RockzGoodsRoom > Outing > Outing2010 >

RockzGoodsRoom > PAST Contents > Goods2010 >

 中華人民共和国(目一杯楽しむ香港・マカオの4日間) (2010/07/31〜8/3)

第1日(7/31)  第2日(8/1)  第3日(8/2)  第4日(8/3)

だいたい2年に一度くらいは海外に行きたいものです。
円高もあって、国内旅行するより海外に行くほうが安い場合も結構あるしね。

当初、韓国に行こうかなー。と思っていたが、南北に緊張が走っていた時期があり断念。
なら中国かな。北京、上海と食事は2連敗しているので、香港なら間違いないだろうと思いツアーを物色する。

6月14日
ぼちぼちと夏休み期間ツアーの発売が始まっている。
香港だけなら丸々遊べるツアーで3日間行けばいいかな。でもせっかくだから、マカオにも足を伸ばしたいところ。マカオと言えばカジノだが、ギャンブルにはまったく興味がないので、むしろ世界遺産に興味があるのでそっちを見たい。
てことで、4日間ツアーを格安ツアーから物色。
すると、香港・マカオに加えて中国の経済特区・深セン(センは「川」みたいな字)に行けるツアーがあるではないか。これいいねー。と早速予約した。

しかし、最低人員10人に満たない場合はツアー中止だとか・・・。予約金を振り込み開催されることを祈った。

じゃまくさいし、今回も関空へは自分の車で行くとしよう。ということで、いつもの「関西エアポートシャトル」にも予約しておきました。

7月19日
ふとツアー会社のHPを見ると、予約していたツアーが中止になっていた・・・。ええっ!?人数足らなかったのかなぁ。
すぐさま電話をしてみると、やはり最低人員に満たなかったからということらしい。
むー。同じ期間で別のツアーを聞くと、若干高くなるが、深センには行かないけどホテルがグレードアップしているツアーなら開催決定しているとのこと。
ホテルは寝るだけだから安いところでいいんだけどな・・・。でも他にはないようなのでそれで決定しました。

その後、書類関係がやってきたり、残金確定して振り込んだりいろいろ。
でも忙しくて香港の予習はあまりできませんでしたよ。
ちょこちょこ準備はして、水買ってきたり、トランク出してきたりと。10年期限のパスポートは、来年2月までの有効期限なので、次に海外に行くときはもうだめだね。

前日は意外と仕事も忙しくなく、さっさと帰って最終パッキング。そして早めに寝ました。

7月31日(第1日)
-05:30-
目覚める。微妙に雨だな。
ツアーの集合時間は8時55分だが、出国審査で混雑するのも嫌だから、遅くとも8時には関空に着いておこうと考えていた。

-06:20-
では行きますか。
STREAMよろしくー
県道114号を武庫川沿いに南下していきます。
雨は上がったなぁ
鳴尾浜に入り、阪神タイガースの第2球場の横を通っていきます。
虎戦士の二軍球場
-07:00-
阪神高速5号湾岸線・鳴尾浜ランプより高速です。
高速入ります すぐに中島の料金所
阪神高速4号湾岸線に入り、港大橋を渡ります。
赤い橋
堺の製鉄所あたりを通過していきます。
工場地帯
-07:20-
泉大津料金所を通過します。
早く着きすぎるかな
-07:30-
りんくうJCTで関空連絡橋に入ります。
りんくうJCTです 「スカイゲートブリッジR」って言うんだね 関空が見えてきた
こんなところで捕まって、ブルーな出だしになるのは嫌なのでのんびり走りました。
てことで料金所
-07:35-
エアロプラザの受け渡し専用駐車場に入れて、「関西エアポートシャトル」にお預けです。
ではまたねー
時間が早いのか、まだ関空内は空いてますね。
海外線に行きます 4階へ
団体受付カウンターに行くともう受付始まってました。
空いているうちに手続きして、ANAのチェックインカウンターに行って、荷物を預けてしまいます。
あー、これで身軽になったね。

出国審査の前に、香港ドルに両替していこうかな。
ガイドブックとかには日本で両替するより、香港で両替するほうがレートいいって書いてたけど・・・。
到着してすぐ観光に出るので、ガイドさんが両替してくれる可能性はなきにしもあらずだが、(たいがい1万円分とか持っているけどね)とりあえず銀行が8時から空くので両替しておきました。
りそなのボードでは1香港ドルが13.56円
100ドル札ばっかりくれたので、もっと細かいのが欲しいと言いましたが、国内ではどこでも100ドル札ですよって言われてあきらめました。

空いている間に出国審査済ましてしまいました。2〜3人待ったらすぐ審査でした。

-08:05-
関空内ですが、ここはすでに海外です(笑)
フライトボード 青島便の次に出るんだ
搭乗は10時半からなので、まだまだ時間ありますねー。
そんなわけでまだまだ空いてます
なんか食べますかね。
「PRONTO」ってとこ入りました BLTサンドです 飛行機眺めながらぼーっとしました
出国審査したあとは、店少なかったです。先に食べておけばよかったかなぁ。
まぁサンドウィッチおいしかったからいいや。
チケットです オサレな感じ 100ドル札
-09:20-
さて、ぼちぼちと搭乗口に行きますかね。
出国審査の前を通ると、かなりの列になってました。早めに入って正解でしたね。
てくてく
無人の新交通システムに乗って、16番ゲートへと向かいます。
ステーションに行くと、すぐ列車がきました。
椅子はほとんどない 金色のANA機
-09:25-
16番ゲート前にやってきました。あれ?外人さんが1人だけだ。
早すぎたかな??
1時間ぐらいありますねー。ガイドブックとか読んでおこう。
乗る機体です 準備中 ここです
美しい造形 帰りのeチケットの控えです
働く車を見るのも楽しいです。
飛行機を引っ張るやつ 荷物の入ったカーゴ いっぱい引いてます
キャビンアテンダントが機内へと入ります。
スッチーだ 半分くらい中国の人かなぁ
ふと隣のゲートあたりを見ると、パンダ模様の飛行機がいました。
パンダだよ ANAの機体です
荷物積まれています パンダバイバーイ
なんか、外国の人(中東の人?)が呼ばれて、脇で再度手荷物検査とか受けてましたよ・・・。

-10:35-
では搭乗です。
乗り込みます 通路暑い
座席に座りました。
モニターのついた座席ですねー。
映画とか観れるかな 翼近く なんかいつもこのあたりだな B767-300シリーズです
割と早く入れたのでのんびり離陸を待ちました。
ちゃんとした日本語だ(笑) まだそんなに乗り込んでないです
-10:55-
ではタキシングに入ります。
ターミナル離れますよ フルフラップでタキシング
定刻通り無事離陸しました。
淡路島あたり 雲多いね
さて、ここからは時間を香港時間(日本時間−1時間)に切り替えてレポします。

機体が安定すると、まずは香港の入出国カードが配られました。
自分で書くとタダですが、旅行社に頼むとこれだけで4,000円とかとられるみたいです。
最近はネットとかでも書き方出てます GPSレシーバー出してみた 速度は900km/h以上
高度は1万m以上
モニター見れるようになりました。
映画や音楽やゲームできます
機内サービスで飲み物を配ってました。ANAはアルコールもまだ無料なんですね。
ビールはなんとプレミアムモルツでした お茶の葉を使ったナプキン
映画みよう。
「アイアンマン2」みます
しばらく見ていたら、モニターの集中制御機器が不安定らしく、再起動するとか言ってました。
機内販売の本でも見るかな。
モバイルエアコン=扇子 こういうのいいね
革は使いにくいけど
ANAガンダムだ
何度か再起動してましたが、最後には使えなくなりましたよ。
「アイアンマン2」も途中までしか見れなかった
空が蒼いですねー。
雲はあいかわらずある
乗員が使うキャリーバッグとかも売ってますね。
小さいハードのが欲しいな 村尾の限定酒はアメリカ線のみ
雲が少なくなってきて、いい景色です。
下は一面海 蒼い空 青い海
ANAガンダムはプラモデルだけかと思ったら、なんと飛行機にもペイントされるらしい。
すごいな
-11:30-
機内食が始まりました。
AとBが選べるみたい しばらく食べられない日本食に近いAで しかし飲んでるのはなぜか白ワイン(笑)
食べていると、日本の領海を脱出したようです。
台北が近い
食後にコーヒー飲もう。
落ち着くねー
台湾上空を通過します。
台北空港かな? 密集しているねー
機内アナウンスで、20分ほど早く着きそうとのこと。
風がよかったのでしょうか。
1ftは3.2808m
10,360mってとこですか
もうあと50分ほど
-12:45-
右手に大陸が見えてきました。
中国ですな 蒼い空 広東とかそっち方面ですかね
間もなく着陸態勢に入るので、GPSもしまいますか。
もう200kmってとこかな
早く着きすぎたのか、香港の東の沖合いでぐるぐるまわっていました。
東の半島だ この形は地図で見たぞ
平海湾とかって書いているあたり
まわってます
海の上 再びアプローチ なんか水色の違うとこあるね
てことで、最終アプローチみたいですね。
すごい色の水面 おーリゾートな景色
-13:30-
香港国際空港に無事着陸しました。
フルフラップ&フルエアブレーキ
ターミナルにタキシングしていきます。
きたよ香港 中華航空の貨物便 まもなくターミナル
-13:45-
飛行機を降りました。外は暑いかなー。
いい天気 入国審査行きますか
香港国際空港の入国審査へは、新交通システムに乗って行く必要があります。
案内表示に従って行きます
英語表示もありますし、だいたいの漢字は感覚的に理解できますね。
列車の駅 1分以内に来ますよってことだろう で きました
ひと駅乗って、入国審査の場所へまたエスカレーターに乗って行きます。
案内看板
さて、ここからが大変。入国審査で並んだ列がなかなか進まないですよ。
中国本土の人が多いみたいですが、他の列はそこそこ進んでますけどね・・・。

さらに、荷物も最後のほうになって、係員にタグとパスポートの提示求められるし・・・。

-14:25-
ようやく出れました。
やれやれだよ
ツアーの中で一番最後に出てきたのがRockzのようでした。
皆さんすいません。

全員揃ったのでバスへ移動です。
ガイドの許(きょ)さん 関空に似た空港です
バスはガイドさんの後ろ席に陣取ってみました。

-14:35-
では出発です。
今回は17人のツアーでした。
乗り込みました 出発ー
ランタオ島から九龍半島へと移動します。
空港はきれい
まずは、ツアーガイドの許さんの自己紹介です。
上海生まれだそうで、日本にもいたそうですよ。後で聞いたら、巣鴨の餃子屋さんに3年ほどいたとか。

今日は暑いそうです。33〜34℃くらいになるみたい。通常、香港の夏は28〜33℃くらいだとか。
気温40℃になると、公務員はお休みになるそうです。なので、40℃って発表は基本的にしないらしいです(笑)

日本でもらったツアーバッジの他に、もうひとつ現地のツアー会社のバッジが配られました。
バッジの裏には「日本人で道に迷っているので携帯電話貸してください」みたいなのが書かれていました。
ツアーバッジ 裏には文言と許さんの携帯番号
香港の携帯電話事情は、基本料金のみで通話可能とのこと。
緊急の際は、ホテルからは外線9番で携帯にかけてくれたらいいそうですが、1回6ドルかかりますよとのことでした。
高速道路かなぁ 列車はMTRと呼ばれています
高速道路のゲートをくぐって行きます。
ETCもあります
いろいろ注意事項を聞きます。

3日目にマカオに行く時は、パスポートと、香港に入る際に返してもらった出入国カードの2枚目が必要だけど、明日まではいらないので、ホテルについたらセーフティーボックスに入れて欲しいとのことでした。どうも日本人はパスポートに関する重要性を他のどの国の人よりもわかっていないということらしいです(笑)
クーラーは15℃設定とかが当たり前なので、ホテルの部屋では23℃設定ぐらいで寝るとちょうどいいらしい。

昨年より香港は決められた場所以外は全面禁煙になり、違反すると1,500香港ドルの罰金だそうです。
日本円で2万円ってとこですか。ちなみに、美化にも力を入れていて、ゴミのポイ捨てとかしても同様に1,500香港ドルの罰金だとか。

交通は、車優先。地元の人たちは信号守らないけど真似しないようにって(笑)こちらもモラルの向上を目指していて、警察が見張ってたりするそうです。その時に信号無視したら500香港ドルの罰金。

なんでも罰金ですねー。

ガイドの許さんが、両替必要な人いないか聞いてます。あー。やっぱりできたんだ。
ちなみに、関空の泉州銀行で両替した時は1万円で700香港ドルとお釣り500円ほどでしたが、許さんが持ってたのは1万円=850香港ドルでした。2,000円分くらいお得だったのかなー。
まぁいいや。

イギリス流がまだ残っているので、レディーファーストを心がけること、あとチップは枕銭で毎日ひと部屋10香港ドル程度、トイレはタオル出してくれるおばさん(トイレおばさんかぁ)がいたら2香港ドルぐらい、外のレストランで食べたら細かいお釣り程度ってことらしいです。
きれいだねー
九龍半島に入り、街中を進みます。
大都会だねー
ちょうど、バスのカーテンを束ねるところにGPSレシーバーを置いとけたので、ログとっていきました。
帰ってからが楽しみです
街中で見かけるバイクはスクーターが多いですが、普通のバイクもありますよ。
ボックスつけているのが多いです
これはHONDAの
-15:10-
「黄大寺」(ウォンタイシン)にやってきました。
ここはパワースポットのひとつです。
観光バス用駐車場 てくてく歩いていく
別名「占い寺」とも呼ばれているらしいです。ここでみんなでお参りをすることになりました。
山門?
許さんが本殿前まで連れて行ってくれて、それぞれに線香を3本くれました。
で、火をつけて本殿へと向かいます。
火付け台がありました
全員揃うのを待ちます。それにしてもいろいろお堂があるお寺ですねー。
いろいろお堂があります 宝殿? こっちは修理中かなぁ
本殿でお願いをして、しばし自由時間です。
右側でひざまづいている人はおみくじしている人 本殿です てくてく
ここは、元々はお医者さんだそうです。儲けた分は還元しなきゃならないって考えがあるそうで(まぁ一種の税金対策ですかね?)バラックが建っていた場所に、儲けのある企業から寄付金などを集めて寺を拡張しつづけているそうです。
狛犬
子供を踏んでいるのではなくじゃれているそうです
こっちは玉 龍もいる
-15:40-
バスに戻り移動します。
公団住宅らしい バスです
とりあえず次はホテルにチェックインしに行くそうです。
ぽりーすな車
公団住宅にはなかなか住めないそうです。

優先的に入れるのは、定年退職した公務員だそうで、定年までは官舎があるからで、出たら住む所がないからだそうです。
次にバラックに住んでいた人で、最後に普通の人ですが普通の人で入居できるまで10年は待たなければならないそうです。

タバコの値段を許さんに聞いてみました。
1箱500円くらいだそうです。外国からの持ち込みは、19本までは税金がかからないらしい。
てことは、外国で買っても、封切って一本吸わないと税金かかるんだねー。

明後日にマカオに行って帰ってくる時用の、マカオの入出国カード、香港の入出国カードが配られました。
左香港 右マカオ
マカオに行って帰るにはややこしいです。

@香港出国 − 日本から香港に入った時の香港の入出国カードの複写の2枚目を出す。
Aマカオ入国 − 2枚複写のマカオの入出国カードを出す。(2枚目は返ってくる)
Bマカオ出国 − マカオの入出国カードの複写の2枚目を出す。
C香港入国 − 2枚複写の香港の入出国カードを出す。(2枚目は返ってくる)

書き方はネットでもありますが、ここをこう書いてねと許さんが教えてくれました。
明後日は書いている時間ないので、明日中に各自書いておくようにとのこと。

あと、言葉ですが、香港は英語と広東語が一般的。でも最近は広東語に替えて北京語を公用語としようと中央が言っているらしく、それに反対するデモとかがたまにあるそうです。

北京語と広東語は全然違っていて、例えば「ありがとう」という言葉は、北京語では「謝謝」(シェシェ)ですが、広東語では「多謝」(トーチェ)となります。
広東語で「おはようございます」は「早晨」(チョーサン)と言うそうです。また、数の数え方ですが、「1、2、3、4、5」は「ヤッ、イ、サム、セェ、ン」だそうです。北京語の「イー、アル、サン、スー」とは全然違いますね。

獅子山トンネルを通っていきます。
獅子山トンネルです 料金所はETCを利用
道路標識は日本に似てますが、路面に書いた文字はわからんです(笑)
行き先書いてますが一瞬では読めない
沙田競馬場前を通過していきます。
香港には競馬場が2箇所あって、ここは新しいほうです。
といってももう30年経ちますが
-16:00-
4日間の拠点となる、「ハイアット・リージェンシー・沙田」にやってきました。
ここは、2009年2月に新界にできた初の国際ホテルです。

そういえば聞こえはいいですが、まわりは何もないと言ってもいいくらい。
ちなみに、同じ代金で中心部に泊まろうと思ったらかなり古いホテルになってしまうとのことでした。
どっちみち寝るだけなんでホテルのグレードにはこだわってなかったのですが、ツアーで決まっているならまぁいいでしょう。
左がハイアット ロビーでチェックイン待ち
許さんがまとめてチェックインしてくれました。

カードキーが配られ、これは最終日まで持っておくようにとのことでした。
カードキーの袋に部屋番号が書いているので、カードと袋は別々に持っておかないと紛失・盗難した時は大変ですよと注意を受けます。

エレベーターは、ロビー階はL階、駅前のコンビニに行くにはG階だとのこと。M階でプールに行けて利用自由らしいけど時間ないよね。
3日目と4日目の朝のバイキングは6時半からってことらしいです。
あと、NHKは26chで見れるそうですよ。

んじゃとりあえず部屋行きますか。
カードキーないとボタン押せない
次は17時40分集合なのですが、既に16時20分。1時間ほどしかないので、シャワー浴びて荷物減らして身動きしやすくしましたよ。
パスポートとかは忠告通りセーフティーボックス入れておこうか。

テレビは言われた26chではなく、13chでNHKをやっていた(ような気がします)
どこのかわからないアニメ 普段のビジホではみない雑誌たち(笑) プールも利用できますが利用している時間はまったくない
日本から500のペットボトルの水を日数分持ってきましたが、部屋に毎日無料のミネラルウォーターが1本ついてました。
てことで、リッチな水使いができそうです(笑)

-17:40-
そんなわけで、ちょっと早めにロビーに降りて出発です。
GPS鎮座 背の高いホテル
近くに大学があって、そのMTRの駅が「大学駅」としてあります。その並びにセブンイレブンもありますよ。
大学駅 セブン・・・また行ってみよう
尖沙咀(チムサアチョイ)方面へ向かいます。
ニュータウンってとこですかね
3日目と4日目の朝食券と、ホテルのバーの割引券をもらいました。
バー行く時間と元気はあるかな
沙田競馬場を過ぎていきます。
競馬は今の時期お休みだそうです。
暑いからだろうね
獅子山トンネルをくぐっていきます。
ETCゲート
香港は、九龍半島と、275の島々から成る、中華人民共和国の特別行政区です。
1997年にイギリスから返還されましたが、返還後50年は返還前の状態を維持することになっているので、いわば一国両制となっています。

許さんが香港のことについていろいろ話してくれました。

まずインフラですが、水道だけが国営で、その他は(電気やガスとか)は個人経営だそうです。
1960年代に杭州から引いてきたらしいです。(「こうしゅう」と許さんが言っていたので、「広州」か「江州」かもしれないけど、水だから「杭州」だろうなぁ。)
その頃の水は消毒がきついので、3時間くらい汲み置きしてから上澄みを沸かして飲んでいたとのことです。

ホテルのある沙田は、田舎でしたが今では50万人が住む街だとか。
鳩の丸焼きが名物らしい。

香港では一日5食が普通で、朝は外で食べるそうです。あと2食と、アフタヌーンティーと夜食で5食ってことになるらしい。

一般的な平均年収は日本円換算で8〜15万円くらい。5年以上勤務していれば、辞めた時に1年間で17日分のいわば失業保険のようなものが企業から出るそうです。
だから勤続4年目とかって結構辞めさせられる可能性高いそうです。
渋滞してますね
バイクはスイスイ
小学校は半日制で、中学になって初めて全日制になるそうです。
中学校では昼食は学校外に出て済ませるそうで、学生割引で昼ごはんは15香港ドルぐらいで食べられるそうです。
弁当を持ってくる子がいたら、その子は昼食代を親からもらえない貧しい子と見られてしまうらしいです。

香港ではメイドを雇う習慣があって、そのほとんどはフィリピンとかタイから来ている人で、約20万人いるそうです。一ヶ月3,600香港ドルってことらしい。

ガソリン単価は日本円換算で190円/Lくらいだそうです。

自動車を買った時の税金に関しては、1,500ccまでなら40%、3,600cc以上になると100%の税金がかかることになり、買値の2倍買いってことになっちゃってます。
積み木みたいなビルだなぁ
不動産を持っていない65歳以上の人は、年金みたいなお金が日本円で月2万円くらいもらえるそうです。(詳細は不明)
香港で一戸建てってよっぽどの金持ちじゃないと持ていないし、不動産持っている人ってマンションがそのほとんどでしょうね。

世界中の金持ちTOP50人のうち、香港には4人がいるそうです。
株の取引がすごいらしくて、一日で600〜1,000億の金額が動くそうです。株やらないからすごさがよくわかりませんが・・・。

途中、香港体育館を通過しました。香港コロシアムとも呼ばれ、日本で言う武道館みたいなもんですね。日本人では、CHAGE&ASKA、浜崎あゆみ、松任谷由実、安全地帯などがコンサートを行っているそうです。
地元では「紅館」と呼ばれているらしい
海底トンネルの横を過ぎていきます。
夕方の渋滞です
-18:15-
夕食は北京料理です。
「全飛徳」ってお店に入りました。
バス降りて、てくてく 北京ダック食べます
円卓2つに分かれて座ります。
ビール飲むかな。その場清算です。
香港ビール
35香港ドルぐらいだったかな
北京で食べた北京料理よりもおいしかったです(笑)
北京ダック切ってます いただきまーす いろいろ
包んでいただきます 最後は杏仁豆腐? コースのメニュー
-19:20-
てことでごちそうさまでした。
北京ダック1匹300香港ドル 「全飛徳」さんでした
次に、ウォーターフロントに行きます。
オプションツアーであとでこれ乗ろう
-19:30-
アベニュー・オブ・スターにやってきました。
ハリウッドのチャイニーズシアター前みたいな感じに、香港スターの手形とかがたくさんあります。
では行きますか
この先に、8時から始まる「シンフォニー・オブ・ライツ」のビューポイントがあるので、手形とかみながらそちらに移動です。
ジャッキー・チュン
「歌神」の称号を持つ俳優
ブルース・リーの銅像
ジャッキー・チェン ブルース・リーはずいぶん前に亡くなっていたので手形ないです
今日は三脚持参なので、陣取ってスタンバイです。
「シンフォニー・オブ・ライツ」はビクトリア・ハーバーの44棟の主要ビルが参加し、「世界最大の継続する光と音のショー」とギネス・ブックに命名された壮大なマルチメディア・ショーとなります。

まだしばし時間があるので、夜景撮影をしました。
人たくさん 1,000万ドルの夜景 すごいねー
いろいろモードを変えて撮ってみる あんまりかわらないね 撮影風景の銅像とかもあります
船の動きが早いのでブレてます 人たくさんになってきました スターフェリーと夜景
-20:00-
「シンフォニー・オブ・ライツ」が始まりました。
ビクトリア側の光と、尖沙咀側の音がピッタリ合って進行します。
始まりました!! 《クリックで動画再生します》
まぁご覧ください(笑)
《クリックで動画再生します》
もうちょっと先に陣取ったほうがよかったかな
《クリックで動画再生します》
無料で楽しめるショーです
きれいですねー 《クリックで動画再生します》
どういう制御でやっているんだろう
船から観れるクルーズ企画とかもあるようです。
どう見えるのかな ビルの中の人はどうなっているんだろう(笑)
そんなわけで、13分間のショーが終わりました。
バスに戻っていきますよ。
終了ー すてきな香港ナイトです
帰りも手形をみていきます。
香港映画が世界にはばたくきっかけとなった、ゴールデンハーベストの社長だったレイモンド・チョウ氏は、俳優ではないですがその功績が認められてか手形がありました。
レイモンド・チョウ
ゴールデン・ハーベストの社長だった人
マイケル・ホイ
コメディアンですね
「Mr.Boo!」とか懐かしい
サモ・ハン・キンポー
ジャッキー・チェンと共に活躍してましたね
春から黒烏龍茶のCMにも出てた 今でも人気俳優です
なぜか、ニキ・ド・サンファル風の彫刻がありましたよ。
ゆっくり見る時間なかったけどニキとは違うね ツイ・ハーク
今や世界的な監督ですな
一旦ツアーのバスに戻り、このあとオープントップバスに乗ってのオプションツアーがありますが、全員参加ってことで移動します。

街中をぐるぐる回って、オープントップバスの乗り場へ。別のガイドさんのツアーといっしょに乗るそうで、許さんはオプションツアーの最終地、女人街にまた迎えにくるとのことでした。

-20:30-
てことで、別の女性ガイドに連れられてオープントップバス発進です。
天井ないよー
夜の香港は、昼間とかわって風が気持ちいいですね。
ふと見ると、日本人アーティストの広告看板が結構ありました。
安全地帯だ 安室奈美恵?
香港は道路工事が多いらしいです。
インフラ関係は水以外は個人経営なので、無秩序に管が埋設されているためで、あっちこっち掘り返していますよ。
土日は休み?
夜の香港を走ります。
光の色が変わるビル いい感じです
途中、海沿いの道端でとまって、ビクトリア側の景色を眺めました。
さっき来たよね 日本では見れない光景
ペニンシュラ・ホテルのところから北へとまっすぐ走ります。
ペニンシュラ 日本と似ていなくもない景色 看板が張り出しています
結構ギリギリの高さ 「ブレードランナー」とか思い出しちゃうな こういう雰囲気好きです
そういえば、ここでサイコガンダムが暴れたのか・・・なんてマニアックなこと考えたりしましたよ(笑)
《クリックで動画再生します》
すごーい
広告当たりそう
マクドナルドは普通にあります 摩天楼な雰囲気
香港では、日本の「味千ラーメン」てのが流行っているらしいです。日本にもあるんだ。食べたことないね。
香港に35店舗もあるらしい 的士と書いてタクシー
看板は見ているだけでおもしろいですねー。
トイ・ストーリーは反斗騎兵だって バックショットで撮ってみた
古い建物では、エアコンの室外機が外壁についてます。どんな高層階でも。
たまーに落ちてくるらしい 日本のにきび薬?
薬屋さん街ですかね サウナとかさらに怪しそう
裏通りに入っていくと、表通りと一変して生活観ただよう感じになってきます。
街頭テレビ? スクーターたくさん センチュリー21だ
ケイン・コスギはいません
-21:10-
女人街近くに到着しました。バスを降ります。
階段下ります
女人街にやってきました。
しばらく自由行動です。スリ多いから気をつけてねってことでした。
吉野家だ 女人街横の賑わう交差点
ちょうどここが真ん中くらい
右と左の通りをあわせた3ブロックぐらいが女人街
「板前寿司」って回転寿司も人気らしい
女人街は、昼過ぎから22時頃までアクセサリーやバッグなど女性物を中心とした屋台がひしめく通りです。
人多すぎでゆっくりお店覗けないですねー。というより、入ったらなんか買うまで出れなさそう。

許さんによると、値切りは1/2からスタートってことでしたが、女性ガイドによると1/3からスタートでもOKとのこと。買いたいそぶりは見せずに買うようにってことでした。
怪しさ満点 人いっぱい ちょっと買う気になれないな
このあたりが香港で一番人口が過密なところらしいです。
歩いていると、結構下水臭かったです(>_<)

最初に左のブロックを歩いて通り抜けたので、隣の大通りを元の場所へと戻りました。
こっちはこっちで賑わっている 大道芸っほどじゃないけどなんかやっている 人うじゃうじゃ
右側のブロックもせっかくだから通ってみましょう。
ニセモノが多い(笑)
そんなわけで、見終わって集合場所に戻ると、許さんが迎えにきてくれていました。

てことで、ホテルに戻ります。
獅子山トンネルをくぐって沙田へ。

トンネル内で2段ナンバーの車を見かけました。
香港のナンバーと中国のナンバーを両方持っていて行き来する車だそうです。
黒と黄の2段ナンバー
料金所は常にETCです。
どういう課金のしかたかな?
明日の連絡とかがありました。
最終日にオプションで予定されていた昼食オプションは開催しないそうです。

そのあと色々お話。
香港には年間3,000万人の観光客が来るそうです。そのうち50%は中国本土かららしい。

香港の自動車免許ですが、教習所に通うか、個人レッスンで免許がとれるそうです。
教習所に通うと日本円で6万円くらいかかるそうです。
許さんが免許をとった30年くらい前では、1回20香港ドルぐらいの個人レッスンを20時間受けて試験に挑んだそうですが、その頃は先生に500香港ドルをチップとして渡せばそのまま免許がもらえたそうです(笑)

車のナンバーは、近年になって文字だけのナンバーでもOKになり、役所に申請して、競合した場合は入札?になるそうです。「I LOVE YOU」というナンバーは100万香港ドルしたらしい。

-22:20-
そんなわけでハイアット・リージェンシー沙田に戻ってきました。

部屋に戻る前に駅前のコンビニいっとこ。
てくてく歩いていきます。ちょいと駅眺めていきます。
券売機かな? 自動改札です
駅前のセブンイレブンはめちゃくちゃ狭かったです。
6畳間くらいですかね。品揃えもあまりないし・・・。
でアイス買ったらフルーツ味じゃなくてチョコバーだった(笑)
アイスボックスの扉閉まってなかったので、多分中身のアイスだいぶん溶けているよ。これもそうでしたし・・・。
あと、おなかいっぱいだからビールだけ買いました。

今回は海外用の変圧器とコンセントを持ってきたので、デジカメの充電しておきます。
これで明日もOKです
シャワー浴びて、コンビニで買った香港ビール飲んでしばしゆっくり。
やっと落ち着いた(笑)
初日から盛りだくさんで、楽しい一日でした。ごはんもおいしかったし。
香港も日本と同様暑いですが、湿度がまだマシなのかなぁ。ジリジリとした暑さはありますけどね。
明日は香港一日観光です。明日はどんな発見があるかなー。
7/31香港マップ

2日目に続く→

おでかけ一覧へ   記事一覧へ   「食は此処に有り」へ


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.