RockzGoodsRoom > Outing > Outing2013 >

RockzGoodsRoom > PAST Contents > Motorcycle2013 >

 北海道(北海道で走ろう!2013) (2013/07/06〜14)

第1日(7/6)   第2日(7/7)   第3日(7/8)   第4日(7/9)   第5日(7/10)

第6日(7/11)   第7日(7/12)   第8日(7/13)   第9日(7/14)

〜プロローグ〜

毎回思うが、北海道は毎年行くぞー!!と思って行ける場所ではないですね。
今年は春にイタリア行ったし、TMAX530に乗り換えたし、かなり浪費自分に投資しています。
そんなわけで、今年の夏は質素に過ごそうかと思っていたのですが、仕事の夏休みも短縮されると言われつつも、今年も例年通りいただけるようですし、こぢんまりした職場に異動になったものの、まとめて休めそうな雰囲気だし、なにより新車パワーのあるうちに(笑)行っておこうと思い今年も北海道に行くことにしました。

例年なら、8月の盆過ぎに行くのですが、今年は仕事の具合と職場の他の人との休みの調整上7月上旬しかまとめてとれないと判明。
それもよくよく調整すると、7月6日(土)に休日出勤があり、そのあとでないと出発できないという、その日からしか最大限利用できる予定が組めません。
しかし、次の週に海の日があるので、日曜に帰ってきても月曜日一日休めますね。さすがにいっぱいいっぱい走って翌日から仕事はきついです。

頭の中でざっくりとした行程を考えてみる。
今回は、20タワー制覇も目的のひとつです。

5月7日
新日本海フェリー」を予約する。
予約は、乗船日の2ヶ月前の平日から始まります。
さすがにサクサク繋がり、あっさりゲット。

5月8日
頭の中にあるプランを基に、宿だけとりあえずとってしまう。
なんだー??旭川に7月9日に泊まろうと思ったけど、どこも満室ですねー。なんかあるのか??
オスパーは嫌なので、プラトンホテルにしておくか。

5月9日
旭川では松尾ジンギスカン食べたいなぁと考えていたら、よく考えたら滝川でもいいんじゃないの?と思い、旭川泊から滝川泊に変更。

5月13日
帰りの便を予約する。復路もすんなり予約完了。
これで往復と宿は押さえたので、詳細を考えていきましょう。

5月21日
1週間ほど放置していて、文字にして予定を書いてみたら・・・あら?12日の宿泊先が決まっていない!!
むー。前日は函館泊、翌日はフェリーで帰路に・・・どうしようか。
地図を眺め考えていたらひとつの場所が・・・。「奥尻島」
そういえば、長年行ってみたかった場所の一つですね。
ちょうど予定に当てはまるので、奥尻島に渡ろう。
というわけで、粗方の予定が決まった。


  7月06日(土) 休日出勤終了後、舞鶴港へ。
  7月07日(日) 深夜出港、一日船上の人。夜、小樽着
  7月08日(月) 宗谷岬。南稚内泊
  7月09日(火) 紋別、旭川経由で滝川泊
  7月10日(水) 富良野、帯広、夕張経由で札幌泊
            ※札幌テレビ塔スタンプゲット
  7月11日(木) 積丹半島一周。そして函館泊
            ※五稜郭タワースタンプゲット
  7月12日(金) 江差からフェリー、奥尻島泊
  7月13日(土) 瀬棚へ渡り、札幌で夕食ののち、小樽からフェリー
  7月14日(日) 夜、舞鶴港着。帰宅。
 

今回は道東諦めました。金曜の夜出発できるのであれば行けたんですけどねー。

その後、いつものようにドタバタしていたり、前週には東北へ半分仕事で行ってたりとかで、なかなか準備が進みませんでした。
なんとかちょこっとずつ準備はしましたが、結局ギリギリまでかかってしまうことになります。


7月6日(第1日)

●本日の訪問先:
舞鶴

-07:00-
目覚める。
休日出勤の集合はちょっとゆっくり目に指定されていました。

最終入れる荷物を除き、ほとんどのものをパックしてしまいます。
前回のおでかけまでのレポも完成させて、スッキリして行けますね(笑)

北海道の週間天気予報とか、フェリーの予約状況とかみてみました。

まずは天気予報。
後半は雨っぽいですねー。

  

続いてフェリーの予約状況。

往路
復路
ツーリストSはどちらも満席ですねー。
ちなみに、私もツーリストSです。完全個室ではないですが、出入口がカーテンで、あとは壁という、
そこそこプライバシーのある場所になっています。

-09:30-
では仕事行きますか。

ドタバタと夕方まで仕事です。

夕方にはゲリラ豪雨的に降ってきましたねー。
夜までにはやむかな。

-18:00-
仕事終了。帰宅して、シャワー浴びて8時には出発したいけど間に合うかなー。

途中、あまりにもおなかが空いたので、「丸亀製麺」で冷やかけ食べて帰りましたよ。

帰宅途上でもかなり雨。
ワイパー最大速でも見えないくらいでした。この雨が続くと嫌だなぁ。

-19:10-
帰宅。

まずはシャワー浴びてさっぱりします。
今日はめちゃくちゃ汗かきましたよ。

最後の荷物を入れて、TMAXに荷物を積みます。
雨はなんとかやんでますが、山間部通るし、路面はまだ濡れているだろうから、諦めてレインウエア着て行くことにしました。
それに伴い、革パンはツーリングバックの中に入れ、ジーンズで行くことにします。

-20:30-
では行きますか。30分ほど出遅れたな。

上はTシャツの上にスリーシーズンジャケットのインナーなしフラップフルオープン。
下はジーンズ。
レインウェア装備で行きます。

いやぁ、準備だけで汗だくになりましたよ。
では行こう
裏道通って、R176へ。
雨はポツポツ
湿度が高い上に、土砂降りになったにも関わらず、気温がそう下がっていません。
27℃だって
-20:55-
県道84号から中国道・西宮北ICで高速に乗ります。

そしてすぐ神戸JCTを通過します。
西宮北です
横の車線からフィットが割り込んできて焦った
神戸JCT通過ー
風が当たっていると、暑さもマシですねー。

-21:00-
吉川JCTで舞鶴若狭道へ。
吉川ですよ
ガスってますねー。
雨じゃないですが、霧っぽくてべったり濡れてしまいます。
幻想的だよ
-21:25-
京都府に入ります。
トンネル抜けると京都府
福知山ICから片側一車線になります。

私市円山古墳がライトアップされてますねー。
UFOのように見えますね
-21:40-
綾部JCTを通過します。
もすぐここから大山崎まで繋がるかな
-21:50-
舞鶴若狭道・舞鶴東ICで高速を降ります。
舞鶴です
府道28号から、R27へ。

-21:55-
いつものガソリンスタンドで本州最後の給油です。
次は苫前くらいで入れるかなー
舞鶴の商店街沿いを走ります。
この時間は閉まっている店多し
-22:05-
前島埠頭手前のコンビニで、お茶とか明日の朝食とか買います。
お世話になってますセブンイレブン
市道に入りフェリーターミナルへ。
フェリー来てますね
-22:20-
新日本海フェリー」舞鶴港前島埠頭にやってきました。
バイク、結構いますねー。

まずはレインウェアを脱ぎ去ります。
隣は自衛隊車両の列ですねー。

三脚出して夜景モードで記念撮影します。
これからよろしくねー 旅仕様です
ハーレーな人とかBMWな人多いですね。
年齢層も結構高いです。学生とかは今試験シーズンかな?もう終わっていると思うんですけど、やっぱり若年層のバイク離れはあるんですかね。
結構台数はいますけどね
eチケットなので、乗船手続は一切なしですが、いろいろ情報が出ているので乗船受付までは行ってみましょう。
乗船開始は23時 北海道の天気はいいみたい
今日乗るのは「はまなす」号です。
日本で30ノット以上の速度で航行するフェリーは、舞鶴−小樽航路の「はまなす」と「あかしあ」だけです。
大きさも日本一のフェリー トラックとか荷物積んでます
バイクのところに戻りますか。

自衛隊の車両は、何の部隊ですかねー。
レーダー??
海上輸送用カバー装着
バイク、そんなにもう増えないですね。最後くらいだったのかなー。
盆時期よりは格段に少ない
-22:45-
自衛隊車両が乗船するようです。
3台体制の部隊 ナットのロックが一目でわかる
「高○○○」って車両に書いてましたね。
兵科の略称ですかね。

1台目はでかい箱を牽引していました。
2台目は土台?を牽引 3台目はレーダー?を牽引
北海道に演習で行くんですかねー。
自衛隊車両がいなくなって船が見えた(笑)
-22:55-
「はーい。バイク準備してー」と言われます。

-23:00-
乗船開始です。
待機ちう いざ乗船
隣の2列が乗船して、最後の列になりました。
いよいよですよー
北の大地に繋がる道を走ります。
上にあがります いざ北海道へ!
誘導され、所定の位置へ。

すぐさま荷物をはずして船内へ。
周りの人に比べて異様に早い撤収具合(笑)
eチケには部屋の場所も示されているので、直接ツーリストSのスペースへ。
おっと、貴重品ロッカーもキープしておかなくちゃ。

短パン、つっかけでビールを求めにいきます。
出港まで小一時間
5階に生ビール屋台あったのになーと思いましたが・・・ない・・・。
船尾まできましたがない
売店でサッポロ・クラシックを買って、旅の無事を祈り1人乾杯(笑)
ちなみに売店で生ビール屋台聞いたら22日かららしいです。
この旅で何本飲むかな
-23:45-
出港まであと20分、外に出てみました。
既にこの通路しか繋がっていません 事務所は出港後仕事終わり
護岸に数字書いてますねー。
ここまでで100m?
事務員のお姉さんが走ってきました。
最終乗船名簿ですな
-23:55-
出港まであと10分。
唯一繋がっていたブリッジがはずされます。
お姉さん駆け足で帰る はずれました
港の作業員さんたちが、繋留を解いていきます。
お願いしますー
ブリッジはシャッターが閉められました。
閉店ガラガラー
すべてが解かれ、微妙に離岸していきます。
何もないです 微妙に離れる 陸地と離れました
-24:00-
定刻より5分早く出港しました。
アポジモーターで横移動 見送ってくれます さらば舞鶴 さらば本州
作業員さんたちが手を振って見送ってくれます。
実は、こうして外で見ている乗船客は5人ほどだったので、寂しいからこちらから元気に手を振り返しました。
いってきまーす
さて、自分のスペースに戻りますか。
船内予定表
歯を磨きに行って、早々に寝るとしますよ。

テレビは、イヤホンでだけ音声が聴けるようになっています。
衛星放送でF1の予選やってた ニコ・ロズベルグのオンボード
コンセントも自分のスペース用にあるのでうれしいですねー。
これあるとないとじゃかなり違う
てことで、心地よい揺れのなかすぐ眠りました。

本日の走行距離 121km

いよいよ、北海道への旅が始まりました。
今回はどんな旅になりますかねー。
無事故・無違反でいれますように。
明日は一日船上の人で、夜、小樽に到着します。 
7/6走行マップ

2日目に続く→

おでかけ一覧へ   記事一覧へ


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.