RockzGoodsRoom > Outing > Outing2006 >

RockzGoodsRoom > PAST Contents > Motorcycle2006 >

 北海道(北海道で走ろう!2006) (2006/08/17〜25)

第1日(8/17)   第2日(8/18)   第3日(8/19)   第4日(8/20)   第5日(8/21)

第6日(8/22)   第7日(8/23)   第8日(8/24)   第9日(8/25)

8月24日(第8日)

●本日の参加者:
ゆうちゃん、Rockz 計2名
●本日の移動先:
小樽、積丹、ニセコ、札幌、苫小牧

-06:00-
目覚める。
うーん。昨日はそんなに飲んでないつもりだが、さすがに疲れがたまってきたかな。
まぁ今日はのんびり走るので大丈夫でしょう。

-06:45-
では行きますか。
まずは朝ごはんを食べに行きましょう。
ノルテIIでした
北大の横を通っていきます。
北大専用?の陸橋
-07:00-
「札幌場外市場」に到着です。
今朝は市場で朝ごはんしてみようというこになったのです。
二条市場も有名ですが、こちらのほうが評判いいんですよね。
とりあえず到着 店舗いっぱいです
てくてく散策してみます。
市場だけど、「これどう?あれどう?」と結構声かけられますが、商品すすめず「そんなん着てたら暑いやろー」などと日常会話だけのおっちゃんもいたり、結構楽しげです。
でかいエビと貝 そしてカニ 寺泊に似ているかな??
海産物だけでなく、野菜とかも売ってます。
変に観光化していない、本当の一般向け市場って感じです。
カニが多いかな・・・ でんすけすいか 市場といえばこいつ
メロンを見るたび、その価格でゆうちゃんは落ち込んでいってました。
確か、稚内から送ったよね。メロン・・・。

気をとりなおして朝ごはんを食べる店を探します。

-07:10-
「おふくろ食堂」ってとこに入ってみました。
ウニイクラ丼いっときますかね。
小盛、並盛、特盛とありますが、朝イチだし、「食堂うしお」でもうまいウニ丼食べるので、ここは小盛にしておきましょう。
朝から特盛は自殺行為です。
「おふくろ食堂」 メニューです
特盛はとてつもなく危険そう 食堂って感じです
しばらく待つときました!!
確かに小盛ですね〜。これなら並でもよかったかも・・・。
ウニ・イクラがごはんに比べとたくさん乗っているので、ほんと、もう少しごはんがほしくなりましたよ(笑)
うに・いくら丼 小盛
-07:35-
それでは北の大地の最後の一日を走り始めます。
とはいうものの、場外市場からR5に脱出するのにちょっと手こずりましたが・・・。

北海道の夏は短いので、もう普通に学校が始まっているようです。
ゆうちゃん最後の一日よろしくね 高校生通学 小学生も通学
道道124号からR5に入り、小樽方面へと走ります。

-08:05-
途中でちょっと寄り道。
「銭函駅」に立ち寄ります。
お金が貯まりますようにってことで記念撮影。
銭函駅
フットワーク邪魔
いいですねー フットワークがいなくなったので記念撮影
では再びR5を北上します。
後ろは札幌道です
小樽に入ったところで、ゆうちゃんと先頭を代わります。
ゆうちゃんよろしく〜 フェリー泊まってますね
-08:30-
小樽運河に到着しました。
18日に撮った小樽運河の夜景と同じ場所で昼の景色を撮ってみます。
昼の小樽運河 18日に撮った夜の小樽運河
※オンマウスで昼画像に
小樽運河の水はきれいではない
また夕方来るので、今はさっさと出発します。
小樽運河食堂 人力車 待機してます
海沿いの道道17号を走り、R5へと戻ります。
古い建物が残っています
-08:50-
途中で給油です。
お話好きな店員さんがいたので、給油中写真は撮れず(笑)

ひたすらR5を走ります。
海沿いを気持ちよく走る
余市で、R299に行くショートカットコースに入ってしまいましたが、道の駅に行くので引き返します。
って言っても300kmほどですけど。

-09:10-
道の駅「スペースアップル余市」に到着。
まずはスタンプ押します。
ここは日本人初の宇宙飛行士、毛利さんとゆかりのある土地なので、宇宙ブームです。

平行感覚がおかしくなるブースがあったので入ってみました。
確かに、ちょっと気持ち悪くなりましたね・・・

時間があれば、ここの宇宙記念館を見学したかったのですが、1時間以上はかかりそうだったので断念しました。
かわりに、宇宙食だけは買っておきましょう。
ハリボテのスペースシャトル うーん微妙に気分悪い・・・ ゆうちゃん写真撮ってます
記念館は時間かかるのね・・・ お約束です(笑)
ゆうちゃん毛利さんバージョン
道の駅の隣に、ニッカウヰスキーの余市工場があったので、記念撮影しておきます。
某巨大サイトの管理人さんが好きな場所ですね(笑)
いい感じですね〜 ウヰスキーの「ヰ」の字が泣かせます こっちはちょっとオシャレチック
R299に入り、積丹半島を走っていきます。
温泉もスペースシャトル 灯油?タンクはなくてはならない
積丹半島は、新しいトンネルがどんどん掘られています。
特異な地形を見たり、トンネル快走したりと交互に続いていきます。
変わった岩 ポツーンとある岩 向こうは雨かな??
途中、道道に入れば積丹岬を経由できますが、特に行くつもりもないのでパスしてそのままR299を走ります。
遠くに神威岬が見えてきました 岩を切って道路を作ったよう もうすぐ神威岬ですね
雨がポツポツしだしましたが、とりあえずはそのまま走ります。

-10:30-
神威岬の「食堂うしお」に到着しました。
ここのウニ丼がまたおいしいんですよね〜。

店に入り、一応メニューを見ていると、ふと本日のおすすめに「赤限定10食生うに丼」というのを発見ほぼ同時に入った、4人組よりも先に、こちらがお店の人に声をかけます。

R「限定10食の赤生ウニ丼まだあります?」
店「ありますよ〜」

ってことで、2食ゲットです。
どれもおいしそうなメニュー くうぅ〜 おっ赤は限定10食だ!!
そのあとで、お店の人がお茶とか持ってきてくれました。
ライダーな我々を見て、「0円マップですか?」と聞いてきます。

んん?私たち、リピーターなんですけどね。まぁ0円マップも持ってますけど・・・。

そしたら、「0円マップあったら朝捕れイカサービスありますよ」とのこと。
うおーラッキーだー。

しばらくすると、ウニ丼がきました。
積丹では、エゾバフンウニを「赤うに」、ムラサキウニを「白うに」と言っているようです。
濃厚なコクと強い旨みを求めるならやはり赤ですね。漁獲量が白に比べて少ないのです。
きましたー
くうぅ〜
この色 サイコー!!
これで3,000円は超良心的ですよね〜。

イカもいただきました。
こちらもおいしかったです〜
イカも美味 0円マップが役に立ってくれました
ここは、住所を知らせておくと、毎年ウニ漁が解禁になると、季節の便りを送ってくれます。

お土産もの屋も併設しているので、見ていたら、なんと宗谷岬で買ったメタルステッカーと同じデザインで、神威岬バージョンがありました。
ひょっとしたら、他の岬のもあるのかも・・・

てことで、ごちそうさまでした。
店のすぐそこは海です。
端っこまで行ったら、神威岬の、ローソクのような岩が見えるかな??と思ったらやはり見えませんでした。
なぜか直立不動のゆうちゃん 「食堂うしお」さんでした
-11:05-
では出発します。
でもすぐに、神威岬に向かう道を見つけました。
う〜ん。前回は見落としていたようです。

岬への道を進み、駐車場に入ります。
ここからは徒歩で岬へ向かいます。
岬の案内碑 岬の名前
神威岬は、昔は女人禁制の岬だったそうですが、今はそんなことないです。

門がありましたが、女人禁制のための門の跡ではなく、強風とかの時は安全のため閉めて行けないようにしているようです。
門がありました 女人禁制のいわれ ずっと歩いていけます
先の灯台まで行ったら、ローソク岩を見れるようですが、時間もそんなにあるわけではないので、ここで断念。
あそこまで行きます??
下を覗くと、水の色が美しかったです。
積丹ブルーってやつですね。
晴れていたら、もっときれいだったのでしょうね〜

柵から出るなと書かれているのに、出て写真撮っている人がいました。
こういう人がなんか事故起こして、関係者に迷惑かけるんですよね。
きれいなブルー あの灯台までは遠いね こらこら・・・
風もきついので、バイクに戻ります。
帰りは下り坂なんで楽です
バイクのところに戻ると、自転車が風で倒れていました。
なんだかパーツも折れているような感じ・・・
どうもしてあげれないのですね。

-11:25-
そのまま出発です。なんとなく雨がポツポツしてますが、引き続きR299を走っていきます。

ほどなく、雨が本格的に降り始めました。
しばらく様子見で走っていましたが、どうもだめみたいなのでレインウェアを着ます。
奇しくも、3年前にも停車した、地滑克服の記念広場で着ました。
レインウェア着ました さぁ走りましょう
どんどんトンネルを掘り替えて、内陸側にもっていっているようです。
古いトンネルはふさいでますね
-11:50-
道の駅「オスコイ!かもえない」前を通りますが、2004年の台風18号の影響により、全施設閉鎖状態です。

防潮堤をつくる工事をしていました。
これが完成したら、道の駅も復活しますかね?
道の駅あたり すごい防潮堤
どんどん南下していきます。
泊村あたりは、トンネル掘らずに、洋上を橋で続けていってました。
まだ雨かなぁ・・・ 青空見えてきているんですけどね 橋の工事中
トンネルが3本見えるところがありました。
以前の、積丹のトンネル崩壊の事故以来、内陸側にトンネルを掘りなおす作業が進んでいます。
2回堀替えたトンネルなんですかね。
3つの入口が見てとれます
-12:10-
右折通行止めの看板が・・・なんだろうと思ったら、原子力発電所でした。
右は原発 奥のトンネルくぐると原発です
原発の駐車場 警備も厳重
積丹半島を、R299沿いに東から西にぐるっとまわってきました。

-12:25-
道の駅「いわない」に到着しました。
お約束ですね(笑) 道の駅「いわない」 道の駅前の敵前線基地
スタンプ押して、すぐ出発です。
道道66号をニセコ方面に走ります。

天気が悪くて、ニセコアンヌプリは見えませんね。
天気悪い ガスっているし 峠付近は全然景色みえない
下りになると、いくぶん天気もよくなり、雨もやんできました。

 尻別川の、ニセコ大橋を渡るとR5と交差します。そこに道の駅はあります。
下りは結構いい天気 ニセコ大橋
-13:15-
道の駅「ニセコビュープラザ」到着です。
スタンプ押して、ソフト食べます。
「ミルク工房」でソフトクリーム。ここのが本当においしいんですよね。
「ミルク工房」さん 食券販売機
種類はバニラだけだけど(笑)
これこれこれー!! お店はこんなのです
ちょこちょこ中を見回ります。
広いです 道の駅
では行きますかね〜。
レインウェアはとりあえず脱いで、たたまず荷物といっしょにネットでかけておきました。

あいにくの天気で、羊蹄山も見えないですね。
引き続き、道道66号を南下していきます。
羊蹄山の裾野
-13:50-
道の駅「真狩フラワーセンター」に到着しました。
スタンプ押して何気に見ると、細川たかしコーナーがありました。
なんだかすごいので、見て行きましょう。
細川たかしの像
本物は別の場所にあるらしい
いいのか・・・こういう商品・・・ んじゃ行くか
メットも脱がず、細川たかしを見ていた2人組は、さぞ怪しかっただろう。

では出発。

何ほ考えたか、来た道を戻っていた。
羊蹄山へ続く道〜
羊蹄山から離れていかなきゃならないはずなのに、羊蹄山に向かって走ってどうする!!
てことですぐUターンして引き続き道道66号を南下。

北海道らしい風景を見るのも、今日が最後だと思うと寂しいですね。
牧場ですね きれいな畑
留寿都でR230を東に向かいます。

-14:15-
道の駅「R230ルスツ」に到着。
スタンプ押して、すぐ出発です。
道の駅「R230ルスツ」です
ルスツリゾート横の居酒屋がどうなっているか見たかったので、ゆうちゃんに「ルスツリゾートでちょっと止まるね」と言って、道の駅を出て、集団最後尾のトラックのうしろにつきます。
のんびり走るトラックだなぁと思いながらも、黄線だし、すぐ止まるしなと思って走っていたら、目の前に、レーダー!!ネズミとりやってました。
が、不思議なことに、このネズミとり、計測はしていましたが、どこにも引き込みや、逃走追尾部隊はいませんでした。
なんだったんでしょうね〜。とりあえずは命拾いです。

-14:20-
ルスツリゾートに到着です。
居酒屋はなんだかさびれきってました。冬にはまた復活するんでしょうかね。
ルスツリゾートです 居酒屋は廃墟のよう・・・
ゆうちゃんおまたせ。
では走ります。

-14:35-
中山峠に入る前に喜茂別で給油をしておくことにしました。
給油中
中山峠を駆け上がっていきます。
まぁ流す程度ってことで。
どんどん上がっていきます
-15:05-
道の駅「望羊中山」に到着です。
ここが最後の道の駅となりました。

スタンプ押して、峠のあげいもを食べます。
うーん。ここのあげいもはやっぱりおいしいですね〜
道の駅「望洋中山」です 峠のあげいも買います うまい!!!
残念ながら、やはり羊蹄山は見えませんでした。

-15:30-
出発しますか。
ちょうど低空でセスナが真上を飛んでいきました。
セスナが飛んでた
中山峠を下っていきます。
下るほどに晴れていきます。
下りきるころには日がさしているし、路面ドライだし。
天気の移り変わりが激しいです。
下りますよ〜
青空出てますね
面白い形のトンネル入口
-15:50-
定山渓から道道1号を小樽方面へと走ります。
定山渓大橋 さっぽろ湖です
途中、札幌国際スキー場がありました。
国際規格の大会ができるスキー場ってことらしいです。
札幌国際スキー場です
オタルナイ湖のところで、ループ橋がありました。朝里大橋と言うらしい。
おっループ橋だ 大きいRですね
橋渡ってます あそこから降りたんだ
朝里でR5にぶつかり、小樽方面に向かいます。

-16:40-
小樽に到着。
以前も止めた、北華楼の美術館前に勝手に停めちゃいます。すいません。
「北華楼」です
まずは、「北一ホール」に行きます。
前回食べられなかったびっくりシューがあるか聞いたら、最後の一個とのこと。
最後の一個はショーケースの中に入っていました。
なんとかありつけたのですが、あまりにもの大きさのためゆうちゃんとシェアします。
結果的にはひとつでよかったね。

「北一ホール」は、北一ガラスが経営する喫茶店で、167個の石油ランプに照らし出された不思議な空間です。
三脚立てて、夜間モードで撮ってみました。
「北一ホール」です 念願のびっくりシュー 不思議な空間
落ち着きます 雰囲気いいですね
カップルでお越し下さい(笑) 火みてたら眠くなる
小樽をうろうろ歩きます。
お土産もの屋さんがあったので、ここで最後の買い物です。
ついに、最後の1万円札が崩れてしまいました。
お約束だね
まりもっこり
色々ご当地もんが揃ってます なぜに魚・・・
前回も、旅の思い出にゆうちゃんとお揃いで買った革製品の「芭蕉庵」さんに行き、今回もお揃いで革のキーホルダーを買いました。
「芭蕉庵」さん
最後に、ゆうちゃのリクエストで、閉店ギリギリに「ベネツィア美術館」のグッズコーナーに行き、ゆうちゃん、なにやら購入していました。

-18:15-
いい時間になりましたね。
札幌に移動します。
さぁ札幌に行きますよ 行きの船から見たネオン
R5を札幌へと走ります。

札幌に入ると割りと混んできました。
平日の通勤渋滞でしょうかね。
奈緒美のひとりごと
焼もちやくならつぶ焼いて!!
・・・奈緒美って誰??
-19:20-
北大付属病院近くのカレー屋さん「心」に到着しました。
それにしても、札幌暑い・・・

札幌でカレーといえば、スープカレーです。
スープカレーとごはんは別々に出てきますが、混ぜて食べないのが作法だとか・・・。

しばらく待って座ることができました。
「心」さん メニューです
スープカレーの種類、辛さ(1〜100まで)、ごはんサイズ、トッピングを選びます。
Rockzは骨付きチキンのスープカレーでごはん並の辛さは3
ゆうちゃんはシーフドのスープカレーでごはん並の辛さは10(だったかな??)でオーダーします。
骨付きチキンのスープカレー おいしそうです ゆうちゃんの食べている途中のシーフード
初心者は5までの辛さですが、3でおいしく食べられるほど。
辛いのが好きなゆうちゃんは10でもまだいけたとか言ってます。

-20:10-
ごちそうさまでした。
本当は、このあと札幌ラーメンの人気店「すみれ」も行こうかと言っていたのですが、苫小牧までいくのに、あまり時間的な余裕がなくなってきたし、断念することにしました。

ゆうちゃんが、「昔住んでいたところ通ってもいいですか?」というので、ゆうちゃんの青春を懐かしみに行ってから、高速ワープで苫小牧に行くことにしました。

R5に出て、まずは見つけたコンビニで明日の朝ごはんと夕飯と今日のお夜食を購入です。

で、ゆうちゃんの昔住んでいたところに行きました。
おーここなんだね
懐かしさをひきずりながら、苫小牧に向けて出発です。

-20:25-
札幌新道・札幌北ICから高速に乗ります。
ETCありました
すぐに札幌JCTで道央道に入り南下します。
札幌JCTです
-20:30-
千歳恵庭JCTを通過してまだ南下していきます。
前回は夕張から高速乗ったなぁ
-20:35-
千歳の本線料金所を通過です。
千歳の料金所
もう雨は降らないだろうと思っていましたが、最後の最後で降られます。
苫小牧のちょっと手前の陸橋下に急停止、レインウェアを着ました。

着たらさっさと出発です。
しかたないねー すんげぇ暗い道
-21:05-
道央道・苫小牧東ICで高速を降ります。
苫小牧東ICで降ります 料金所
前回は、西港と東港を間違えてえらいめにあいましたが、今回は間違わず東港に行きます。

ちょこっとだけ、日高自動車道ってのがあるらしいですが、側道走ってもたいしてかわらないので、道道91号を走ります。
下道に下りて信号待ち
信号待ちしていたら、高速上でパトランプが回ってとまっています。
どうやら誰か捕獲されたみたいですね。

R235を走って行きます。
それにしても、苫小牧は遠い・・・

ガソリンが結構少なかったので、苫小牧で入れておくつもりでしたが、フェリーターミナルまで来てしまいました。

-21:45-
苫小牧東港に到着しました。
行きに往復分の乗船手続きしているので、ここでは不要です。
おつかれー チェックインは不要 帰りのフェリーです
ちょこっとターミナルビルを見てからまったりします。
何積んでるんでしょね 帰りのチケット
怪しい物体 だんだん増えてきました
-23:00-
乗船開始です。
行きと同じで「ハンドル切って、ギア入れて〜」と言われますが、ギアないからパーキングブレーキかけておきました。
さぁ乗り込むよ〜 順番に停めていきます 荷物おろして部屋行くか
帰りも一等でのんびりします。

まま、無事北海道内が終了したので乾杯です。
北海道限定サッポロクラッシック かんぱーい おつかれー 厚岸の蒸し牡蠣
まもなく出港するみたいなので、デッキに出てみます。
通路が下がって行きます 車両通路も離れています さらば北の大地よ
-23:50-
定刻どおり出港です。
早かったね一週間。
またきっと来よう。
さよならするゆうちゃん 離岸しました さようなら
楽しかったよ
ありがとう
出港したら、危険ですから中に入ってくださいと船員さんに言われたので、中に入ります。
出港したところ
一等ブロックブの通路を歩いて部屋に戻ってきました。
431号室です
-24:30-
明日は時間がいっぱいあるから、今日は寝てしまいます。

本日の走行距離 458km
通算の走行距離 2,889km

さらば北の大地よ。
今度はいつ行けるかな・・・来年は無理でも再来年には行きたいものだ。
待ってろよ。北の大地。
明日は一日ゆっくりと船上生活。社会復帰の準備だな。
全体走行マップ 道内7日目走行マップ

←第7日に戻る  最終日につづく→

おでかけ一覧へ   記事一覧へ   「食は此処に有り」へ


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.