランスラピッド」と呼ばれる、ドイツの技術でつくられたものです。
案内板 券売機
券売機で切符を買うと、SUICAとかみたいにピッと接触させて入るのですが、団体なので横のゲートから入ります。
それ以前に、中国がパラリンピックの影響でいまだセキュリティが高く、リニア乗るにも荷物チェックされます。
X線通し待ち 改札
改札を通り、リニアに乗り込みます。
わらわら 《資料画像》
前からみたとこ
でかい荷物持っていて、しかも対面シートのとこと、そうでないとこがあって、対面のとこがなかなか空いてなくてうろうろしていたら、日本人の現地で働いてられる方でしょうか、対面席を譲ってくださいました。
ありがとうございますー。
カッコイイね 今はまだ0km
-16:02-
発車です。
上海空港から上海市内を約8分で結びます。
最高時速は431km!!
運賃は元々150元だったそうですが、高すぎて誰も乗らないので今は50元だとか。

磁力で走るので振動はまったくないのかなーと思いましたが、新幹線並にはありましたよ。
では出発ー
空港です
2分で400km/h突破 《クリックで動画再生》
時速400kmオーバーの世界
約3分で最高速度の431km/hです。
でも、ここでもう半分くらい走っているんですよね・・・最高速度の時間は短いです。
F1よりも早いー
さて、上海市街に入ってきました。
摩天楼の街というイメージがありますが、ちとょっと離れるとまだまだなとこもたくさんあるようです。
家がポツポツあります 遠くに森ビル
「上海環球金融中心」が正式名称
華やかでない街並みもやはり残っています
-16:10-
龍陽路駅に到着です。
ここは上海浦東新区になります。
降りましたよ
てくてく歩いてバスに向かいます。
団体出口から出る時に、地元のばぁさんも混ざって出てしまい、人数があわなくて駅員が怒ってましたが、ガイドさんがなんか言って無事全員出れました。
駅構内 駅を出ると高層ビルだらけ あんまり特徴ない駅
-16:15-
ではバスに乗り、蘇州へと出発です。
4日間のガイドは劉(リュウ)さん、アシスタントはカメラマンで旅行社にバイト採用の女性の鮑(ホウ)さん、運転手は若いけど信頼度の高い陸(リク)さんです。
劉さんは日本語ちゃんとできます。鮑さんは7割くらい。陸さんはわからないです。
4日間よろしくー
上海市内を抜け、北西の方向へ。
街並み さっきのリニアの駅
今回、申し込みは50名だったそうですが、燃料サーチャージの高騰の影響ですかね?キャンセルが相次ぎ、結局28名のツアーだそうです。
平均年齢は高いです(笑)
曇ってきましたね 森ビルの上は雲の中
さて、お約束ごとが三つ
・バスポート、貴重品は常に持つこと
・生水は飲まないこと。硬水なので、中国人でもおなか壊すらしい。
・バッグはなるべく体の前にかけること

なんて注意ごとをききながらバスは進みます。
上海一の吊橋を渡り、ぐるぐるループ橋を下ります。
雨が降り出しました。スコールのような激しい雨です。
橋渡ってます ループ橋下ってます
さっき渡った橋
ぐるぐる
劉さんによると、蘇州までの道はかなり混むので1時間以上はかかるでしょうとのことでした。
渋滞表示
ここは高速なのかなー。無料みたいだけど。
反対車線も混んでます。
日本車多い 救急車とか
ずっと混んでますね。
まぁしかたないです。
ずーっと車 アコードだ!
上海オリンピックセンター横を過ぎます。
北京オリンピックの時はここでサッカーの試合したそうです。
隣の卓球場は福原愛ちゃんもよく来ているとか。
サッカー場
ふとみると「IKEA」がありました。
世界中同じだね
雨が上がってきました。
ほんとスコールみたいな降りかたでした。
晴れてきた
外国資本も結構はいってきているので、広告も楽しいですね。
マクドナルドとか 三菱ギャラン
-17:20-
高速道路の料金所にやってきました。
料金所は、手渡しで精算ですが、バーが降りていてとめられます。
やはりセキュリティの関係でしょうか、ナンバー撮影されてましたよ。
料金所だ 長距離トラック
車はたくさんのメーカーが合資会社として存在しています。
その中でもフォルクス・ワーゲンは割りと先行していて、タクシーなんかはほとんどフォルクス・ワーゲンのだったりします。
VWです
天気も回復してきて、夕日が見えてきました。
日が沈む 大陸の夕日
-17:35-
本線料金所です。
料金所ですよー 中間精算ですね
制限速度は100km/hです。
まじめに走ってます
途中サービスエリアもありました。
何度も中国きている参加者によると、まだまだSAでもトイレは汚いらしいです。
SA通過ー
-18:10-
蘇州で高速降ります。
蘇州にやってきましたよー
劉さんによると、予想より早く着いたらしいです。
今年、オリンピックの時にできたトンネルをくぐっていきます。
きれいなトンネル
蘇州は、東洋のベニスと言われている街です。
元々は騎馬民族の侵攻に対して防御の意味で水路を張り巡らせたのだとか。
呉の国の首都でした。その後は無錫へと移ったそうですが。
中国全土で住みやすい平地は30%ほどしかなく、ここ蘇州もその一部だそうです。

さて、ここで現地オプションの説明。
水の都、蘇州の水路をナイトクルージング。お1人日本円で2,500円。
いっときますかねー。

-18:25-
夕食の「蘭莉園酒店」に到着しました。
今夜は蘇州料理だそうです。
通路を進みます
親父が飲むかというので、じゃあとりあえず、一本飲みましょうか。
青島ビールです。1本30元。直接精算です。
これ、バドワイザー以上に薄いんですよね・・・。

蘇州料理は円卓でいただきます。
味は薄味ですね。麺だけは四川に近い辛さでしたが。
量が結構少なめでした。
チンタオビール 北京五輪のCM入り 蘇州料理
半時間ほどで食事は終了。
「蘭莉園酒店」でした いい感じですね
-19:10-
では移動。
まずは宿に向かいます 夜の1人歩きはヤバそう
-19:20-
本日のお宿「福馬大酒店」に到着しました。
蘇州の四ツ星ホテルらしいです。

パスポートを劉さんに渡してチェックイン待ちます。
エントランス 観音様がいます
今回は変換アダプタもってきませんでしたが、中国のコンセントはおもしろい形です。
中国のコンセント
ホテルの売店をちょっとみてみます。
怪しげなお菓子たち パンダたくさん
ホールで待っていたら、中国に何度もきているという人が、天津甘栗をすすめてくれました。
下痢止めになるらしい
-20:00-
とりあえず、部屋に行って荷物置いてすぐオプションに出発です。
10人以上で成立って言ってましたけど、結局8人でした。

-20:10-
では船に乗り込みます。
移動中 船に乗ります
蘇州はライトアップされています。
エンジン付の船でゆったり進んでいきます。
ほうきれいだね 《クリックで動画再生》
川を進んでいきます
いい感じです
おっ結構きれいな景色が近づいてきている わぁ きれいだねー
蘇州城の方向 キレーですね
舳先に出て撮ってみた いいねー
実際、画像からは伝わりませんが、中国の川はクサイです(T_T)

細い水路を進んでいきます。
《クリックで動画再生》
雰囲気はいいです
またいい景色接近 おおー
こっちもよさげ くぐります 川沿いは地元の人のお店
にぎわってます 広い道路の下をくぐる ちょっとした場所もライトアップ
30分ほどのクルーズでしたが、楽しめました。
蘇州は今夜しか泊まらないので、この景色も今日しかみれませんもんね。

バスまで戻るのに劉さんとお話しました。
結構水際と建物の高低差がないので、大雨になったら街浸かったりしないの?って聞いたらちゃんと水門で止めているので増水することはないとのことでした。
劉さんは四川省の出身だそうです。昨年はじめて日本に行き、九州一周、三泊四日で行ったそう。

-20:55-
そんなわけで宿に戻ってきました。
「福馬大酒店」 いい感じ どこのかわからないエレベーター
ホテルの売店でビールとつまみを買いました。
お袋ががんばって中国語で話しかけていました。がんばるなー。
オイシイとかかれたポテチ サントリーですよ
蘇州の夜は結構いいですね。
高速かな
ホテルのテレビはデジタル放送にかわったばかりだそうです。
日本語放送は入らないらしいですが、みてみました。
中国のジャパネットタカタ??
-21:20-
親父が外を見て、「花火やっている!」と言うので、動画とってみました。
《クリックで動画再生》
日本の花火と同じだね
窓際の床が濡れてました。
ひょっとして窓開きっぱなしだったんじゃないの??
まぁ支障ないからいいや。

-22:00-
まだ初日なので、さっさと寝ることにしました。
明日は蘇州観光と上海観光だな。

本日の走行距離
Edix 70km
バス 121km  合計 191km
9/13中国走行マップ

2日目に続く→

おでかけ一覧へ   記事一覧へ


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.