RockzGoodsRoom > Outing > Outing2009 >

RockzGoodsRoom > PAST Contents > Motorcycle2009 >

 北海道(北海道で走ろう!2009) (2009/08/14〜22)

第1日(8/14)   第2日(8/15)   第3日(8/16)   第4日(8/17)   第5日(8/18)

第6日(8/19)   第7日(8/20)   第8日(8/21)   第9日(8/22)

8月22日(第9日)

●本日の参加者:
occhanさん、Rockz 計2名
●本日の移動先:
舞鶴

-05:00-
S寝台のほかの仕切りで、ばぁさんが話している・・・おーい。こんな早朝からでかい声でお友達と話すなよ。外行け外。
そんなわけで、ばぁさんの声で目が覚めた。最悪だ・・・。昨日のトランプの一団の人だろうか・・・。

-06:00-
ウォークマンで音楽を聴きながら、なんとかもう一度寝ようとするが寝れない・・・。
そのうち孫と思われるちびっ子がばぁさんのとこに来て騒ぐし・・・。
もういいや起きよう。

今どのあたりか見に行ってみる。
秋田のはるか沖合い 日没は18時38分
後部デッキに出てみます。
朝の日本海 まっすぐきてます いい天気になるかなー
真ん中の吹き抜けはひっそりと静まっていました。
ここだけすごく豪華
トイレの横にあるコインランドリーはフル稼働していました。
現在満杯
-06:20-
朝ごはんにしようかな。
昨日コンビニで買った、パンと野菜ジュースです。
食物繊維足りていないかも
しばらく、寝台でレポつくったりしてました。

-07:45-
一番風呂を狙いにいきます。
まだカギかかってますねー。8時からなので、もう開くでしょう。
前で待ってたら、係の人が開けてくれました。あとから来たじいさまが一番に暖簾をくぐっていったのですが、脱ぐ早さで一番風呂ゲトです(笑)
一番風呂を目指す 入ったのは一番(笑)
風呂上り、パソコン持ち出して、海を眺めながらレポします。
風景変わらないけど 画像処理と加工に1日分1時間半くらいかかる
-10:30-
姉妹船とすれ違います。
今から北海道いいなぁ(笑)
きましたきました 気をつけていってらっしゃーい
ふと隣の席をみると、カップルが椅子を並べて座ってました。
通る人、みんな迷惑そう・・・。
それはあかんやろ
それにしても、日本海上を進むのはまったく景色が変わりません。
ちょっとどんより
-14:15-
8/18〜21の4日分の画像整理と加工ができて、キリがついたのでお昼御飯を食べに行きましょう。
現在 能登半島沖
お昼はカフェでビーフカレーと生ビールにしました。
ジンギスカンも考えたのですが、気持ちの切り替えで、社会復帰していかねばならないので、脱・北海道気分です。
カレーとビールもなかなかいいよ
しかし、食後はやはり北海道気分をまだ引きずっていて、クラシックの350とじゃがりこで調整。
クラシックうまいんだもん
そして、そのあと爆睡モードで昼寝に入ります。
今度は邪魔されないようにウォークマンで音楽聴きます。
結構、朝話していたばぁさんの孫がS寝台の通路を走り回ったりしているのでね。

-17:40-
てことで爆睡して目覚めました。
あー。よく寝た。
敦賀沖ですな
夕日を撮るのに場所とりいきますかね。
だいぶん夕方の空 もう秋も近いですかね
昨夜のオタクが一番いいとこに立ちはだかっていました。
おめーはずっとそこに立つのか?
帰りの日没は、ちょうど救命艇を降ろすクレーンの影になっちゃいますね。
しばらく立ってたオタクですが、どこぞのお年寄りに注意?されて低くなってました。
うーん夕日撮れるかな だんだん夕方の空になってきた 飛行機雲が一条
うまく隙間から撮れるといいけど うーん・・・ おおっ
最終日の日が沈む 太陽また明日 おーい・・・
日が沈みつつあるとピントが合いません 引くとなんだかわからないしなぁ 縦もなかなかいいんじゃない?
一眼あったらなぁ 隙間狙い
なんてことをしているうちに、夕日は雲の向こうに沈んでいきます。
雲が下端にかかっていきます 雲に隠れていきますね
ああ・・・見えなくなる さよなら太陽
薄明ですね。マジックアワーだ。
日没直後の一瞬の明るさは感動させられるものがあります。
薄明の時 ちょっとの時間で空は闇へと移ります
携帯がぼちぼち圏内になりますねー。
しかし、船には公衆電話もあります。
実際使っている人も多いです テレフォンカードも使えます
しばらくS寝台の自分のスペースでレポしたりしていました。

-19:45-
ぼちぼち片付けますか。
舞鶴湾に近づいてきました
下はもう帰るだけなので、革パンからジーンズに替えて、スリーシーズンジャケットもメッシュにできる部分はフラップ全部あけて、風通しをよくしておきました。

で、下船案内がアナウンスされるまで、自分の寝台で寝転んで待っていました。

-20:40-
下船案内のアナウンスが流れました。
下船準備するか
車両甲板に行ってびっくり。行きと違って、車は満車状態ですねー。
バイク降りるの時間かかりそう。
バイクに荷物積みます 車いっぱい ほんといっぱい
-20:55-
港にほぼ着いたのでしょう。扉が開きはじめます。
おっと開くぞー
扉のとこに行って、写真撮ることにしました。
前と後ろのロープの張り具合で位置の調節をしています。
スロープが見えてきた もう少し もう少し
ゆっくり近づきます だいたいOKな位置です
スロープは船にアンカーされます。
スロープを船に引っ掛けるんだね まもなく本州と続きます 本州への道が完成
早速車が降り始めます。
ナビのスイッチを入れて、自宅への検索をかけました。
すると・・・。
まだ小樽にいます(笑) 1,589km 18時間!!
ASERIESさんはこんな感じで帰ってきたんだねー。
車の下船待ち中
さて、車もだいたい降りてきて、バイク出してーと誘導がありました。
下船は、一番に入ったから、一番に出るとは限りません。まぁバイクなんで順番早かろうが遅かろうがそんなに時間変わりませんからねー。
バイク出します 下船していきますよ
-21:20-
ようやく本州に降り立ちました。
ただいまー
ささっと記念撮影します。
こっちのアングルよりは やっぱりこっちがカッコイイ
しばらく感慨深く、TMAXを眺めていましたが、トラック貨物の出入に邪魔になりそうだったので、さっさと立ち去ることにしました。
といっても、まわりにはバイクはいなくて、最後の一台になってましたけどね。
30℃超えてます
蒸し暑い
市道からR27に出る交差点はバイク渋滞してました。
みんな高速かな?
人気のない商店街を過ぎていきます。
行きもそうだったな
「天下一品」に吸い込まれていくライダーが多かったですが、そのまま帰るとします。

府道28号を走り、高速へと向かいます。

-21:35-
舞鶴若狭道・舞鶴東ICから高速です。
意外とETCのついていないバイクが多くて、一般レーン大渋滞。
ついていてよかったー
ひたすら南下していきます。
街灯もないような高速道路なので、後ろに車とか走っていなかったらバックミラーは真っ黒です。
こわいよー
-21:50-
綾部JCT通過です。
結構涼しいかも
しかし、トンネルの中に入ると、逃げ切らずたまった熱気が襲ってきます。
あついー
-22:25-
快走して、吉川JCTです。
中国度に入ります
-22:30-
神戸JCTを過ぎ、すぐに中国道・西宮北ICで下車します。
神戸JCTです そして西宮北IC
料金は1,000円でした。
空いていて1,000円なのは嬉しいですね。

県道82号から、R176と走ります。
宝塚駅
-22:55-
無事帰宅しました。

本日の走行距離 123km
通算の走行距離 2,422km
道内の走行距離 2,177km

帰宅後、余力のあるうちに、洗濯機まわして、ある程度の片付けを済ませておきました。

ちなみに、今回の北海道遠征では、ホクレンの旗は2本しかゲトできませんでした。
あと2色くらいはあったはず
いつもなら3,000kmを超える旅になっていたのに、今回は2,500km弱でした。
その分、色々なところに寄って、色々楽しんで、早めに宿に入って、次の日に疲れをなるべく残さないといった、かなり重点的な楽しみ方ができたと思います。
もう4回目、まだ4回目。
北海道の楽しみ方はまだまだいろいろありそうです。

〜 エピローグ 〜

●この旅で・・・前回までで果たせなくて果たしたもの。

おたる水族館、オホーツクとっかりセンターには以前から行きたかったのが行けた。余市宇宙記念館がつぶれちゃったのは残念でした。
音威子府の駅そば、サンマ丼、釧路ラーメン、スープカレーやジンギスカンは新たなところでいただけましたね。

●前回までと今回をあわせて、またまた欲張りだがやりのこしたこと(新たな野望)

○行き損ねた(見損ねた)ところ、行く予定がなかったが、行きたいところ。

のぼりべつクマ牧場、摩周湖(霧でない時)、小樽交通記念館、、網走北方民族博物館、オホーツク流氷館、礼文島、奥尻島。次回はやはり稚内2泊で利尻・礼文に時間をかけたいです。

○食べ損ねたもの、行く予定がなかったが、食べたいもの

あわび丼くらいかなぁ。結構食べつくしてきましたね(笑)スープカレーは依然としてもっと食べたいし、ジンギスカンの食べ歩きもまだまだしたいです。
エゾしかバーガーも機会があれば食べてみたいかも。あと、釧路の炉端でやはり飲みたかったなぁ。帯広の豚丼も奥が深いです。また別の店も行きたいなぁ。


走り出す前のバイクは、ライトがつかなかったり、低回転での吹き上がりが悪いとか、不安要素は色々あったのですが、結果的には何のトラブルも出ず、すこぶる快調に走ってくれました。

前半ごいっしょしていただいたnoriさんありがとうございました。
時間の制限があるにもかかわらず、私の予定に便乗していただいて嬉しかったです。またいつかいっしょに北海道を走れるといいですね。
これまでいっしょに北海道を走ってきた盟友ゆうちゃん。たった一夜のために、わざわざ札幌に来てくれてありがとう。楽しい札幌ナイトになりました。またいつか、いっしょにフルタイム北海道を走りましょうね。

来年、また北海道を走れるか、それはわからないけど、必ずまた北海道を走りたいですね。
何度行っても、やはり北海道だけは別格だと思います。
まだまだ行っていないところ、食べていないもの、ありますからね。

そうなってくると、プランは案外早くできたりしますよ(笑)
走行マップ

←8日目に戻る

おでかけ一覧へ   記事一覧へ   「食は此処に有り」へ


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.