RockzGoodsRoom > Outing > Outing2014 >

RockzGoodsRoom > PAST Contents > Motorcycle2014 >

 三重(Enjoy Honda SUZUKA 2014) (2014/04/12〜13)

←1日目はこちら

今日は雨の予報ですが、どうなりますかねー。
今日はJSB1000もスーパーフォーミュラも決勝レースとなります。
どんな1日になりますかねー。

4月13日(第2日)

-06:30-
目覚めます。
窓の外を見てみると、雨は降っていませんねー。
このまま降らないでほしい
昨日は鈴鹿サーキットに着いてからうろうろしていたら、抽選プログラムの朝の抽選時間が終わっていたので、今日は朝の抽選に行こうというのが狙いで、早めに出るとします。

-07:00-
昨日のうちに既に出発準備はできているので、さっさとチェックアウトして出発です。
おバイク増えてた
R1を走ります。
亀山JCTです
県道565号に入ります。
亀八の駐車場で寝ている人がいた
県道28号から県道41号に入ります。
そして市道から県道643号へ。
サーキットが見えてきた
-07:25-
今日も「鈴鹿サーキット」にやってきました。
おわっ!既にかなり並んでますよ。
急いで並ぶ 昨日買ったプログラム見せたら予選結果くれた
-07:45-
ゲートがオープンになりました。
ちぎれたチケットで無事入場
サーキットへと向かいます。
小学5年の時以来鈴鹿の遊園地では遊んでないな
今日のサーキットゲートはチケットチェックありました。
昨日はフリーでしたけどね
まずは抽選に行きますよ。「サーキット・サファリ」っていう、バスに乗ってサーキットを走る横をスーパーフォーミュラが走り抜けて行くのを体験できるプログラムがあったので、それ参加したかったのですが、はずれちゃいました。
まだ人ほとんどいないので、何度も並んで抽選できそうでしたが、ズルはしないでおこう。

というわけで、昨日と同じシケインへ。

今日はJSB1000のフリー走行からです。
ピットロードに出ていきます マーシャルカーがチェックしてます
-08:15-
JSB1000のウォームアップ走行が始まりました。
#12 津田拓也選手
予選2番手
今日は日差しが少ないですねー。
パノラマしておこう
しかし、フリー走行中に事故があったようで、セーフティーカーが入ります。
あららー #105 野田達也選手
BMW S1000RR
ピットに戻るのも多数
オフィシャルもセーフティーカーのボードを出しています。
「SC」です
そしてコースクリアになったようでセーフティーカーも下がります。
#32 今野由寛選手
SUZUKI GSX-R1000L4
#85 中冨伸一選手
YAMAHA YZF-R1
#6 秋吉耕佑選手
HONDA CBR1000RR
予選4番手
#87 柳川明選手
Kawasaki ZX-10R
予選5番手
トップスピードは300kmに!?
#21 西中綱選手
HONDA CBR1000RR
#634 高橋巧選手
HONDA CBR1000RR
#72 辻本範行選手
BMW S1000RR
#1 中須賀克行選手
YAMAHA YZF-R1
カッコいい!!
#12 津田選手
ヨシムラ旋風なるかー
#26 渡辺一樹選手
Kawasaki ZX-10R
#78 井上哲悟選手
Kawasaki ZX-10R
#135 寺本幸司選手
BMW S1000RR HP4
#634 高橋選手
今日はどんなパフォーマンス見せるかなー
#64 久積基宏選手
Kawasaki ZX-10R
#66 大内田実選手
HONDA CBR1000RR
#22 山中正之選手
HONDA CBR1000RR
#31 野左根航汰選手
YAMAHA YZF-R1
#41 清水祐生選手
SUZUKI GSX-R1000
#85 中冨選手
Hit-Manの独特な音
#35 稲垣誠選手
SUZUKI GSX-R1000
#76 岩谷圭太選手
SUZUKI GSX-R1000K9
#99 吉田和憲選手
YAMAHA YZF-R1
#96 村上雅彦
Kawasaki ZX-10R
ウォームアップでも競ってます
#47 塩原弘志選手
SUZUKI GSX-R1000L2
シケイン突っ込みも結構迫力あります
#634 高橋選手
#6 秋吉選手は鈴鹿に賭ける気迫を見せれるか
#85 中冨選手の最高峰クラス復活は嬉しいね
ST600では鈴鹿のコースレコードホルダーです
#87 柳川選手
どこまで最高速を伸ばすかな
#66 大内田選手
シケイン突っ込み
#70 山崎茂選手
Kawasaki ZX-10R
#11 吉田光弘選手
HONDA CBR1000RR
#33 藤田拓哉選手
YAMAHA YZF-R1
#34 田村武士選手
SUZUKI GSX-R1000
《クリックで動画再生です》
韋駄天・秋吉の走り
#72 辻本選手
ウォームアップと言えども、かなり攻めてきますねー。
《クリックで動画再生です》
#1 中須賀選手 ドリフトしているよ
《クリックで動画再生です》
#634 高橋選手のシケインから最終コーナー
-08:45-
JSB1000のウォームアップ走行は終了です。
ピットに戻る#12 津田選手
オフィシャルの皆さんが、次のスーパーフォーミュラのフリー走行に向けた準備と清掃です。
タイヤバリア設置中 FitシャトルのFIRE CAR
タイヤカスとかお掃除中 ありがたやありがたや
最後に清掃車が走っていましたよ。
ここまでするのはすごいなぁ
グランドスタンドはこの時間はまだお客さん少ないですね。
決勝の頃には満員になるかな
-09:05-
さて次はスーパーフォーミュラのフリー走行です。
#2 中山友貴選手
TEAM無限
#20 クマール・ラム・ナレイン・カーティケヤン選手
予選2位だったけど3グリット降格ペナルティ
#40 野尻智紀選手
#2 中山友貴選手は予選17番手
どこまで追い上げれるかなー
#20 カーティケヤン選手は残念ながら3グリッド降格 #62 嵯峨宏紀選手
#8 ロイック・デュバル選手 #10 塚越広大選手 #18 中山雄一選手
#31 中嶋大祐選手 #41 武藤英紀選手 #62 嵯峨宏紀選手
マシン仕上がったかな
《クリックで動画再生です》
昨日の予選トップ
#36 アンドレ・ロッテラー選手
#1 山本尚貴選手
昨年チャンプの意地を見たいですね
#11 ヴィタントニオ・リウッツィ選手
#19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手 #8 ロイック・デュバル選手 フリーでも競ってます
#32 小暮卓史選手 《クリックで動画再生です》
#1 山本選手
HONDAエンジンだしがんばってほしいねー
#11 リウッツィ選手
元F1ドライバーの走りは見れるか
#36 ロッテラー選手
予選の絶好調を維持できるか
#19 オリベイラ選手 #3 ジェームス・ロシター選手
#40 野尻智紀選手 #7 平川亮選手
デグナー入口の後姿もいいですねー。
静止画では伝わらないかな 路面温度は上がってきている模様
ダンロップコーナー立ち上がりも流し撮りしてみます。
#38 石浦宏明選手 #18 中山選手
撮影練習がてらバシバシ撮ります。
#2 中山友貴選手 武藤ー!! シケイン入口
シケイン出口 #11 リウッツィ選手 #31 中嶋大祐選手
#36 ロッテラー選手 #37 中嶋一貴選手 #20 クマール・ラム・ナレイン・カーティケヤン選手
#37 中嶋一貴選手
ダンロップコーナー
#8 デュバル選手 2台入れるのは難しいな
#32 小暮卓史選手 #38 石浦選手 武藤選手がんばれー
#1 山本選手 #1 山本選手
ダンロップ立ち上がり
#37 中嶋一貴選手
#39 国本雄資選手 渋いぜ武藤選手 #10 塚越選手
#37 中嶋一貴選手
ダンロップコーナー
#20 カーティケヤン選手 #36 ロッテラー選手
#37 中嶋一貴選手
シケイン立ち上がり
#37 中嶋一貴選手
最終コーナーへ
#62 嵯峨選手
#3 ロシター選手 #41 武藤選手 #7 平川選手
#38 石浦選手 #19 オリベイラ選手
追い上げなるかー
チェッカー振られています
-09:40-
スーパーフォーミュラーのフリー走行が終了しました。

続いて、サーキット・サファリが始まりますよ。
バス待機中
その前に、スーパーフォーミュラのマシンたちはスタートダッシュの練習したりしています。
戻ってきています 指クラッチはどうかな 徐行しています
-09:50-
今のうちにとりあえずなんか食べておこうかなぁ。
焼肉ランチ食べるかな 隣のたこ焼きは空いてます
ちょいと並んで、焼肉ランチ特盛ゲットです。
サーキットサファリやってますね バスがサーキットを走る その横をスーオアーフォーミュラマシンが過ぎる
さてー、では食べますか。
スタミナたっぷり
バスの中からはどんな感じでスーパーフォーミュラマシンを体験できるんでしょうかねー。
おもしろい構図 バスは1周
ピットへ バスとスーパーフォーミュラが並んでピット
しかし、サーキットサファリのおかげで、フリー走行時間が終わってもまだ走行しているのを観れてラッキーでしたねー。
#11 リウッツィ選手 #19 オリベイラ選手 #3 ロシター選手
#36 ロッテラー選手 #38 石浦選手 #40 野尻選手
#7 平川選手 #1 山本選手 #18 中山雄一選手
#2 中山友貴選手 #32 小暮選手
どこまで上げてきてくれるかなー
#37 中嶋一貴選手
#39 国本選手 #62 嵯峨選手 #8 デュバル選手
というわけで、サーキットサファリは終了し、スーパーフォーミュラもピットに戻りました。
EnjoyHondaが見えるなぁ
次はF3の第2戦決勝です。
ウォームアップ始まりました
F3には、18年ぶりに女性ドライバーが参戦です。
F3は、いわゆる選手権の「チャンピオンクラス」(Cクラス)と、主力エンジンだったトヨタ3S-GEをワンメイクエンジンとして旧型シャシーを使用する「ナショナルクラス」(Nクラス)との2つのクラスが同時に走るのですが、このNクラスに出場の三浦愛選手がそのドライバーです。
#3 三浦愛選手
デビューでいきなり昨日の第1戦はクラス3位
スタート前のひと時ですね。
華やか
フォーメーションラップが始まりました。
1コーナー 2コーナー 逆バンクからダンロップ 《クリックで動画再生です》
緊張の時間だろうなぁ
-10:40-
F3第2戦スタートです。決勝は17周で争われます。

ホールショットは、昨日の第1戦2位だった、#22 高星明誠選手です。
#22 高星明誠選手
B-MAX Racing Team with NDDP
Dallara F312のシャーシにTOYOTA TOM'S TAZ31エンジンを積んでます
オープニングラップは1列ですな 《クリックで動画再生です》
#22 高星選手は昨年のNクラスチャンピオンでした
#28 山口大陸選手
TAIROKU EXCEED
Dallara F306NのシャーシにTOYOTA TOM'S 3S-GEエンジンのNクラス
#3 三浦愛選手
EXEDY RACING TEAM
Dallara F307NのシャーシにTOYOTA TOM'S 3S-GEエンジンのNクラス
オープニングラップは#22 高星選手でした。
1周目終了のポジション #1 勝田貴元選手
PETORONAS TEAM TOM'S
Dallara F312のシャーシにTOYOTA TOM'S TAZ31エンジン
#7 松下信治選手
HFDP RACING
Dallara F312のシャーシにHONDA MF204Dエンジン
今は無限は社名をM-TECって言っているんですねー。

F3は横浜タイヤのワンメイクですが、スーパーフォーミュラはブリジストンのワンメイクです。
ダンロップのコーナーができてますねー。
JSB1000はどこのでもいいのでダンロップはJSB1000に提供
F3のレースは続いています。
#2 清原章太選手
TODA RACING
Dallara F312のシャーシにTODA TR-F301エンジン
#62 久保凜太郎選手
TOCHIGI Le Beausset Motorsports
Dallara F308NのシャーシにTOYOTA TOM'S 3S-GEエンジンのNクラス
#30 DRAGON選手
B-MAX Racing Team
Dallara F306NのシャーシにTOYOTA TOM'S 3S-GEエンジンのNクラス
#36 山下健太選手
PETORONAS TEAM TOM'S
Dallara F312のシャーシにTOYOTA TOM'S TAZ31エンジン
昨日の第1戦はデビューウインでした
#13 吉田基良選手
B-MAX Racing Team
Dallara F312のシャーシにTOYOTA TOM'S TAZ31エンジン
#38 ナニン・インドラ・パユーング選手
CERUMO・INGING JR.
Dallara F312のシャーシにTOYOTA TOM'S TAZ31エンジン
#22 高星選手と#1 勝田選手のトップ争い おおーシケインで並んだー #1 勝田選手がパス
#22 高星選手抜き返しています こちらは3位争い #30 DRAGON選手
TOM'S同士で2位争い なかなかおもしろいぞー そして最終コーナーへ
ファイナルラップとなりました。
トップは#22 高星選手です。
2位争いは続きます 《クリックで動画再生です》
そしてチェッカーへ
Nクラスは#3 三浦愛選手がトップ!?
《クリックで動画再生です》
#3 三浦選手は#62 久保選手をシケインで抑え込んでそのままクラス優勝
#22 高星選手おめでとうー
F3の最終結果です。
この中から、また来シーズンスーパーフォーミュラにステップアップしてきたりするんでしょうねー。
TOM'Sは健闘して2位3位 #3 三浦選手は全体では9位
マシンがピットに戻ってきました。
おつかれさまー
さて、次はエキジビションレースです。
HONDA N-ONEのオーナーズカップを今シーズンから開始するそうです。
お手軽レースを目指しています 660ccでもターボあるとなかなかよく走ります んん?HONDAの偉い人?
この時間は、ピットウォークの時間でもありますねー。
ピットに人いっぱい エキジビションの説明中
エキジビションレースには、サーキットの場内解説のピエール北川氏も参加しています。
で、エキジビションレーススタートです。

ピエール北川氏は、ポールポジションスタートながらもジャンプスタートしてましたよ(笑)
東コースを使います なかなかノーマルでもいい走り
ピエール北川氏搭乗です 《クリックで動画再生です》
エキジビションなんで優勝させてもらえました(笑)
続いてホンダのドライバーのトークショーやってますが、まぁいいや。
シケインの席でしばらくのんびりしてましたよ。

次はJSB1000の決勝ですよ。
予選結果です 今日も面白くなりそうだなー
そして、グリッドに並ぶためマシンがコースに飛び出していきます。
#78 井上選手 #12 津田選手 #21 西中選手
#35 稲垣選手 #47 塩原選手 #71 加賀山選手
#11 吉田選手 #26 渡辺選手 #6 秋吉選手
#78 井上選手 #18 原田選手 #76 岩谷選手
#87 柳川選手 #95 今津選手
グリットに全車並んで、いよいよスタートです。
クルーが囲んでますねー さぁいよいよスタートです
-13:00-
JSB1000決勝スタートです。
決勝は20周で争われます。
《クリックで動画再生です》
ダンロップコーナーです
《クリックで動画再生です》
1周目のシケイン
決勝44台も走ると長い列 《クリックで動画再生です》
#1 中須賀選手と#6 秋吉選手のバトルです
韋駄天・秋吉選手はトップを狙えるかなー。
ダンロップ立ち上がりの#6 秋吉選手
トップ集団はかなり混戦してます。
#6 秋吉選手 #1 中須賀選手
#12 津田選手 #634 高橋選手 あたりがトップ集団
#1 中須賀選手が#6 秋吉選手が追います #85 中冨選手がんばれー
#35 稲垣選手と#21 西中選手 #12 津田選手
#6 秋吉選手 #85 中冨選手
序盤、#1 中須賀選手と#6 秋吉選手がリードしだします。
#87 柳川選手が3位グループに入りましたね #26 渡辺選手も3位グループに追いついた
2輪はライディングスタイルの違いが顕著にわかりますねー。
#634 高橋選手は深いバンク
トップグループはなかなか面白い争いになってきました。
観客からは面白いけどなぁ トップ争いも続く #6 秋吉選手粘ります
互角の戦い ヨシムラ#12 津田選手がジリジリ下がってきました #634 高橋選手がセカンドグループから抜け出してきた
まだバトル #12 津田選手がんばれー デグナー
#104 山口選手
モリワキがんばれー
#634 高橋選手がトップグループに追いつきました #12 津田選手もセカンドグループに再び肉迫
シケインの突っ込みあいがすごいです #12 津田選手ポジションアップするかなー トップ争いは平行線
周回遅れが出てくると、レースが一層面白くなってきます。
混戦になるね レースが動くかな 三つ巴になってます
この機に#1 中須賀選手が#6 秋吉選手との差を詰めてきました。
抜くか!?
#1 中須賀選手に続き#634 高橋選手までもがトップの#6 秋吉選手を抜かしていました!!
おおー!!!
#6 秋吉選手はタイヤが厳しくなったきたんですかね。
今度は#1 中須賀選手と#634 高橋選手のバトルとなりました。
最後まで息つけないな 接戦です #12 津田選手と#104 山口選手
ヨシムラVSモリワキ
《クリックで動画再生です》
#1 中須賀選手のドリフトすげぇ
周回遅れの合間を縫ってます
そしてファイナルラップを迎え、あとはチェッカーフラッグを受けるのみです。
《クリックで動画再生です》
最後のシケインの競り合いすごい
#1 中須賀選手、ポール・トゥ・ウインとなりました。
YAMAHAが勝ってうれしいですねー。
#85 中冨選手は9位でした #76 岩谷選手
予選2位の#12 津田選手は残念ながら7位という結果でした。
今年の8耐は、ゼッケン12でケヴィン・シュワンツと辻本聡選手が1986年のチームを「レジェンドチーム」として結成するそうで、これはまた楽しみですね。
最終結果 #71 加賀山選手は8位かぁ
おっと、シケインで転倒していますね。
#31 野左根選手だ
ハイサイドかな?
大丈夫そう
チェッカー受けて気が抜けたのかなー。
怪我なさげでよかったです。

それにしても、中須賀選手の喜びようがハンパないです。
おめでとー 《クリックで動画再生です》
バーンアウトしてます
拍手を受けてます
喜びを全身で そのままピットロードへ 嬉しいんだろうなぁ
続々とピットに戻ってきます。
トップ10に入った選手たち 岩谷選手はバーンアウトしようとして失敗してました
スーパーフォーミュラの決勝まで1時間半近くあるので、ちょっとうろうろしようかな。
表彰式やってます
おめでとうー
「レーシングシアター」に行ってみよう。
EnjoyHondaのチケットで今日は無料で入れるそうです。
ここかー
中に入るとけっこう並んでましたよ。
しばし待ちますよ
中はF1走行を疑似体験できるシアターになってました。
撮影は禁止ですが、かなり楽しいですよー。

シアターを見終わったら、続いて館内みてまわります。
体を傾けるとバイクも 走行体験 コクピット体験
佐藤琢磨選手はこう座っているの図 宇川徹選手はこうライディングするの図
マシンも置いてありますよー。
2000年
B・A・R Honda 002
リカルド・ゾンタが乗りました
お 2輪もあるぞー 1962年
RC171
ジム・レッドマンが乗りました
1997年
RVF/RC45
伊藤真一/宇川徹
8耐マシンだな
もう20年近く前のマシンだな 1997年
NSX
黒沢琢弥/山本勝巳
この頃はGT選手権って言ってたなぁ
てことで見終りました。

小腹が空いたなぁ。
なんか買っていこうか。
「Dominique Doucet」でサンドイッチ買おうかな TVチャンピオンに出たんだって
回転が悪いようで、なかなか買えませんなぁ。
スーパーフォーミュラの決勝始まっちゃうよ。

なんとかギリギリで買えたので、ダッシュでシケインの席に戻ります。
おおーすげーボリュームだー
レースに先立ち、国歌斉唱です。
ちょうどこの時テレビに映っていた(笑)
フォーメーションラップが始まりました。
《クリックで動画再生です》
いいレースしてくれるかなー
《クリックで動画再生です》
蛇行してタイヤあたためますよ
-15:00-
スーパーフォーミュラ第1戦の決勝スタートです。
決勝は43周で争われます。
#37 中嶋一貴選手
予選2番手からトップに
#37 中嶋一貴選手
トップで1周目帰ってきましたー!!
1周目のシケインで#18 中山雄一選手がスピンしてマシンを停めてしまいました。
危ないぞー
オープニングラップ終わって、トップは#37 中嶋一貴選手選手です。
長丁場ですよー
#18 中山雄一選手のマシンがようやくコース外に押し出されました。
このままリタイヤでした
2周目、おや?#62 嵯峨選手がスロー走行ですねー。
大丈夫か? このままピットインリタイヤ
しばらくはレースは落ち着いて進みます。
#2 中山友貴選手 #31 中嶋大祐選手 #10 塚越選手
5周目、#31 中嶋大祐選手が緊急ピットインです。
どうしたんだー
そしてまたレースは続きます。
TOM'Sの2台が首位争い #8 デュバル選手
#1 山本選手 #40 野尻選手
ちょっとばらけてきましたねー。
HP REAL RACINGの2台
ポジションがめまぐるしく変わるというのはないですねー。
#19 オリベイラ選手 #3 ロシター選手 #32 小暮選手
#37 中嶋一貴選手
トップ走行中
#1 山本選手 #2 中山友貴選手
#2 中山友貴選手 #20 カーティケヤン選手 #3 ロシター選手
#41 武藤選手 #7 平川選手 #7 平川選手
今シーズンの活躍はどうかなー
10周終わって、トップは#37 中嶋一貴選手、2位は#36 ロッテラー選手とTOM'Sがワン・ツーのままですね。
トップの#37 中嶋一貴選手以外は6位まで外国人 その次の日本人は#38の石浦選手だな
このあたりの人たちにがんばってもらいたいなぁ #62と#18はリタイヤです
#1 山本選手と#7 平川選手が競ってます。
シケイン入口 テール・トゥ・ノーズ シケイン出口
カメラのほうも落ち着いてきましたかね(笑)
#19 オリベイラ選手 #3 ロシター選手 #8 デュバル選手
#38 石浦選手 まだ競ってます
43周は無給油では無理という見解なので、ワン・ストップは必要なようです。
#7 平手選手は早めにピットイン おや?#32 小暮選手も入りますね 追い上げなるかなー
ピットタイミングが勝敗を分けそうですねー。
#11 リウッツィ選手 #39 国本選手 #40 野尻選手
#8 デュバル選手 #20 カーティケヤン選手のシケイン
ダンロップコーナーの立ち上がりを流し撮りしますか。
#10 塚越選手 #20 カーティケヤン選手
#3 ロシター選手 #40 野尻選手
#7 平川選手がいい走りしてますねー。
キグナス石油もスーパーフォーミュラで名を挙げたなぁ
15周目にLenovoの#20 カーティケヤン選手がダンロップコーナー出口でスピンしました。

カーティケアン選手が動けなくなったようなので、セーフティーカーが入りました。
あー塞いでるよ・・・ オフィシャルさんが押してます
#36 ロッテラー選手がセーフティーカーが入ったのを見てピットインです。
すげぇ判断だ この機にピットインするマシンも多かった
しかし、同じチーム2台共ピットにはいっちゃったりして、ピットはてんやわんや。
セーフティーカー入ってます
カーティケアン選手のマインはようやく端に移動されました。
降りないの? あ 降りた
なかなかセーフティーカー入りませんねー。
タイヤの温度下がるかな まだ入りませんね
トップを走っている#37 中嶋一貴選手はピット入らないですね。
大丈夫か?
《クリックで動画再生です》
スローペースです
《クリックで動画再生です》
ダンロップコーナー
#19 オリベイラ選手が現在2位
3周セーフティーカー入っていて、ようやくグリーンフラッグで再スタートです。
おー再スタートだー
リスタートしたら、今までのアドバンテージはゼロからですね。
ダンゴ状態 #37 中嶋一貴選手はリードを広げてピットに入らないと おおおおおー!!!
20周終わったところで、トップは#37 中嶋一貴選手、2位に#19 オリベイラ選手。#36 ロッテラー選手は3位に後退です。
しかし、中嶋一貴選手とロッテラー選手はピット入っていません。
後半どうなるかな 順位はかなり変化してきましたね
武藤選手上がってくるかなー リタイヤも増えてきました
レースは後半に入りました。
武藤ー!! 外国人選手三つ巴 こちらは日本人選手三つ巴
#19 オリベイラ選手 #31 中嶋大祐選手 #36 ロッテラー選手
#37 中嶋一貴選手 ヒートアップしてきますねー おー#8 デュバル選手が上がっていく
#1 山本選手 #40 野尻選手
26周目、#32 小暮選手が白煙を吐いてシケイン手前でストップしてしまいました。
あららー うーん残念
レースは中盤から終盤に向かいます。
ここからが耐えどころだな #19 オリベイラ選手 #8 デュバル選手
追い上げています
競ってます #1 山本選手 #3 ロシター選手
31周目、トップの#37 中嶋一貴選手がピットイン。そして2位の#19 オリベイラ選手もピットインしました。
このタイミングではトップ返り咲きは厳しいかな。
#37 中嶋一貴選手ピットイン #19 オリベイラ選手もピットイン
#1 山本選手、#7 平川選手、#38 石浦選手の三つ巴が続いています。
おおおー!!! バトルすると楽しい
30周を終えた段階では#37 中嶋一貴選手がトップだったんですけどねー。
一貴選手とオリベイラ選手の1・2位はこの後陥落 6・7・8位争いが白熱しています
武藤がんばれー このあたりはみんなリタイヤ
さー、いよいよレースは終盤です。
#8 デュバル選手がトップ #40 野尻選手も追いつき四つ巴 #1 山本選手がんばれー
#36 ロッテラー選手
まだOTS使っていないよ
#7 平川選手
OTS(オーバーテイクシステム)は、ステアリングにあるボタンを押すと、5秒後に燃料噴射が105%になり、20秒間有効になります。
5回使用可能で、頭の後ろのランプがその使用回数を示しています。
《クリックで動画再生です》
さらに増えてバトルが楽しい
《クリックで動画再生です》
#40 野尻選手ハードブレーキング
#8 デュバル選手
#36 ロッテラー選手と#3 ロシター選手の競り合い 《クリックで動画再生です》
なんかスタート直後みたいになってきた
#8 デュバル選手快調です
この競り合いも面白いぞ 押えていますねー
そして、このタイミングでYSP Racingはお帰りです。
中須賀選手のマシンが帰ります
チェッカーに向けて、各車全力で走っています。
TEAM無限がランデブー おおー#36 ロッテラー選手ハードブレーキング 守りきってます
40周を終え、トップは#8 デュバル選手のままですね。
#36 ロッテラー選手追い上げなるかー #37 中嶋一貴選手は追い上げ無理かな
昨年チャンプは今回低調 リタイヤ残念だね
あと3周です。
《クリックで動画再生です》
#38 石浦選手が#36 ロッテラー選手に迫ります
無限同士のバトル
42周目、#37 中嶋一貴選手と#39 国本選手が接触したようで、国本選手がコースアウト。
大丈夫かー オフィシャルがレスキューしてます
そして、いよいよファイナルラップです。
#36 ロッテラー選手 #38石浦選手 #3 ロシター選手
#37 中嶋一貴選手 #7 平川選手 《クリックで動画再生です》
優勝は#8 ロイック・デュバル選手でした
#11 リウッツィ選手 #19 オリベイラ選手 #37 中嶋一貴選手はピットタイミングに泣いたな
#8 デュバル選手おめでとうー 各車の健闘を称えます おつかれー
ということでレース観戦は終了。
帰りますかね。
また来るよ モリワキのオブジェ
「Enjoy Honda」も楽しかったです。
おもしろかった
出口でアンケート配ってました。
郵送アンケートかぁ
鈴鹿サーキットを出ます。
楽しかったです
-16:45-
さー、元気に帰りますよ。
ありがとう鈴鹿サーキット
市道を鈴鹿インター方面へ。
TSR 秋吉選手今回は残念でした
県道637号から県道27号へと走ります。
まだ空いているな ここもまもなく広がるのかなー
-17:15-
ある程度は渋滞していましたが、思ったほどでもなく、東名阪道・鈴鹿ICから高速に乗ります。
鈴鹿ー
-17:20-
亀山JCTで新名神に。
亀山ー
除雪車の季節ももう終わりですねー。
おつかれさまです
山桜がきれいですね。
山のほうはちょっと桜が遅いんですね
-17:25-
滋賀県に入ります。
ただいま近畿地方
-17:30-
新名神・土山PAに寄りますよ。
給油しないとな バイク結構多いです
なんか食って帰るかなー。
「ちゃんぽん亭」から来るかな 土山ちゃんぽんだそうです
食べたので、がんばって帰りますか。
土山SAでした
給油していきますよ。
たーんとお飲み
さー、帰ります。
瀬田で2km渋滞かー
メタルハライドランプのトンネルをくぐっていきます。
明るいねー
近江大鳥橋を渡ります。
きれいな橋ですねー
-18:15-
草津JCTで名神に入ります。
草津ですよー
-18:20-
瀬田東JCTを通過です。
瀬田ー
蝉丸トンネルのとこではちょいと混んでました。
そう混んでないな
天王山の分岐は右行きますか。
右コースへ 大山崎JCTは左コースからのみ利用可能です 天王山トンネルですよ
-18:50-
吹田JCTで中国道に入ります。
吹田ですよ
-19:00-
中国道・宝塚ICで降ります。
ただいまー
R176を走ります。

-19:10-
帰宅しました。

本日の走行距離 158km
通算の走行距離 315km

いやいや楽しい2日間でした。
モータースポーツは楽しいですね。
また機会があったら観戦したいですねー。
チケットくれたHonda Carsの西宮営業所さんもありがとでしたー。
走行マップ

←1日目に戻る

おでかけ一覧へ    記事一覧へ   「食は此処に有り」へ


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.