RockzGoodsRoom >

 Rockz の愛車 JADE と、車の話題の部屋です。
  ※ここに掲載のカスタムを参考にされる場合はあくまでも個人の責任でお願いします。
  ※イベントに参加される場合はすべて個人責任です。体調、マシンの状態、その他については自己管理してくださいね。

Last Update 2021/07/13

2018年2月26日から無事故・無違反 日継続中です(^_^)ノ

        


  

      HONDA JADE RS (DBA-FR5)


Front Vew


Rear Vew


with TMAX
Rockz の6代目の愛車です。HONDA JADE。排気量は1500cc+ターボ。色はモダンスティールメタリック。2015年(平成27年)7月、5年半乗ったSTREAMより乗換購入。

先代(五代目)Rockz号のSTREAMについてはこちらをご覧ください。
四代目Rockz号のEdixについてはこちらをご覧ください。
三代目Rockz号のODYSSEYについてはこちらをご覧ください。
二代目Rockz号のAccordについてはこちらをご覧ください。
初代Rockz号のDOMANIについてはこちらをご覧ください。

先代Rockz号だったSTREAMは、今必要としている「車に乗る理由」を満たしてくれる車でした。
走りの性能、積載性、そしてシートがある程度フラットになって車中泊も可能というところがよかったです。また、5ナンバーというところでの取り回しもよかったです。
しかし、エンジンに謎の直らないノッキング病を抱え、さらに、さすがに世の中の流れ上、「低燃費」ってことにも気を遣うところにきました。

JADEは2015年(平成27年)2月にSTREAMの新型ではなく、まったくの新型として、まずHYBRIDが先行発売されました。
位置づけとしては、大きくなりすぎたODYSSEYと、STREAMの中間ってとこのようです。
HYBRIDを試乗しましたが・・・なんだろう。走りが楽しくない・・・。

4ヶ月後、ウワサされていた1.5Lのダウンサイジングターボ車が、スポーツ仕様のRSとして登場することになりました。
再び試乗すると、これがツボにはまり大満足。そのまま商談・即契約となったのでした。
元々、HYBRIDの時から、Hondaの安全装備、「Honda SENSING」がメーカーオプションとして設定されていましたが、正直、今はまだ必要ないかなと思っていましたが、大した価格差もないことから装備しました。
これが大正解でした!!
他にも、左折時に左後方をカメラで視認する「Lane Watch」、1.5Lながらも、2.4L並みのトルクを発生する「VTEC TURBOエンジン」とパドルシフト、ステアリング電子制御の「アジャイルハンドリングアシスト」などの先進装備に加え、RS専用にボディ剛性を上げ、走りを楽しくしています。
事実、試乗した時、本当に走りが楽しかったです。「Honda、よくやってくれた!!」って感じです。
長く乗れる1台になりそうです。
カスタムについてざっと書きますと・・・

 (以下先代Rockz号からの引継)
 YUPITERU Super Cat GWR83sd(2017/05/03取外)
 (以下納車時新規取付)
 無限 ベンチレーテッドバイザー
 無限 LED内蔵親水性広角ブルーミラー
 無限 ヘキサゴンオイルフィラーキャップ
 Modulo テールゲートスポイラー
 Honda純正 フットライト
 Honda純正 パドルライト
 Honda純正 サイドステップガーニッシュ
 Honda純正 ラゲッジマット
 Honda純正 プラズマクラスター搭載LEDルーフ照明
 Honda純正 ドアハンドルプロテクションカバー
(2017/08/21取外)
 Honda純正 VICS光・電波ビーコンユニット
 Honda純正 オートリトラミラー
 Honda純正 フロアカーペットマット
 Honda純正 ライセンスフレーム(メッキタイプ)前後
 Honda純正 ナンバープレートロックボルト

 (以下2015/07/18追加)
 MITSUBA SLIMSPIRAL

 Bullcon TELE NAVing
 YUPITERU DRY-WiFi40c
(2019/07/12取外)
 (以下2015/07/23追加)
 RAZO SUPER GRIP PEDAL RP124

 (以下2015/12/05追加)
 トランクガードプロテクター

 (以下2016/01/07追加)
 星光産業 EW-130 アクセントプロテクター

 (以下2016/01/09追加)
 キンメイ車用品専門店 ノンスリップマット

 (以下2016/01/22追加)
 AndyGo アームレスト コンソール インサート

 (以下2017/05/03追加)
 YUPITERU Super Cat A120
(2020/06/27取外)
 (以下2017/08/21追加)
 無限 ドアハンドルプロテクター

 (以下2017/09/20追加)
 Bright Future ホンダJADE FR4 FR5 ドリンクホルダーカバー

 Anker PowerDrive Speed 2
 (以下2019/06/15追加)
 KENSTYLE ロングパドルシフト ホンダA-TYPE

 (以下2019/07/07追加)
 セイワ マルチガード K412
(2019/09/07取外)
 セイワ バンパーガード カーボン柄シボ K385
 ウエットカーボン調 汎用プロテクター
 車載 サイド収納ボックス

 (以下2019/07/12追加)
 YUPITERU DRY-TW7500dP

 YUPITERU OP-VMU01
 (以下2019/09/07追加)
 星光産業 EB-191 リアドリンク&トレイBK

 (以下2020/04/11追加)
 joyhouse TPMSタイヤ空気圧監視モニター

 (以下2020/06/27追加)
 YUPITERU Super Cat A360α


  

 なんとなく工事の進むHonda Cars 兵庫・西宮店

マイディーラーのHonda Cars 兵庫 西宮店。
6月半ばに工事囲いをしだしたのち、そんなに工事が進んでいるっぽい感じがしなかったのですが、先週末くらいからようやく進みだしている気配が。

    なんか外壁剥いでいる

これ、7月6日の仕事帰りでしたが、一部外壁撤去して、Hondaの屋上看板もなくなっています。
外壁撤去しているのは、整備のとこですね。
車運びエレベーターのあるあたり。
その昔、エレベーター乗って、上のフロアに入った自分の新車(Edix)見せてもらったことありました。

担当営業の坂下氏によると、整備のところのピットをやりかえるとかのことでしたが。
どうなっていくんでしょうねぇ。
まぁ、鉄骨の骨組みは現状維持だろうなぁ。

 JADEの6年目点検と新型シビック情報収集

5月31日
点検パックに加入している都合上、あと1ヵ月後くらいに、法定12ヵ月点検がやってきますよとのメール連絡が来た。
現在、マイ・ディーラーのHonda Cars兵庫・西宮店は、改装中なので、担当営業の坂下氏が仮在籍中の北伊丹店が強制的にマイ・ディーラーとなっている。

んじゃネット予約しようかなぁと調べると、その時点で朝一番とかに休みの日に行こうとしたら、7月3日しか空いてなかった。
まぁ、それでいいか。

6月24日
今年秋の発売を予定している新型シビック。
これに先駆け、本日ワールドプレミアが行われました。

    これね

新型シビックは、日本ではハッチバックしか発売しないそうです。
公式ネットをみると、かなりよさげ。(こちら

ほほう。
1.5L 直噴VTEC TURBOエンジン搭載ってとこがいいですね。そのフィーリングのよさは、JADEで体験済み。
昔からのホンダ党としては、やはり走りが楽しくないとホンダじゃないですからねー。
最初にエンジン車を投入というところにも、ホンダの意気込みを感じました。

営業の坂下氏から電話がありました。
来週の点検の予定確認とお礼ってことで。
「新型ヴェゼルの試乗車にでも乗ってもらってー」という話ですが、ヴェゼルは支持しないのでいいです。

ネット情報では、もうディーラーではパンフレットとかも置いているみたい。
じゃぁ、それも見せてもらうか。

7月3日
ではいきますか。
自宅からは、西宮店も北伊丹店もそう距離は変わらない。

    伊丹空港が近いです

伊丹駅周辺走るのって、久しぶりだなぁ。

    青空見えてきた

てことで、10時からの点検予約だったので、ちょうどいい頃に、Honda Cars 兵庫・北伊丹店にやってきました。

    初めて来たよ

お、坂下氏がお出迎え。
そして、点検内容を確認しに来てくれたのは、西宮店の柏本工場長でした。

今回は、オイル交換とエレメント交換は点検パックで。しかし、グレードアップでMobil入れますよ。
Mobil OW-20 SW。
その他は、ボディーコートのプレミアムハイドロプラスと、エンジンオイル添加剤のMT-10を入れます。
1時間半くらいかかるそうです。

坂下氏と話をしていると、新しいシビック、販売受付は今月中旬開始だそうですが、もう見積は出せるそうです。
新しいシビックは、2グレードしかなく、下位グレードのLXと、上位グレードのEX。
下位と上位の違いは、BOSEのサウンドシステムとLEDアクティブコーナリングライト、あとはホイールのデザインが少し違うくらいだそうです。
まぁ、BOSEのサウンドシステムまでは求めないからなぁ。
迷わずLXですよ。
あ、LXはフォグが標準じゃないそうなんで、じゃぁ、フォグと、フロアマット、ライセンスガーニッシュ、ドアバイザーくらいをオプションとして出してもらうことに。
今現在のJADEを査定してもらいますよ。

お、テーブルに、シビックのパンフレットがありますねー。見ておくか。

    アイスティーをいただいた

    内容はHPと同じだな

坂下氏が、自分のタブレットを持ってきてくれました。
いろいろ最新情報が見れるようですよ。

    拝見します

開発者の声とか聞けて、楽しいですねー。
ハッチバックのテールゲートは、今回樹脂製を採用しているそうです。
先代は、試乗してみましたが、リアゲートに横にピラーがあり、後方視認性が悪かったです。

見積が出たようです。
車体本体価格は、約330万かぁ。
諸経費込みで390万弱(税込)
今の状態のJADEの下取り価格は85万だそうです。

まぁ、こればっかりは試乗してみないと最後は決められないよなぁ。
ネットでは、試乗後注文したら年内納車は無理ってことでした。
それだけ出るタマ少ないのかなぁ。
坂下氏によると、年間販売計画とか、この車には設定されていないそうです。

エンジン1種類でCVTか6MT。
グレードはLXかEX。

この組み合わせで、オーダー入った色を入れるということのよう。
ということは、バイクの販売並みに、最初出したらもう出さないよって可能性も。
なので、早くオーダー入れて欲しいというのが、営業サイドにはあるみたいですねー。
先代も春で生産中止になり、その時買いそびれた人たちも待っているようですし、私と同じ、JADEオーナーの乗り換え相談も既にいくつかあるそうです。

シビックは、最近はイギリス工場でつくられ、逆輸入されていましたが、その工場は今月閉鎖。
生産は、国内工場になるそうです。
狭山かなぁ、寄居かなぁ。鈴鹿だったらいいなぁ。
寄居工場で、現行のシビックセダンを製造しているので、寄居の可能性が高いかな。

来月には、試乗車おろすそうです。
こちらとしては、来年のJADEの車検までに乗り換えできればいいんですが、ギリギリまで待ったら乗り換えできなくなるかもです。
うーん。多分、もう楽しいエンジン車は出ないんだろうなぁ。

2040年にはガソリンエンジン完全にやめるって言ってますしね。ホンダは。
人生設計と照らし合わせると、もうこのクラスを躊躇なく買えるのはこれが最後かも。
この次は、フィットクラスかなぁ。どうだろう。

なんにせよ、次回は試乗。
ハンコ持って行くから、場合によってはそこで契約。
遅くとも、9月中には結論を出しましょうかということに。

シャトルで1.5ターボでスポーティーモデルが出るなら、そっちでもって考えますが、多分出ないんだろうなぁ。

ちなみに、シビックは、来年にはe;HEVとTypeRが登場の予定。
ハイブリットよりも、先にエンジン車を出すことに、ホンダのやる気を感じます。

    お、点検終わったか

お隣にはS660がいますねー。
この車も、欲しかったけどもう生産終了しているし。
なんだか、香港で恐ろしく高値で取引されているそうですね。

    北伊丹店 にぎわっていた

一応、商談したんでってことで、Hondaオリジナル ジャガードバスタオルをくれました(笑)

では帰りますか。
R171の側道では、センターラインもないのに、ローカルルールで2車線になっていて、伊丹市営バスが突っ込んできましたよ。

    ひえぇ ギリギリ

そして、のんびり帰宅しますよ。

    六甲のお山には雲

来年で7年目のJADE。
年越すと、年式がひとつ古くなるので、買替するなら今年中に決めないとなぁ。
あとは、下取り査定と、新型なので値引きはほぼないような気もするが、ホンダ一筋7台目だからなぁ。
どこまでがんばってくれるかな。

 久美浜でいろいろ釣れた半夜釣り

5日は、昼過ぎに出発して、いつもの久美浜・ちどりさんで半夜釣り。
釣果はイマイチでしたが、それなりに種類はいろいろ。
まぁ楽しめましたよ。
詳しくはこちらからご覧くださいねー。

 Honda Cars 兵庫 西宮店 ようやく工事開始

4月5日で改修のため一旦店を閉めた、マイディーラーのHonda Cars 兵庫 西宮店。
それから約2ヵ月。毎日通勤で前通っているのですが、なーんの動きもなかったのですが、ようやく動きがありました。

    5月31日

お、なんだか囲いしだしていますね。

    6月3日

ようやく工事開始ですかね。
やっぱり、骨組み残して、リニューアルなんだろうなぁ。

 海釣り広場で小サバ祭り

1日は、休暇取って鳴尾浜臨海公園海釣り広場で釣りしていました。
笑えるほど小サバが釣れた、小サバ祭りになりましたよー。
近所なので、鮮度抜群でいただけました。
詳しくはこちらからご覧ください。

 Dakotaのナポリタンをテイクアウト

先週水曜日は、4年ぶりにDakotaの店長、北垣さんのナポリタンを食べられるとのことで、休暇とって行ってきました。
ただ、新型コロナで、テイクアウトのみだったので、おうちDakotaをしましたけど。
詳しくはこちらからご覧くださいね。

 Honda エンジンを捨てる

4月23日、2040年までに世界で新車販売をすべてEV(電気自動車)、FCV(燃料電池車)にするとホンダの三部敏宏社長が公表しました。

    三部社長

地球温暖化対策を強化するため、国は昨年10月に、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロとするカーボンニュートラルを目指すと表明しました。
自動車は国内排出量の15%程度を占めます。
実質ゼロとするための具体策として、国は「2035年までに新車販売を電動車のみとする」との方針を打ち出しました。

これに対して、日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は、カーボンニュートラル目標の達成には既存の車両への対応なども必要だとし、国が打ち出したガソリン車の新車販売禁止だけでは達成できないとの考えを示しています。
曰く、「決してEVの販売促進とか、ガソリン車禁止とか、FCV推進とかそういうことではなくて、カーボンニュートラルがゴール」と強調。「ある内燃機関だけに軸足を置いた規制や法律で出口のところで既存技術を制約して幅を狭めることではなくて、カーボンニュートラルへのあらゆる道、あらゆる選択肢を広げていくことが先ではないか」と語っています。

    豊田社長

確かに、走行中の温室効果ガスの排出量は減るかもしれませんが、そうするための設備を確立させるためには、かえって温室効果ガスを増大させているんじゃないのかなぁと思います。製造時にガソリン車を上回る二酸化炭素(CO2)が出るというのは周知の事実です。また、充電する電気はクリーンなのか。電気を使うたびに温室効果ガスを排出していたら意味ないですよね。
トータル的に考えるとどうなんだろうと思います。

そこを、三部敏宏社長は、「電動化を急速に進めないと生き残れない」と強調。「実現への課題は多くあるが、明確な目標を掲げて進めたい」とも話しているそうです。

自分の中での人生計画では、2040年にはもう運転免許証は返納している予定で、どんな車が出てこようが関係ないのかもしれませんが、やっぱり、エンジンの音と振動がないマシンは、自動車じゃないよなぁと思ってしまいます。
あと、「エンジンのホンダ」からエンジンがなくなるというのは、やはり悲しさと失望しかないですな。
ワゴン系の車もラインナップから消えていくし・・・スバリストになろうかなぁ。


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.