RockzGoodsRoom >

 Rockz の愛車 JADE と、車の話題の部屋です。
  ※ここに掲載のカスタムを参考にされる場合はあくまでも個人の責任でお願いします。
  ※イベントに参加される場合はすべて個人責任です。体調、マシンの状態、その他については自己管理してくださいね。

Last Update 2021/10/18

2018年2月26日から無事故・無違反 日継続中です(^_^)ノ

        


  

      HONDA CIVIC LX (6BA-FL1)


Front Vew


Rear Vew
Rockz の7代目の愛車です。HONDA CIVIC。排気量は1500cc+ターボ。色はソニックグレー・パール。2021年(令和3年)10月、6年乗ったJADEより乗換購入。

先代(六代目)Rockz号のJADEについてはこちらをご覧ください。
五代目Rockz号のSTREAMについてはこちらをご覧ください。
四代目Rockz号のEdixについてはこちらをご覧ください。
三代目Rockz号のODYSSEYについてはこちらをご覧ください。
二代目Rockz号のAccordについてはこちらをご覧ください。
初代Rockz号のDOMANIについてはこちらをご覧ください。

先代Rockz号だったJADEは、走りと積載性を両立した、本当に楽しい車でした。
基本性能が素晴らしく、ワゴンタイプが日本では不人気な中、「ホンダ、よくやった!」とうなづける車で、ライフスタイルにもちょうどいい、最高な一台でした。

2040年にHondaはガソリンエンジンを完全にやめると発表。今後は、ハイブリットを中心として、そこからも撤退していくものと思われました。
そんな中、CIVICがフルモデルチェンジして発売されるという話があり、しかもハッチバックのみの設定という。
先行発売はガソリン車のみでATとマニュアル設定。
恐らく、Hondaの今の方針から言うと、走って楽しい車を本気でつくるのは、これが最後かもしれない。
TypeRも出るでしょうけど、さすがに買えない(笑)
というわけで、試乗車が準備できたところで試乗してみると、JADEと同じ1.5L+ターボなのに、全然違う!これ楽しい!
ということで、即日オーダー決定。
Hondaの安全装備、「Honda SENSING」もアップグレードされ、
「VTEC TURBOエンジン」とパドルシフト、ステアリング電子制御はJADEでも体験済みの「アジャイルハンドリングアシスト」を装備し、「爽快シビック」の名ではありますが、剛性を高めたボディで、これ、本気で走るマシンです。
長く乗れる1台になりそうですし、Honda最後の楽しめる1台となりそうです。
カスタムについてざっと書きますと・・・

 (以下先代Rockz号からの引継)
 YUPITERU Super Cat A360α
 joyhouse TPMSタイヤ空気圧監視モニター
 (以下納車時新規取付)
 無限 ベンチレーテッドバイザー
 無限 リアバンパーステップデカール
 無限 フロントグリルデカール
 無限 ヘキサゴンオイルフィラーキャップ(グレーシルバー)
 無限 ハイプレッシャーラジエターキャップ
 無限 ドアハンドルプロテクター
 HondaAccess LEDフォグライト
 HondaAccess サイドステップガーニッシュ
 HondaAccess フロアカーペットマット(プレミアム)
 HondaAccess パドルライト
 HondaAccess フットライト&シートアンダーライト
 HondaAccess ラゲッジトレイ
 HondaAccess ライセンスフレーム(ダーククロームメッキタイプ)前後
 HondaAccess ナンバープレートロックボルト
 YUPITERU Q-30R
 YUPITERU OP-VMU01
 MITSUBA SLIMSPIRALII
 (以下2021/10/02追加)
 カーメイト RP124 SUPER GRIP PEDAL フットレスト
 カーメイト DZ448 リヤビューミラー エッジ 3000SR 300 ブルー (2021/10/09取外)
 シャープ IG-NX15-B プラズマクラスターNEXT
 星光産業 EW-130 アクセントプロテクター
 星光産業 EW-58 ドアガード EXEAスリムプロテクタープラス3 スモーク
 HASEPRO HPR-DR2R ドアリフレクションサイン
 セイワ K385 バンパーガード カーボン柄
 セイワ K230 スリムタッチアース
 槌屋ヤック PZ-604 リアハッチガードBK
 ナポレックス Fizz-1076 ダブルフック
 Te-Rich シガーソケットUSB車載充電器 3連ソケット 4USB
 Jusby ドアヒンジカバー
 Yamiten 衝撃吸収ガスケット
 Raksonic 車用収納 サングラスクリップ
 ノーブランド 無限ドアストライカー
 (以下2021/10/9追加)
 カーメイト DZ446 リヤビューミラー エッジ 3000SR 270 ブルー
 ノーブランド ウエットカーボン調 汎用プロテクター


  

 久々にDakotaでランチ

先週土曜日は、緊急事態宣言も明けたので、久しぶりにDakotaに行って、美味しいハンバーガーを食べてきましたよ。
やっぱりDakota最高!
その後は、ちょいと山走って帰ってきました。
詳しくはこちらからご覧くださーい。

 ドアパンチ対策

今の駐車場、現行犯で見ていないですが左隣の方がどうもドアパンチしています。
する可能性あるなら、せめてドアのエッジガードとかしてほしいんだけどなぁ。
右隣の方はされています。自分もしています。お互い様ですね。

左はいつまでたってもしてくれないし、JADEの時は結構同じところにタテ傷が入り、気が滅入ったこともあって、その後コンパウンドでなんとか修復しましたが、そこにノーブランド ウエットカーボン調汎用プロテクターを装着していました。

JADEはダークメタリックなので、貼ってもあまり目立ちませんでしたが、今度はどうかなぁ。

アメリカ市場向けの、CIVIC FL1用ドアサイドモールってのも、あるにはあるんですけどね。

    同色でつけられる

JLKJ873BSM01 って品番らしいですが、楽天とかで出ているのを見ると、価格は37,800円(税込)
うーん。そこまでは出したくないなぁ。

そんなわけで、JADEと同じようにプロテクター装着を、近所の大型スーパーの駐車場をお借りして、先週土曜日にささっと広々作業することに。
元々は納車の日の作業でする予定だったんですが、購入し忘れていたんですよね。

JADEの時の位置関係は実測していたので、それと同じなら間違いないはず。

    前はこの位置だった

マスキングテープと油膜取りなど持って、スーパーへ。

まずは、HP素材用に全景画像をとります。
後日、無限のリアウイングを装着するので暫定ですが。

    左前から

    右前から

    左後ろから

    右後ろから

朝の空いているうちにと思ってきたので、影が長い・・・。

さて、気になっていたルームミラーをカーメイト DZ448(300mm)からDZ446(270mm)に交換。

    これですな

    比較してもそう違わない

    300mm

    270mm

あー、やっぱり、270mmのほうがしっくりきますね。
画像で見る限りは「そんな違いある?」ってほどかもしれませんが、こういうところは微妙なところがずっと気になったりするんですよね。
300mmのミラーが無駄になりましたが、何年もどうかなぁと悶々とするよりはいいです。

では、プロテクターを貼っていきますか。
縁石から200cm、地面から63cmがプロテクターの後ろ端。
基本的には、タイヤのインチサイズは違いますが、車が変わっても位置関係が大きく変るはずはないです。

マスキングで位置決めして、さぁ貼ろうと思ったら、あら、家にプロテクター置いてきたよ。

ということで、駐車場で作業させていただいたお礼がてら、買物してマスキングテープ貼ったまま帰宅。

    これを発見する人はいないだろう(笑)

帰宅して、プロテクターとってきて駐車場で貼ります。
そうそう、JADEの時も装着しましたが、パドルライトってちょっと雰囲気よくて好きです。

    ステキ

元々は、夜に土のところに駐車して、降りたら水たまりだったということとかあったので、それを避けられるのならばということで付けたのですけどね。

    サイドステップガーニッシュも光る

では、プロテクター貼りますか。

    これね

貼ってみて、左の車が止まっているので、ドア軌跡を考えながら見てみると、なんか前に寄っているなぁ。
割とプロテクターの守備範囲がギリギリですね。
ということで、急遽、縁石から190cmの位置に修正。

    ふむまぁいいか

ぱっと見、そう違和感なかったです。

    オッケー

これで、少なくともドアパンチからは守られますね。

 CIVICの慣らしと丹波の秋の味覚狩り

先週火曜日に休暇とって、ちょうど丹波の黒豆枝前の解禁日となりましたが、CIVICの慣らし運転兼ねて、秋の味覚狩りに行ってきました。
詳しくはこちらからご覧くださいねー。

 新型シビック・ハッチバック納車

先週土曜日は、ついに新型CIVICの納車日となりました。
納車後は、いつものように自分で小物取り付けたり。
詳しくはこちらからご覧くださいね。

 JADE最後の給油

前回の給油から、10月2日の新型CIVICへの乗り換えまで、そう遠出はしないので、ガソリンギリギリ持つかなと思っていたのですが、昨日の仕事帰りに給油ランプが着きました。

    あー点いたね

日曜に打ったワクチン接種2回目の副反応が出て、月曜は大事をみて仕事を休んだのですが、昨日はどうしても出勤しなきゃいけない仕事があり、微熱が出ていたのですが出勤。
用件終わり、早退したのですが、ランプ点いたから入れて帰りましたよ。

ランプ点いた時点で、50q程度走れるというのが一般的。
通勤であと3日、土曜日はHonda Cars北伊丹店へ。
確実に50q以上は走りますな。

というわけで、いつものスタンドで、10Lだけ入れることにしました。

    レギュラー入りますー

ちなみに、10Lで100km以上は走れます。

燃費記録つけているのですが、通算123回目の給油。
合計給油量は5,982.7L。お支払い総額は802,915円となりました。
通算燃費は10.47km/L。
カタログデータ(JC08モード走行(国土交通省審査値))では18.0km/Lですので、カタログデータの約58%ですので、まぁそんなもんでしょう。

というわけで、あと少し、いたわって走ろう。

 Honda製品の生産状況

新型シビックについては、なんだか結構順調な生産体制のようですが、新型ヴェゼルは1年以上納期が遅れるというのもあるらしいので、調べてみると、「Honda製品の生産状況について(9月14日時点)」というのがありました。

読んでみると、やはり半導体供給不足による影響に加え、海外におけるコロナウイルス感染症に伴うロックダウン影響などの複合的な要因により、部品入荷や物流に遅延が発生しているとのこと。
その影響でHonda国内工場では生産停止や一日当たりの生産減産調整などによる影響を受け、当初計画に対する生産稼働率は、現在のところ、2021年8-9月は約4割程度、10月上旬は7割程度に留まる見込みとなっているそうです。

■生産影響が生じる主なモデル:
N-BOX、N-VAN、ヴェゼル、フィット、ステップワゴン、オデッセイ等

■四輪完成車生産工場(8-10月上旬):
工場名 生産稼働率 主な生産モデル
8〜9月 10月上旬
鈴鹿製作所 第1ライン
第2ライン
約3割 約6割 ヴェゼル、フィット、シャトル、Nシリーズ
埼玉製作所 狭山工場 約6割 約6割 オデッセイ、ステップワゴン、レジェンド、クラリティ
寄居工場 約9割 (正常稼働) フリード、CR-V、インサイト、シビック、Honda e

鈴鹿工場約3割って厳しいな。売れ筋商品生産工場なのに。
寄居工場が一番稼働率高いですね。ちなみに、新型シビックは寄居工場で生産されています。
これまで通りの英国工場だったら、いつ上陸していたかわからないところでしたね。

    寄居工場(資料映像)

ちなみに、各工場の生産能力は以下のとおり。

工場名 事業 生産開始 生産能力
三重県 鈴鹿製作所 第1ライン
第2ライン
四輪車製造 1960/4 53万台/年
ホンダオートボディー 四輪車製造 2018/4 3.6万台/年
埼玉県 埼玉製作所 狭山工場 四輪車製造 1964/5 25万台/年
寄居工場 四輪車製造 2013/7 25万台/年
小川工場 四輪車用エンジン製造 2009/4 25万期/年

JADEやCIVICの1.5L ターボエンジンは小川工場で生産されていますね。
ホンダオートボディーは、N-VANや S660を生産しています。N-VANは鈴鹿製作所でも生産されているのですが、どう仕分けしているのでしょうね。
NSXはもう生産終了となりますが、アメリカ・オハイオ工場で生産されています。現行のアコードは、タイ・アユタヤ工場での生産です。

工場出荷目安の表というものもありました。
9月17日時点の情報ですね。
車名 目処 備考
NSX 一部のNSX Performance Dealer では取り扱いを終了。限定色「カーボンマットグレー・メタリック」は完売。
レジェンド 一部タイプ・カラーが選べない場合あり。
アコード 3ヶ月程度  
インサイト 1ヶ月程度  
シビック 3ヶ月程度  
オデッセイ ガソリン車:2ヶ月程度
e:HEV:3ヶ月程度
 
ステップワゴン ガソリン車:−
e:HEV:2ヶ月程度
部品供給遅れにより、一部販売会社では注文を受付できない可能性あり。
フリード ガソリン車:1ヶ月程度
ハイブリッド車:2ヶ月程度
 
フリード+ ガソリン車:2ヶ月程度
ハイブリッド車:4ヶ月程度
 
CR-V ガソリン車:3ヶ月程度
e:HEV:3ヶ月程度
 
ヴェゼル ガソリン車:5ヶ月程度
e:HEV:半年以上
一部タイプ・カラーでは1年以上かかる場合あり。
Honda e 3ヶ月程度  
シャトル ガソリン車:5ヶ月程度
ハイブリッド車:4ヶ月程度
 
フィット ガソリン車:3ヶ月程度
e:HEV:3ヶ月程度
一部タイプ・カラーでは半年以上かかる場合あり。
N-ONE 5ヶ月程度 一部タイプ・カラーでは半年以上かかる場合あり。
N-BOX 一部タイプ・カラーが選べない場合あり。
N-WGN 2ヶ月程度 一部タイプ・カラーでは半年以上かかる場合あり。
N-VAN 5ヶ月程度

こうやって見ると、やはりヴェゼルのe:HEVはかなり厳しいですね。
意外と、シャトルも納期きびしいんだ。
自分自身、10月末納車って言われていた新型シビックが、9月末には渡してもらえる状態になっているってのは、ラッキーだったとしか言いようがないですねー。

 JADEラストラン

19日は、2週間後に次期Rockz号のCIVICの納車となるので、その前に軽くラストランがてら、続100名城攻略に行ってきました。
詳しくはこちらからご覧くださいね。

 そしてパーツ取り外し

そして、昨日はJADEからパーツを取り外し。
すべてをシビックに移設するわけではないですが、配線が複雑になっているドラレコ以外は、だいたい取り外しましたよ。

    レー探もなくなりスッキリ

とりあえず、USBオーディオはまだ繋いでいますが、いろいろ便利装備が撤去されてしまったので、しばらくはほぼノーマルで走らなきゃ。
あと2週間、祝日やワクチン接種もあって、通勤に使っていても実質乗れる日は少ないですが、余韻をかみしめながらJADEに乗りましょう。

 360度録画対応ドラレコステッカー作成

再来週に新型シビックの納車を控え、来週は2回目ワクチン接種を控えていて、いろいろ作業ができる時間も限られてきているので、ペース上げて準備です。

今回は、360度対応のドライブレコーダーを導入するので、それに対応したステッカーも制作完了。
360の文字を居れるがために、今回は150mmから180mmに横幅サイズアップ。
高さは50mmのままです。
で、赤も入れたかったのですが、赤のカッティングフィルムは所持していないので、黄色と黒で作成。

    上は現行の

今回は、「動作中」を"IN OPERATION"から"IN MOTION"にしてみました。
ネイティブな知り合いがいないので、これで合っているかどうかは微妙ですが、雰囲気で(笑)

なお、ドアガラスに貼る、駐車監視ステッカーも変えました。
こちらのサイズは105mm×25mm。

    360度駐車監視

白で反転文字なので、画像よくわからないので、イラストで。

ということで、あとは市販のいろいろなグッズも着々購入していますので、いくつか中華なのは到着が納車に間に合いそうにないですが、ちょっとずつカスタマイズしていきますよー。

 新型シビック・ハッチバック正式契約

いろいろ宿題をディーラーに出していた、新型シビック・ハッチバックへの乗り換えですが、昨日正式契約となりました。

9月7日
担当・坂下氏にLINEを入れておく。
前回の話では、無限のテールゲートスポイラー、総額の中に入れておきたいんだけど。
そのために金額上がってもいいんだけどね。

坂下氏からの返事では、納車時にバックオーダーになる用品は別伝票になるという会社規定があるそうです。
一応、上にはかけあってもらえるそうですが。
あと、スタッドレスは今も使っているダンロップでいくかと考えていて、昨年WINTER MAXX03が出たので、02が安くなるかもとのことで検討をお願いしていたのですが、サイズがもう02ではないそうで、03しかないとのこと。
また、純正アルミホイル、1本55,000円もするそうで、タイヤと組み換え工賃含めると、470,000円にもなっちゃうそうです。
50万円弱。それはなぁ・・・。
シーズンに入れば、純正スタッドレスアルミセットが販売される可能性もあるそうです。
なければ、オートバックスか、タイヤ館とかで買うしかないかな。
ちなみに、前モデルのFK7の時は、17インチスタッドレスアルミセットで、ダウンサイジングして販売していたとのこと。

9月9日
担当・坂下氏と電話。
まず、無限のパーツは、テールゲートスポイラーが来年1月下旬発売、ハイドロフィリックLEDミラーが今年12月上旬発売なので、やはり別契約としてもらいたいとのこと。
来年1月下旬にテールゲートスポイラーが入った時点で、両方取り付けましょうか。
あと、EXの自動防舷ミラーをパーツ取りして付けられないか聞いていたのですが、メーカーの人曰く、LXとEXを差別化しているので・・・ということで、暗に「じゃぁEX買ってくださいよ」ってことのようですが、現実的にはパーツ取りはできるそうですが、配線図がLXとEXでは別図らしく、ポン付けできるかどうだかが怪しい、また配線を持ってこないといけない可能性があり、天井一旦外さないと配線さわれないそうです。
LX、まだどこの店にも納車されていないそうで、実車で確認したわけではないそうですが。

そうなると、かなりの金額になるそうで、そこまでして人柱にチャレンジは無理だなぁ。
ということで諦めて、サードパーティの自動防舷ミラーでも入れようかと思いましたが、ナポレックスかカーメイトのブルーミラーを装着するかな。

ということで、最終金額としては、無限のパーツを一部除外したり、さらに追加もしたりもあって、結局のところ若干の減額。
無限は、先日も書いたようにHondaの子会社ではないので、値引きが効かないそうです。
じゃあその分、スタッドレスアルミセット買う時にがんばってもらうか。

最後に、納車の話。
当初は10月末ってことでしたが、新型ヴェゼルなどは、軒並み納車が遅れているそうですが、なぜか新型シビックは早くなっているそうです。
ということで、9月末に納車の予定。
新型シビックは、埼玉県の寄居工場で生産されるのですが、9月20日にはロールアウトしてHonda Cars兵庫・北伊丹店に運び込まれ、ディーラーオプションとかが組み込まれ、9月30日(木)とかに納車どうですかねーという予定だそうです。
そのスケジュールで行くと、今週末に必要書類などをお願いしたいと言うことなので、土曜日に行きますよってことに。
ちなみに、9月26日に、ワクチン2回目接種なんですよね。
副反応でどうなっているかわかりませんが・・こればっかりはなんとも言えません。

今年の4月23日に発売した新型ヴェゼルは販売計画5,000台/月で進められていましたが、販売開始の約1ヶ月後となる5月24日時点で32,000台の累計受注台数を達成。月間販売計画の6倍以上となる好セールスとなっています。
受注比は2モーター式のハイブリッドシステム「e:HEV」搭載のハイブリッド車が93%、ガソリン車が7%ということですが、世界的な半導体不足が影響してその93%を占めるハイブリット車の納期遅延が発生しているようですね。
方や、新型シビックは1,000台/月の販売計画。今のところガソリン車しかないので、半導体不足の影響も、ハイブリット車よりは少ないようで、納期の差が出ているような。
ちなみに、シビックの販売計画は最初から少なく見積もっているそうで、これは先代の実績にならっているそうです。
カローラは9,400台/月(カローラ 1,700台、カローラスポーツ 2,300台、カローラツーリング 5,400台)、マツダ3で2,000台/月からすると、かなりの少数。1種類の車形と2種類のグレードで、月間1,000台を確実に売り切るというのが新型シビックの国内マーケティングのようです。
まぁ、どこ見ても走っているー。という車じゃない方がオーナーとしては嬉しいです。先代JADE然り。

9月11日
では行きますか。

    この構図もあとわずか

-10:00-
Honda Cars兵庫・北伊丹店にやってきました。

    HondaCars兵庫・北伊丹店

おはようございます。
では最終金額の確認から。

    コーヒー飲んでひといき

金額はOK。
では、書類作成ですな。

印鑑証明と、車庫証明を渡します。
実印ついて終了ー。

    社内確認待ち

無限のハイドロフィリックLEDミラーが12月上旬に発売予定、テールゲートスポイラーが来年1月下旬発売予定なので、それぞれ取り付けるにも一旦預かりの予定となるので、まとめて来年1月下旬に取り付けますかということに。
テールゲートスポイラーは、無色か、塗装かということですが、塗装で、プレミアムブラック・パールでいくことにしました。

納車の話です。
9月23日に、埼玉の寄居工場をロールアウト。
デーラーオプション取り付けのために、三木にあるらしいHondaのオプション取り付けセンターに一度入庫、その後店舗に輸送されてくるのが27日だそうです。
ドラレコとホーン、無限のパーツは店舗で取り付けるとのとこ。
29日が店舗休みなので、最短で30日なら納車できますとのこと。

うーん。
26日に2回目のワクチン接種をするので、そのあたりどうなるか、
また、ワクチンの副反応が軽かったとしても、そのあたり仕事休めないんだよなぁ。

そんなわけで、10月2日(土)にしてもらうことに。
ただ、登録は9月中にさせてもらいたいとのことで9月30日となるそうです。いいよ。決算の関係だろう。

    もうあとわずかとなった

ところで、USBメディアの確認したいなぁ。
FAT32でフォーマットしてつくったので。
北伊丹店には新型シビックの試乗車ないので、同じHonda CONNECT ディスプレイ搭載の新型ヴェゼルで試させてもらうか。
USBメディアは、電源OFF時に挿し抜きしなきゃだめなので、坂下氏、覚えておこうね。

    坂下氏に操作してもらう

それはそうと、JADEでInterNAVI繋いでいますが、これって解約手続きみたいなのいるのかなぁ。それかシビックにそのまま変更の手続きとか。
一応、Honda Total Careプレミアムのアプリでできるそうです。
新型ヴェゼルの納車で実際したそうですが、結構時間がかかるらしい。先にスタートガイドをもらっておきました。

    これね

そして、Honda Total Careプレミアムって、無料じゃないそうです。
てっきり、車内Wi-Fi使うなら有料かと思っていたのですが、最低でも12か月後からは月額550円は必要となるみたい。(こちら

    料金表

もちろん、全く契約せずという選択肢もあるそうですが、その場合、12か月後には更新した地図は完全初期に戻ってしまうそうです。

あと、今回新たに設置する、Yupiteruの360度撮影対応のドライブレコーダー、Q-30Rと、駐車監視ユニットのOP-VMU01、ホーンはいつものミツバを装着してもらうので、スリムスパイラルIIと、ホンダ車専用のホーンハーネスセットを預かっておいてもらうことにしました。

    Yupiteru Q-30R

    128GBのmicroUSB

    駐車監視ユニットOP-VMU01

Yupiteru Q-30Rは、参考価格39,600円。
しかし、Yupiteruのity倶楽部会員向けなら30,800円になります。
そして、2,000ポイントまで使えて割り引けます。
また、電圧監視機能付 電源ユニット OP-VMU01は6,600円ですが、こちらは6,600ポイントまで使用できるので、実質0円。
つまり、通常合計 46,200円が割引+ポイント利用 28,800円。
なんと17,400円もオトクなので、これは持ち込むしかないですね。
Q-30Rには、micrroSDが標準で32GBついていますが、128GBまで対応しているので、128GB入れておきます。
SanDiskで1,800円ほど。安くなったなぁ。

    ミツバ スリムスパイラルII

    ホーンハーネスキット

てことで終了です。
親父のところ行こう。

実家で、スタッドレスタイヤと、タイヤチェーンを積み、これらを売却しに行きます。

-12:45-
「すてないで南国」宝塚店にやってきました。

    南国

ここ、30年以上前からありますが、初めて来たかも。
スタッドレスは今の時期値段つかなくて、アルミ代だけですねー。ということで、4本で2,000円。
チェーンは無使用ですが引き取ってもらえませんでした。
タイヤは処分費かかるより、いくばくかでも引き取ってもらえるとありがたいので、助かりました。

てことで帰宅。

納車が一か月早くなったので、いろいろ前倒しで進めなきゃなぁ。
とりあえずは、HPの素材として使うチョロCIVICは一応つくっています。
無限のテールゲートスポイラーとドアハンドルプロテクターも装備。

    タイヤハウスまわりは省略

あと、360度撮影対応のドラレコ用の新ステッカーも切り出さないと。
データはできているんですけどね。

てことで終了ー。

 Honda New CIVICのオプションその後

無限から新型シビック用のパーツの発表が3日にあり、昨日Hondaから電話がかかってきて、商談の続きをするはずが、担当営業さん、明石まで行かなきゃならい急用できたとかで、お話は今日に。

元々、Honda Accessのパーツで見積もっていた、

・フロアマット
・ドアバイザー
・テールゲートスポイラー
・ドアハンドルプロテクター

については、無限からの発表により、入れ替えるよってことで話をしていました。
無限のスポーツマット、足元の赤の入り方がイマイチだなぁ。

    うーん

てことで、マットだけは、HondaAccessのままでいくことに。
その他、いくつか無限のパーツを追加したので、結構金額増えましたが、テールゲートスポイラーの発売日が、来年1月となっているので、それは見積から外して欲しいとのこと。
それで前回の見積と同じくらいらしい。

まぁいいけど。
ちなみに、Honda Accessのエアロも、神戸のhide_san27さんの情報によると、納期が未定なものがあるそうです。
なんだろう。パーツは東南アジアでつくっているのが多いから、コロナ禍の影響かなぁ。

無限は、ホンダ車用アフターパーツの製造販売やレース用エンジンの開発製造を行う日本の企業、株式会社M-TEC(エムテック)のブランドとなっています。
1973年(昭和48年) HONDA創業者の、本田宗一郎氏の長男である本田博俊氏が、のちに本田技研工業社長となる川本信彦らと「株式会社無限」を創設し、ホンダ2輪・4輪車のチューニングパーツの開発と販売を行っていました。
本田宗一郎氏は、自社に親族を入社させないと決めていたのは有名な話。そこで本田博俊氏は、海外留学などの経験からそれまで日本になかったレース専用エンジンの開発・製作・販売を行う会社の設立を決意したというわけです。
2003年に、本田博俊氏が法人税法違反で起訴され、新会社「M-TEC」が設立され、営業譲渡されたという経緯があります。

無限、そしてM-TECは、日産とNISMO、スバルとSTI、トヨタとTRDはそれぞれ親子会社の関係ですが、創設時から、ホンダ車専用の競技用車両およびパーツ、レーシングエンジン、チューニング用のアフターパーツの製造、販売を行っていますが、本田技研工業とは資本関係はなく、完全な別会社という立場を守っています。

で、肝心の金額確定ですが、スタッドレスタイヤがこの秋モデルチェンジしたりするようで、価格がわからないので、とりあえず標準ホイールを入れてもらうのですが、LXの試乗車がHondaCars兵庫にないそうで、システム?で部品検索をする時に必要な、車体番号がわからないので、しばらく待ってもらいたいとのこと。
あと、いくつか考えていることが、実行できるかどうかも確認してもらって、来週後半には確定しそうですねー。
まぁ、急いでないからいいんだけど。
とりあえず、印鑑登録と車庫証明は準備したぞ。

 Honda New CIVIC 納車(ダイキャストモデル)

本日9月3日は、新型シビックの販売開始日。
今日、納車という人もいたんだろうなぁ。

それより一足早く、我が家にも先週新型シビックが納車されましたよ。

    ミニカーですが

ホンダ公式ウェア&グッズオンラインショップでゲットできます。(こちら
1/43スケールモデルで、「ホビージャパン」って裏に貼っていましたが。
御多分に漏れず、中華製です。
結構、気値段しますが、歴代車は一応購入していましたので。
先代JADEは白しかなかったので、全色あるのは嬉しいですねー。

    ケース越し

ケース外してみました。

    いいねー

実物が来るのは、10月末の予定。

そして、無限も新型シビックのパーツを公開しました。(こちら

    おー

週末、Hondaの坂下氏と話して、支払い価格決定だな。

最大の焦点は、テールゲートスポイラーをどうするか。
Honda Accessのテールゲートスポイラーは、ちょっと背が高く、後方視界が気になるんですよね。
でも、無限のは低め。(価格は倍ほど)
さらに、無限の提案は、モノトーンと2トーン。うーん悩む。

    HondaAccsess
    無限モノトーン
    無限2トーン

大人のシビックを目指すなら、無限のモノトーンがイメージかなぁ。
でもそうなると、テールゲートスポイラーなしと見た目そう変わらないんだよなぁ。

    なしです

むー。悩む。
さらに、ほとんどのパーツは9月中旬発売なのに、テールゲートスポイラーは来年1月下旬発売。
むー。悩む。

それはそうと、試乗の時に気づいていたのですが、ジャッキは標準搭載じゃないんだ。
そこまで軽量化しているのかなぁ。
それか、そこがコストダウンのポイント?
タイヤパンクしても、パンク補修材を積んでいて、スペアタイヤもないので、まぁ、なければないでもいいんでしょうね。
当然、車載工具もないですね。
ジャッキは、マサダのシザーズジャッキを元々積んでいるので、それのほうが使い勝手いいし、それでいいのです。

 Honda CONNECTに使えるUSBメディア

さて、新型シビックに乗り換える際には、車載音楽をどうするかなってのを考える必要が。
時代はなんでもスマートフォンで、ストリーミングやらスマホにダウンロードしている曲を、Honda CONNECTに繋いで聴くといったところが、「Honda CONNECT ディスプレイ」のウリです。

しかし、一時期は1,000枚以上所持していましたが、それでも減らして、おそらく600〜700枚はあるお気に入りCDから持ち出したいので、JADEと同じように、USBメモリで聴きたいなぁと。

新型CIVICのHonda CONNECTオーナーズマニュアルを見ると
・256MB以上の推奨されるUSBデバイスを使用してください。

とありますが・・・推奨されるUSBデバイスとは?
その記載がありませんねー。

その後、新型CIVICのHonda CONNECTオーナーズマニュアルを読み込んでいくと、

「困ったときは」のところに
症状 対処法
USBデバイスが再生できない。 ・認識できない未対応フォーマットのUSBデバイスが接続されています。USBデバイスのフォーマットを確認してください。

「エラーメッセージ」のところに
原因 処置
認識できない未対応フォーマットのUSBデバイスが接続されている。 USBデバイスの対応フォーマットを確認してください。

うーん。試乗車で試した時に思ったとおり、フォーマットが怪しいな。

ネット情報を探してみると、ありました。

ファイルシステムは、FAT32しかだめみたい。
NTFSとexFATはだめなんだ・・・。
Windowsでは、32GB以上のメモリをフォーマットする時は、FAT32は選択できないんですよね。
うーん。

なんでも、この手の機器が対応するフォーマットは、たいていFAT32だそうです。
パソコンの世界では、FAT32なんてほぼ使わないのに。

ちなみに、JADEに積んでいるUSBメモリはexFATで、それを認識して音楽を聴くことができていました。
なんだろねー。

てことで、32GB以上のUSBメモリを使う場合は、FAT32でフォーマットするフリーソフトを探して使うしかないです。
I-Oデータがフリーソフト出していますね。

  I・O DATA ハードディスクフォーマッタ

おー、個人が作成したフリーソフトより信頼性ありそう。

JADEでは、センターコンソールボックス内にUSBメモリを入れていましたが、新型CIVICではセンターコンソールのUSBジャックに挿す、つまりはむき出し状態なので、できるだけボディの短いUSBメディアにすることにしました。
でないと、当たったりしてUSBジャック痛めそうだし。

    右のね
  SanDisk Cruzer Fit 64GB

すごいなぁ。この容量が1,200円ほどなんだ。
同じSanDiskの64GBのUSBメモリ、6年前に購入した時は5,000円くらいでしたよ。すごいな時代って。

逆に、ショートボディ―すぎて、取り外した時に無くすと困るので、そこは気を付けないと。

ちなみに、ネット情報によると、128GBでもFAT32なら認識したそうです。

では、I・O DATA ハードディスクフォーマッタでフォーマットしてみますか。

    はいやります

    パーティション設定かぁ

パーティション設定は、MBRかGPTどちらか聞かれます。
MBRは、最大2TBのディスクと4つのプライマリパーティションをサポートします。それに対して、GPTの容量はより大きくて、最大128個のパーティションが作成できます。
Windowsは、64ビットバージョンのWindows 10/8/7/Vistaおよび対応するサーバーエディションを実行しているUEFIベースのコンピュータのみでGPTから起動できるので、FAT32で動くモノにはGPTは危険そうですね。
てことで、MBRを選択です。

てことで、フォーマット。
そして、バックアップしている音楽ファイルをコピー。
次回、Hondaに契約手続きに行くときに試してみよう。


スマホはXPERIAを使っているので、車載システム向けインターフェース、Android Autoを使えるようですが、8月23日に発見したニュースでは、2021年中に予定している「Android 12」のリリースに合わせて、Googleは先ごろ、「Android Auto」を段階的に廃止することを認めた。とのこと。
Googleとしては、路上で地図やアプリを操作したいドライバーには、代わりに「Googleアシスタント」の新たな「運転モード」が2020年から提供されているので、それを利用するようにってことだそうです。

Google曰く
Googleアシスタントの運転モードは、モバイル運転体験の次の進化形だ。サポートされている車でAndroid Autoを利用している人々にとって、この体験はなくならない。スマートフォンでの体験(Android Autoモバイルアプリ)を利用している人は将来、Googleアシスタントの運転モードに誘導される。Android 12から、Googleアシスタントの運転モードはビルトインのモバイル向け運転体験となる。

てことなので、Android Autoがなくなっても、Honda CONNECTディスプレイでも使えるってことかな。

6月に、ナビタイムの「カーナビタイム」がAndroid Autoに対応しました。
Googleは2021年4月に、サードパーティ製のカーナビ系アプリをAndroid Autoに対応させることで、「Play Store」からダウンロードしてディスプレイオーディオなどで使えるようポリシーを変更しました。
日本ではApple iPhoneのシェアがかなりのものですが、世界的に見るとAndroid OSを搭載する携帯電話のシェアは70%前後ともいわれる中、この対応は今後のアプリ開発ビジネスの拡大にも大きく影響するんでしょうね。

Android Autoの接続をする際は、スマホをUSBケーブルで接続しろってことになっています。
うーん。そのUSBジャックは、USBメディアを挿入しているんだけどなぁ。
特定のデバイスと特定の車両でペア設定が完了している場合にのみ、ワイヤレス接続がサポートされます。とGoogleでは言っていますが、これは納車してから試してみないとわからないなぁ。
ちなみに、国際的に日本だけが「Android Auto」ワイヤレス接続未対応となっているのですが、Wi-Fi 電波 5GHz 帯(5.2 / 5.3 / 5.6 GHz)の車内を含めた屋外利用が、電波法で禁止されているためです。
ただし 2020年6月より、条件付きで 5.2GHz 帯のみ屋外利用が解禁された模様なのですが、

・人工衛星に影響を与えない工夫が施された専用機器を利用する。
・アクセスポイント及び中継器の利用については、事前に総合通信局に登録局の手続きが必要。
・気象レーダーに影響を与えない場所のみ利用可能。

との条件で、その登録局の運用は「第三級陸上特殊無線技士」の「無線従事者の資格」が必要になります。
第四級アマチュア無線技士しか持ってないから、そもそもだめだなー(笑)

そして、Android Autoを利用したナビゲーションは、Google Mapsを使うことになるので、Honda Connectディスプレイのナビとの併用はできない。
うーん。使い勝手いいんだかどうだか。
いずれにせよ、GoogleMapsのルート案内は、人しか通れないようなとんでもない道をナビゲートすることもあるので、基本的には、Honda CONNECTディスプレイのナビしか使わないつもりなんですけど。
Androido AutoでHonda Connectディスプレイのナビを操作できるなら、走行中ナビ操作可能になるので、キャンセラーとかいらないなぁと思ったのですが、そうは上手くいきませんね。

あと、Android Autoを使うと、運転に特化したメニューしか出ませんが、「Car Dongle」ってのを使えば、Androidそのもをディスプレイ上で使えるようになるので、Amazonプライムビデオとか、NetFlixとかも観れるようになっちゃいます。でもそこまで導入する気はないですね。
そもそも、そこまでこだわるなら、BOSEサウンドシステムを搭載のEXを迷わずチョイスしていますしね。

 久美浜でイカ爆釣

20日は夕方から久美浜でイカ釣りに出ましたよ。
前回、6日はなかなか釣れず苦戦しましたが、今回はクーラーボックスパンパンになるくらいの爆釣でした。
詳しくはこちらからご覧くださいね。

 新型シビックハッチバックの試乗・商談・契約

この金曜から日曜にかけて、大雨で会社から呼び出しされたり。
今日17日も、大雨の予報で、また居残りとかになるかもということだったが、最近は長期待機に備えて3交代シフトとなっていたりするので、今回は呼び出しがかからないので、予定通り夏休みをとって、新型シビックの試乗をすることにしました。

-09:30-
ではいきますか。
JADE行くよー
Honda Cars兵庫では、ご近所では宝塚の店に2台、西宮の店に2台試乗車を置いているとのことで、すべてLXのCVT車。
まぁ近場でってことで、宝塚中央店に行くことにしました。

県道336号を北上していきます。
朝起きた時は雨やんでいたのですが、降り出してきていますねー。
警報出ないといいけど 武庫川はそう増水していない
R176に向かいます。
宝塚中央店です 右折進入できないので裏道をぐるっとまわって入店
-09:50-
Honda Cars兵庫・宝塚中央店にやってきました。
お、入口に新型シビックがありますねー。
北伊丹店から来た、担当営業の坂下氏もシビック見ていました。
おーいいねー 後ろもカッコイイ
早速、試乗しましょう。
1時間くらい乗っていい?と聞くとOKとのこと。
高速乗りたいので、ETCカードを入れると、どうやらETCがセットアップされていない模様。
シートベルト装着警告は座る位置で表示 左右両方に情報が出ます
まだ20kmほどしか走っていませんねー。
本当に新車だ。

USBオーディオ使えるか試します。
JADEで聴いている音楽ファイルをいくつかコピーして持ってきたのですが、認識しませんでした。
USBはここに 互換性ないのか?
オーナーズマニュアルなどは、既にHondanの公式ページに掲載されているので、帰宅後見てみると・・・

・256MB以上の推奨されるUSBデバイスを使用してください。
・一部のデジタルオーディオプレイヤーやUSBデバイス(例えば、セキュリティロック機能を持つもの)は、本システムではご利用になれない場合があります。
。一部のソフトウェアのファイルは、オーディオの再生やテキストデータの表示ができない場合があります。
・MP3、WMA、AAC、FLAC、PCM/WAVE、MP4、AVI、MKV、ASF/WMVのバージョンによっては再生できない場合があります。)

との制限のみ。
動画ファイルは細かく設定がありますが、音楽ファイルにはそういうのがないですね。

JADEで聴いているのはMP3。
それをハードディスクにバックアップしていて、別のUSBにアルバム2つほど入れていました。
なんで認識しないのかぁ。

考えられそうなのは、音楽ファイルが読み取り専用となっていたことと、USBのフォーマットが、exFATであったこと。
JADEい積んでいるUSBはNTFSでフォーマットしていたと思うんですよね。

これは、引き続き調査しよう。
新型ヴェゼルと同じナビなんで、情報出ているかなーと探したのですが、ないですね。

では、音楽なしで走りますか。

自分なりの試乗のポイントがあって、市街地、高速、峠は走っておきたいと思っています。
いつもの西宮店なら、中国道・宝塚ICまで市街地を走り、高速で中国道・西宮北ICまで。
そして、盤滝トンネルをくぐらず、山越え道を走り帰ってくる。

というところですが、今日は宝塚中央店なので、ちょっと考えました。
さらに、これから雨がきつくなる予報。

そんなわけで、中国道・宝塚ICから西宮北IC走る高速コースは同じ、峠は盤滝通らずその手前で蓬莱峡のダウンヒルを走るというコースで設定。
こんな感じで
では行きますか。
R176を走り、すぐに中国道・宝塚IC。
宝塚ー
車幅間隔を熟知していないので、チケット取るのに近づけていない(笑)

本線上がると、そこそこ車の流れがありますが、キビキビ走れます。
ACC(アダプティブクルーズコントロール)を入れます。
速度設定は、JADEは115km/hまででしたが、シビックは135km/hまでいけますね。
ちなみに、以前レンタカーで乗ったヤリスは、180km/hくらいまで設定できていましたけど。

エアコンとかいろいろ触ってみます。
営業の坂下氏も「あ、こんなところにこんな表示出るんですねー。」なんて話も。
まだ卸したての、盆休み明けで、ちゃんと見れていないそうです。

しばらく行くと、故障車渋滞に。
新型シビックに搭載のACCは渋滞追随機能付なので、低速になってもちゃんと働いてくれます。
おー優秀 ついていく
超低速になってもちゃんと付いていっています。
13km/hでも作動中
その後、渋滞を抜けます。
ドライブモードは、エコ、ノーマル、スポーツとあります。
切り替えると右モニターに表示
まぁ、エコでも十分走りが楽しいですね。

ちなみに、EXは10インチで左右両方が液晶メーターですが、狙っているLXは7インチで、右はアナログスピードメーターってことです。

途中、中国道・西宮名塩SAに入ります。
SA手前は登坂車線から進入することになるのですが、そんな登坂車線がある上り勾配でも1.5Lターボは気持ちよく走ってくれます。
JADE RSは、L15B 1.5Lターボ、DOHC4気筒で最高出力は110[150]/5,500(kW[PS]/rpm)でした。
CIVICは、L15C 1.5Lターボ、DOHC4気筒で最高出力は134[182]/6,000(kW[PS]/rpm)です。
単純にパワーアップしているのと、JADE RSより150kgほど軽いのもあって、走りがいいですね。

ちなみに、JADEはレギュラーガソリンですが、CIVICはハイオク指定です。

ハンドリングは、JADEと同じアジャイルハンドリングアシストがあり、めちゃくちゃ狙ったとこころに曲がっていってくれます。

そんなわけで、名塩SAに入って、駐車体験。
おー、なんかバックもしやすいぞ。

では、先へ。
西宮山口JCTのところが、下り高速S字になっているのですが、そこも安心してコーナーに進入していけます。
ハンドリングがいいのと、リアトレッドが広いのと、タイヤもJADEが215なのに、CIVICは235とワイドなのもあるんでしょうね。

「爽快シビック」ってことですが、なかなかの戦闘力です。

そんなわけで、中国道・西宮北ICで高速を降ります。
西宮北ー
またしても距離感つかめず、ちょっと離れて停めてしまい、ドア開けないと精算機に届かなかったり。
恥ずかしい・・・。

県道82号からR176に入り、市道から再び県道82号へ。
郊外の信号の少ない道を快適に走ります。

そして、県道51号の峠道のダウンヒルです。
雨も結構降ってきたので、無理はせず、スポーツモードに入れて、マニュアル操作で下っていきます。

おー、楽しい!!
先代のシビックは剛性を上げたとかなり前面に押し出していましたが、坂下氏曰く、新型のほうが剛性が上がっているとのこと。

R176に出て、のんびり市街地走行です。
静粛性もいいですねー。

来年にはハイブリッドが出るそうですが、確かにモーターの加速はいいかもしれませんが、やはりエンジン+ターボでこれだけの設定していると、ハイブリッドは敵わないだろうなぁ。
完全に、エンジン車の勝ちです。

-10:35-
1時間もかけずに帰ってきちゃいました。
まぁ、雨がひどくなってきたしね。

ちょっとじっくり見ますか。
ペダルは金属系でスポーティー
後ろ席にも座ってみます。
意外と余裕あるぞ EXはリア吹き出しがある
ハッチバックのテールゲートが樹脂製になったことで、室内空間に余裕を持たせているそうです。
ラゲッジカバーは標準でついている 荷室をフラットにしてみた 前はちょっと上を向くね
まぁ、もう車中泊はしないでしょうから、そこはこだわりませんね。
荷室の下にも収納空間があります。

触る余地がほぼないエンジンも見ておこう。
意外と余裕あるなぁ L15C
ダウンサイジングターボになって、かえって余裕ができたのかな。
JADEと並べて 大きさ比較
カタログデータ上では、ほぼほぼ一緒のサイズです。

では、商談しましょうか。
元々、西宮店の客なのに、来年1月まで改修中で北伊丹店の客となり、なぜか宝塚中央店で商談って変な感じですが。
コーヒーいただく
一応、欲しいオプションフル装備で見積してもらいました。
ただ、無限のパーツもあるのですが、これが9月3日のCIVIC発売日に正式発表となるようなので、価格がよくわからないとのこと。
あと、グレードはLXで見積もってもらうのですが、EXは自動防舷ミラーなんですが、LXは違うんですよね。
だから、EXの自動防舷ミラーをパーツどりして、移植してもらいたいとオーダー。

結果としては、パーツリストや整備マニュアルがどうもまだ来ていないようで、電源さえ来ていればできるそうですが、肝心のLXが9月にならないと試乗車として系列どこも卸さないそうなので、実態がわからないとのこと。
まぁしかし、パーツさえあれば、いつもの伸和電機さんならやってくれると思うんですけどね(笑)

通算、7台目のお買い上げとなりますので、がんばってくださいねー。
また、値引き交渉に長い時間をかけない、ほぼ一発勝負というのは、担当・坂下氏も十分承知してくれているので、まずは1回目の見積。
あらかじめ、欲しいパーツはこちらでリストアップして持ってきたので、早いです(笑)

見積書いてもらう間に、宝塚中央店の工場長がご挨拶に来てくださったり。
工場長の楓さんは、以前は西宮店でメカさんしていて、その頃はいろいろお世話になりましたが、今では昇進して工場長なのです。

で、持ってきた見積で、まぁ予想範囲でしたが、もうひと頑張りしてもらうことに。
広々店舗 商談中
最終的には、ボディーコートなどの金額を値引き分としてまるっとカット、下取り査定もがんばってもらい、あとは無限のパーツが出た際には、おそらく無限のパーツのほうが高価なので、すべて吸収できるかわからないが、差額をできる限りで吸収してもらうということで、契約することとしました。
決算月前ですが、完全新型車ってことなので、営業も下取り査定を目いっぱい頑張ってくれて、こちらの予想以上でとってくれるので、これ以上は無理言いません。

    完成予想図フロント

    リア

色は、ソニックグレーパール。
巷では、「セメント色」なんと言われていますが(笑)

Honda Cars 兵庫が仕入れる第一弾の納車陣は9月中旬に納車できるそうですが、今日現在、ソニックパールグレーの予定数は売約済みとなってしまったそうで、第二弾で納入する分をやりくりして、10月末ごろの納車予定ということです。
そんなわけで、今日は手付金の1万円を置いて、商談終了。
ドライブレコーダーとか、ホーンとかは持ち込みで、伸和電機さんがつけてくれるようなので、用意しよう。

冬のスタッドレスは、冬前にまた純正ホイール一式仕入れてだな。
自動防舷ミラーは、EXのが流用できればいいんだけど、無理なら社外品探そうかな。あれ、ほんといいんですよねー。

無限のパーツ、実物はどんなかなー。
テールゲートスポイラーは、無限のほうが後方視界もよさげだし、大人しい雰囲気なので、価格差がどれだけになるのやら。

 久美浜にイカ釣り・・・苦戦した

6日は夕方から久美浜でイカ釣りに出ましたー。
釣果はイマイチでしたが、坊主でないだけよかったかな。
詳しくはこちらからご覧くださいね。

 New CIVIC 販売開始日発表

新型シビックの販売開始日が9月3日に決定したと、8月5日にアナウンスがありました。

8月1日
Honda Cars 兵庫の、現在西宮店が改装中なので、北伊丹店に所属する、担当営業の坂下氏から電話。
試乗車は、8月4日登録で、8月5日から乗れるとのことですが、配置するのは、宝塚の2店舗、西宮の2店舗とのこと。
ただ、8月6日(金)から13日(金)が夏季休業らしい・・・。セールス的に、微妙なところで試乗車卸したなぁ。
で、「8月5日の仕事帰りとか、乗りに来ます?」と言われたが、そりゃ、いの一番に見たい、乗りたいというのはあるけれど、夜に試乗してもなぁ。ゆっくり見れないし。

土日は車多いだろうから試乗も楽しくないだろうしなぁ。
ということで、17日(火)に夏休みとって、仕事休みのmisenさんもいっしょに試乗することにしました。
宝塚の店なら、いつもの試乗コースも行けそう。

8月4日
帰宅したら、ポストにホンダからの封書が。
ん?営業の坂下氏がどうやら、自宅までカタログを届けに来てくれたらしい。
えらい気合入っているなぁ。

    封筒

中には、新型シビックのカタログと、アクセサリーカタログが。

    おー

中を一読しましたが、カタログはまぁそれなりに。
アクセサリーカタログは見てびっくり。恐ろしく点数が少ない。
まぁ、そもそもグレードが2つのみで、どちらも結構てんこもりなので、そもそもオプションの付け代がないんだろうなぁ。
リアウイング、ちょっと欲しいかも。でも後方視界が悪くなりそうだなぁ。

8月5日
帰宅すると、またホンダからお手紙が。

    なんだろう

Honda Cars 兵庫・北伊丹店の坂下氏の名前で、正式発表のお知らせでした。

    ご挨拶と小さいカタログ

    大小のカタログ

同日、無限からも、新型シビックのパーツの先行発表がありました。
こちらのリアウイングは視界もよさげ。

    いいんじゃない?

ちなみに、Hondaのシビックのページからのカタログ請求については、8月5に発送完了メールきましたが、手元に届いたのは9日のことでした。
うーん。遅いぞ。

無限のパーツの全貌は、発売当日の9月3日とのこと。
パーツのリストアップくらいはしておくかな。

とりあえずは、17日に試乗してだなぁ。

 ラ・コリーナ近江八幡寄っての滋賀からの帰り

滋賀2日目は、朝一番にラ・コリーナ近江八幡に寄って、続・日本100名城を攻略したり、道の駅制覇しながら帰ってきましたよ。
2日目の詳しくはこちらからご覧くださいねー。
初日から通して、今一度ご覧いただける方は、こちらからよろしくお願いします。

 ついに47都道府県すべてで宿泊

先週木金と夏休みをとって、2002年にこのHPを始めて以来、唯一宿泊したことのなかった滋賀県に行ってきました。
ついに・・・20年かけて、全都道府県に泊まりましたよ(笑)
初日レポ完成です。
初日は、比叡山行って、信楽寄ってきましたよー。
詳しくはこちらからご覧くださいね。


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.