RockzGoodsRoom > PAST CONTENTS >

  Music&MovieRoomの過去記事です。
[02] [03] [04] [05] [06] [07] [08] [09] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]

    


  Music (2016/12/11)

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 COMPLETE BEST
「機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096」でのSawanoHiroyuki[nZk]による主題歌全3曲に加えて、OVA「機動戦士ガンダムUC」におけるAimer、BOOM BOOM SATELLITESなどのテーマソング全7曲を収録したコンプリートベストアルバム。さらに、ボーナスディスクには、「機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096」の放送を記念して2016年8月に開催された、澤野弘之やAimerらが出演したスペシャルライブイベント"RE:UnChild"のライブ音源全16曲を収録しています。
これも内容すごいなぁ。

  Music (2016/11/27)

機動戦士ガンダムUC COMPLETE BEST
episode1からepisode7までのBlu-ray全7巻で構成された「機動戦士ガンダムUC」の主題歌&挿入歌を集約したコンプリート・ベストです。
「episode7」主題歌のAimer"StarRingChild"」をはじめ、「epidode5」主題歌のBOOM BOOM SATELLITES"BROKEN MIRROR"など、全エピソードの主題歌をもれなく収録。
劇伴音楽を担当した澤野弘之によるヴォーカル・トラックも含む、機動戦士ガンダムUCの音楽が凝縮された一枚です。
アニメのサントラと侮れないですね。
UnChild / SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer
「機動戦士ガンダムUC」の音楽を担当する澤野弘之、「episode 6」及び「episode 7」の主題歌を担当したAimerによる夢のコラボレーションです。
全編英語詞のボーカル曲11曲とインスト曲1曲を収録しています。これはまたいいねー。
Into the Sky EP / SawanoHiroyuki[nZk]
「機動戦士ガンダムUC」で使われた"Into the Sky"、"Next 2 U"、"bL∞dy f8"などのヒット曲に加えて、ボーナスDVDのライヴがこれすごいです。
壮大な感じが澤野ワールドに引き込まれていきますよ。

  Music (2016/11/13)

SPICE GIRLS Greatest Hits / SPICE GIRLS
最近、女性の人権保護の動画で、SPICE GIRLSの"WANA BE"が使われたmのがありました。
ということで、久々聴いてみました。
2007年に再結成した時にリリースした彼女らのベスト盤です。 ベストと言っても、実はそんな知ってる曲ないんですよね。

  Music (2016/10/20)

METALLICA / METALLICA
突然、メタリカが聴きたくなって、探してみたら出てきましたよ。
まずは、全米チャート1位を独走、全世界で現在までに3,000万枚超のセールスを記録するモンスター作となった、1991年の5thアルバムです。
通称「ブラック・アルバム」
最大ヒット曲となった、"Enter Sandman"はいいねー。
スラッシュメタルで売り出した彼等ですが、80年代のヘヴィメタルブームが終わり、新たなロックの形を見せたアルバムです。
"Sad But True"とか、このアルバムは全曲いいですなぁ。
MASTER OF PUPPETS / METALLICA
日本では「メタルマスター」という名前をつけられた、1986年リリースの3rdアルバムです。
"Battery"、"Master of Puppets"など、凄まじい曲がハイテンションになっていいんですよねー。
S&M / METALLICA
そして、こちらは1999年にリリースされたライヴ・アルバム。
なんと、メタリカとマイケル・ケイメンのコラボ作品となっています。
サンフランシスコ交響楽団と共演ライブを行っています。2ndアルバムの「Ride the Lightning」から7thアルバムの「Reload」までの中からと2曲の新曲"No Leaf Clover"、"Minus Human"が収録されています。
ある意味、この時期のメタリカのベスト盤のような選曲で、かなりいいですねー。

  Music (2016/10/01)

AN ANTHOLOGY / STEVE VAI
スティーヴ・ヴァイの活動の集大成ともいえる2枚組ベスト・アルバムです。ソロ・アルバムからのナンバーを中心に、ホワイトスネイク時代やアルカトラス時代の楽曲他、全32曲を収録していますが、インストゥルメンタルです。
個人的にはもっと入れてほしい曲あったんですけどね。
バークリー音楽大学を卒業し、フランク・ザッパの下でバンド活動を開始し、今では世界で5本の指に入るギタリストです。
ハードロックな印象が強いですが、メロウな曲もまたいいんですよね。
一時期、デヴィッド・リー・ロスのバンドにもいました。
個人的には、"Bad Horsie"とか好きです。

  Music (2016/09/09)

A Funk Odyssey / Jamiroquai
1990年代始めの、いわゆるアシッドジャズ界を代表するバンドです。
今も活動していますよ。
そんな彼らの2001年リリースの5thアルバムです。
映画「Godzilla」に提供された"Deeper Underground"も収録されています。
今、「シン・ゴジラ」やってて思い出した1枚です。
これ、当時はかなりヒットしましたが、今聴いても新鮮です。

  Music (2016/08/30)

Eight / Def Tech
ハーモニー・言葉を聴かせるという原点を再確認しつつ作成したというニューアルバム。
確かにいいですねー。
でも、ビートのある曲もまた聴きたいなと思います。
過去の曲が良すぎたのかなぁ。

  Music (2016/07/20)

あの日あの時 / 小田和正
1969年オフコースを結成し、「さよなら」「言葉にできない」などのヒット曲を発表しました。
1989年オフコースを解散後、ソロアーティスト活動を再開し、1991年270万枚を超える大ヒット作となった「ラブ・ストーリーは突然に」をはじめ、 「自己ベスト」「自己ベストー2」も網羅し大ヒット曲満載の小田和正初のALL TIME BEST ALBUMです。

  Music (2016/07/04)

L'EPILOGUE / 氷室京介
4大ドームツアー「LAST GIGS」でライヴ活動から引退した、氷室京介の自身初となるオールキャリア・ベストアルバムです。
BOOWY時代から現在に至るまで数々の名曲を収録しています。
音楽シーンから完全に引退しちゃうわけではないですが、なんだろう、感慨深いものありますね。

  Music (2016/06/19)

The Very Best Of The Eagles / Eagles
グレン・フライ、ドン・ヘンリーが中心となって結成され、1971年にデビューしたアメリカの偉大なるロック・バンド。
1982年にバンドは解散しましたが、1994年から復活していました。
"Hotel California"を初め、デビュー曲"Take It Easy"など彼等のキャリアが詰まった、1994年リリースのアルバムです。
今年の1月16日、リーダーのグレン・フライがお亡くなりになりました。
またひとつ、大きな星が落ちました。

  Music (2016/06/09)

水曜天幕團 蟹頭十郎太 オリジナルサウンドトラック
2003年10月。HTB本社駐車場に打ち立てられた芝居用のテントで、北海道が誇る演劇ユニットTEAM NACSと「水曜どうでしょう」の藤村&嬉野Dのコラボが実現した「水曜天幕團」
彼らの旗揚げ公演はなんと時代劇「蟹頭十郎太」。作・嬉野D、演出・藤村Dによって生み出されたサムライ・エンターテインメントのサントラです。
実はこれに、「水曜どうでしょう」のテーマソングが入っていますよー。

  Music (2016/05/31)

The Singles Collection / David Bowie
今年1月10日に亡くなった、デヴィッド・ボウイの1993年リリースのシングル・コレクションです。
彼のキャリアスタート時には、私はまだ生まれていませんでしたが、それでも80年代の頃の曲からは、後によく聴いたものばかりです。
俳優としても活躍していましたね。
ひとつの時代が終わったなぁ。

  Music (2016/04/07)

So / Peter Gabriel
1970年代にプログレッシブ・ロック・バンド「ジェネシス」のヴォーカリストとして活躍し、その後ソロになった、ピーター・ゲイブリエル(当時は「ガブリエル」と言われていた)の1986年の大ヒットアルバムです。
"スレッジハンマー"のPVは当時超斬新でした。

  Music (2016/04/03)

DROWNING POOL / HELLELUJAH
ラウド・ロックの雄、DROWNING POOLの通算6枚目のアルバムです。
4代目Voのジェイセン・モレノになってからは2枚目のアルバムです。
ラウド感よりは、メタル感に寄ってきた感じですかねー。でもいいですなぁ。こういうバンドって最近減ったなぁ。

  Music (2016/03/04)

HEAVY HITZ / HEAVY D AND BOYZ
2011年に急逝した、HEAVY Dのベスト盤です。
1980年代のニュージャック・スイングの代表格ですね。
Michael Jacksonの"JAM"の曲中ラップもやってました。
7年前にもここに別アルバムで挙げましたが、やっぱり"Now That We've Found Love"とかは今聴いてもいいですね。

  Music (2016/02/20)

DEFINITIVE COLLECTION / NENA
1983年にドイツ語で歌って、全米No.1となったネーナ・ケルナーがボーカルのグループ、NENAのベストです。
1987年にバンドは解散しましたが、英語以外で全米No.1になったのは、坂本九さんくらいかなぁ。
とにかく偉大なバンドです。

  Music (2016/02/05)

ULTIMATE COLLECTION / EURYTHMICS
アニー・レノックスとデイヴ・スチュワートによるエレクトロ・ポップ・ユニットの軌跡を追ったベスト・アルバムです。
"I've Got A Life"と"Was It Just Another Love Affair"という2曲の新曲に挟まれる形で数多のヒット曲を収録しています。
"Love Is A Stranger"や"Would I Lie To You?"、"There Must Be An Angel"にソウルの女王アレサ・フランクリンと共演した"Sisters Are Doin' It For Themselves"を始めヒット曲満載のまさしくオール・タイム・ベストです。
今聴いてもカッコイイ!!80年代がよみがえります。

  Music (2016/01/07)

Frankie Say Greatest / Frankie Goes To Hollywood
1980年にニュー・ウェイヴ・バンドとして結成した、彼らのベスト盤。
7枚のシングルしか発表していませんが、いまだリミックスでベスト盤が何年かおきに出ています。
Voのジョンソンとラザフォードはゲイで、それをウリにしていました。音楽性はいいんですけどね。歌詞とか映像は放送禁止だらけでしたが(笑)

  Music (2016/01/05)

The Best of "I AM GILLE."〜Amazing J-POP Covers〜 / GILLE
GILLEのカヴァー・アルバム「I AM GILLE.」シリーズ4作を集約したカヴァー・ベスト・アルバムです。
アイドル・ヒット・ソングから、時代を超えたスタンダード楽曲、そしてアニソンまで、J-POPのあらゆる楽曲をGILLE色に塗り替えてしまう彼女のダイヤモンド・ヴォイスを120パーセント凝縮した選曲。
新録として、クマムシの「あったかいんだからぁ♪」を、ギタリスト押尾コータローを迎えた英語カヴァーで収録です。
いいですよー。これ。

 Music (2016/01/02)

GREATEST HITS / THE POLICE
パンク、ニューウェーブ、レゲエから王道ポップスまで、多彩な要素を飲み込んだ偉大なるユニット、THE POLICE。その道程を観望できるベスト盤です。
シングル曲が中心なので親しみやすいですが、やはりPOLICEはアルバムかなー。
スティングの声はいつ聴いてもいいですねー。

  Movie (2016/12/11)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜
(Voi:池田秀一、潘めぐみ,Dir:安彦良和 2016 SUNRISE)

「暁の蜂起」のあと、地球に向かったシャアは、不思議な力を持つ少女、ララァ・スンと出会います。
一方、RX-78開発計画を推進するアムロの父テム・レイは、ジオンのモビルスーツ開発の重要人物、ミノフスキー博士亡命の報を得て、月へ向かいます。
その月面のトワイライトゾーンで繰り広げられる人類史上初のモビルスーツの死闘。そして、時に宇宙世紀0079年・・・。
地球から最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできます。人類が総人口の半分を死に至らしめた、動乱の時代が始まろうとしています。「1年戦争」前夜の物語です。
ランバ・ラル、黒い三連星、そしてしシャアの構成のモビルスーツ隊がかなりいいですねー。
通称「シャア・セイラ編」はこれで終了。来年は「ルウム編」が始まる予定です。

  Movie (2016/11/27)



THUDERBIRDS ARE GO(邦題:サンダーバード ARE GO)
(Voi:Rasmus Hardiker,Dir:Richard Taylor 2015 ITV Studios)

1965年の人形劇作品「サンダーバード」の50年後のリブート・リメイクと位置付けられたテレビシリーズです。
2060年、トレーシー家の5人兄弟を中心とする「インターナショナル・レスキュー」が様々なスーパーメカ「サンダーバード」を駆使して世界中の事故・災害現場へ行き救助活動を行います。
当時の人形劇っぽい作風がまたいいんですよね。
NHKで吹き替え放送をしていましたが、オリジナル音声もまたいいです。
13話ずつ2巻でリリース。
サンダーバードメカがより近代的になり、これは面白いです。

  Movie (2016/11/13)

POINT BREAK(邦題:X−ミッション)
(Sta:Edgar Ramirez、Luke Bracey,Dir:Ericson Core 2015 WARNER BROS.)

キアヌ・リーブス主演の1991年「ハートブルー」をリメイクです。
サーフィンやスノーボード、モトクロスなどを用いたエクストリームスポーツが多数登場し、トップアスリートたちの生身のスタントによって迫力のアクションシーンを創出しています。
元アスリートの若きFBI捜査官ジョニー・ユタは、エクストリームスポーツのカリスマ、ボーディが率いる超一流アスリート集団への潜入捜査という指令を受けます。
ボーディ一味には、そのスキルを駆使した前代未聞の犯罪を実行している疑いがあり、命がけで潜入に成功したユタは、ボーディが犯罪の首謀者なのか、その証拠をつかむために捜査を続けるが、命知らずなアスリートたちと行動を共にするうち、ユタとボーディとの間にも信頼と友情が芽生え始める。というストーリー。
アクションはCGなしなんで、かなりの迫力ですが、ストーリーがちょっと残念。
劇場で鑑賞。

  Movie (2016/10/20)

俳優 亀岡拓次
(Sta:安田顕、麻生久美子,Dir:横浜聡子 2016 『俳優・亀岡拓次』製作委員会)

脇役専門の俳優である主人公・亀岡拓次は、撮影現場と酒場を行き来する毎日を送っていました。
ある日、ロケで訪れた長野県諏訪市で立ち寄った居酒屋「ムロタ」の若女将・安曇に一目惚れをしてしまいます。その後、舞台への初挑戦、世界的監督であるアラン・スペッソの極秘オーディションへの参加と、亀岡の人生に次々と転機が訪れ・・・。という内容。
ヤスケンの独特な演技で、不思議な世界へと引き込まれます。
不器用だが愛すべき男が巻き起こすユーモラスでハートフルな物語です。
劇場で鑑賞。

  Movie (2016/10/01)

不便な便利屋
(Sta:岡田将生、遠藤憲一、鈴木浩介,Dir:鈴井貴之 2015 テレビ東京)

テレビ東京系の「ドラマ24」枠で放送された、北海道を舞台としたドラマ。
脚本家の竹山純は監督と口論の末、東京を離れることを決心し、富良野へ向かう。しかし途中で吹雪に巻き込まれてバスが立ち往生し、所持品を失くした竹山は近くの便利屋に留まることになるという始まりです。
勘違いしたオトナ達は止まりません。極寒・北海道の名もなき田舎町で“便利屋"を舞台に巻き起こる3人の男たちのコメディドラマとなっています。

これ、監督が鈴井貴之さんですよ。ミスターどうでしょう(笑)
この「ドラマ24」枠は、結構好きな演技ができるということで、大物俳優さんもゲスト出演したりします。
大泉洋はじめ、TEAM NACCSのメンバーや、田中要次、時任三郎、柳沢慎吾、内山理名、小日向文世、田中美佐子などなかなか楽しいです。

  Movie (2016/09/09)

LEGO STARWARS:THE DROID TALES(邦題:LEGO スター・ウォーズ/ドロイド・テイルズ)
(Voi:Eric Bauza,Dir:Michael Hegner 2016 Walt Disney Studios)

おなじみLEGOの世界で、「スター・ウォーズ」6部作と「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」、「スター・ウォーズ 反乱者たち」の名シーンの数々をC-3POが振り返る作品です。
映画やCGアニメでおなじみのあの場面が、レゴキャラクターによって再現されています。
軸となるのは、エンドアの戦いの後にC-3POとアクバー提督が誘拐されたR2-D2を追いかけるというストーリー。コルサント、タトゥイーン、ジオノーシスといった場所を訪れたC-3POが『スター・ウォーズ』サーガの語り部となっていきます。
LEGO STAR WARS:THE NEW YODA CHRONICLES(邦題:LEGO スター・ウォーズ/ニュー・ヨーダ・クロニクル)
(Voi:Eric Bauza,Dir:Michael Hegner 2016 Walt Disney Studios)

そしてこちらは、ジェダイを目指すため、その教えが詰まったホロクロンを求めるルークと反乱軍の仲間たちと、ダース・ヴェイダー率いる帝国軍の争奪戦が描かれます。
まったくのオリジナルストーリーではあるのですが、随所に映画の再現やパロディが登場するので『スター・ウォーズ』ファンはニヤりとさせられる演出が散りばめられていますね。
たまに原作破壊気味になりますが、ギャグや楽しいシーンが多いにぎやかな作品。性格がお茶目になったキャラクターばかりですし、なんとジャージャー・ビンクスの子どもたちまで登場しちゃう自由さがポイントです。

  Movie (2016/08/30)

THE MARTIAN(邦題:オデッセイ)
(Sta:Matt Damon,Dir:Ridley Scott 2015 20th Century Fox)

火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去りますが、実は彼は生きていました。
空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、植物学者でもあるワトニーは生き延びようと様々な手段を試みます。
一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていました。
最後は感動的なんだけど、そこに至るのに某国がというのがなぁ・・・。
劇場で鑑賞。

  Movie (2016/07/20)

AMERICAN ULTRA(邦題:エージェント・ウルトラ)
(Sta:Jesse Eisenberg、Kristen Stewart,Dir:Nima Nourizadeh 2015 Lions Gate Entertainment.)

田舎町のコンビニでバイトをしながら、恋人フィービーと幸せな同棲生活を送るマイクは愛するフィービーへのプロポーズのタイミングを探っていたが、いつもチャンスを逃してばかりです。
ある日、マイクは謎の女性の暗号をきっかけに秘められた能力が覚醒し、殺し屋二人組に命を狙われるが、体が勝手に反応して二人を一瞬で撃退してしまいます。
実はマイクは、CIAに生み出された高度な戦闘能力を持つ最強エージェントで暗号により封印が解けたマイクの存在を抹消すべくCIAは次々とタフな殺人兵士を送り込んできます。
ジェイソン・ボーンがアメリカの田舎町にいたらって感じのコメディですね。
劇場で鑑賞。

  Movie (2016/07/04)

STARWARS:CLONE WARS FINAL SEASON / THE LOST MISSION(邦題:クローン・ウォーズ <ファイナル・シーズン/ザ・ロスト・ミッション>)
(Voi:Matt Lanter、Ashley Eckstein,Dir:Dave Filoni 2016 Warner Bros.)

Ep.IIとEp.IIIを繋ぐクローン・ウォーズのテレビシリーズのラストシーズンです。
惑星リンゴ・ヴィンダでの激戦の中、クローン兵タップに異変が。その出来事によって共和国軍は衝撃的な秘密を知ることになります。
一方、アナキン・スカイウォーカーは分離主義勢力によってパドメとの信頼関係を試されることに。
そして、ヨーダは瞑想中に故クワイ=ガン・ジンの声を聞き、フォースの導きに従い旅立つ。そこに待っているのは・・・ファン待望のエピソードでは、光と影が対立する最も深い謎が明らかにされていきます。
ちょっと中途半端な感じもしますが、これでシリーズ完結です。

  Movie (2016/06/19)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起
(Voi:池田秀一、潘めぐみ,Dir:安彦良和 2016 SUNRISE)

宇宙世紀0074年。
テキサス・コロニーを離れたエドワウ・マスは身分を偽り、シャア・アズナブルとしてジオン自治共和国国防軍士官学校に入学する。
同期となったザビ家の御曹司ガルマと親交を深めるシャア。次第に二人は学生たちからも一目置かれる存在になってゆく。
そして宇宙世紀0077年、ついに学生たちは独立をかけ地球連邦軍治安部隊に対し武装蜂起する。
しかしそれはシャアの描く復讐への壮大なシナリオの幕開けでもあった。
ということで、今回で名実共にシャア・アズナブルの誕生です。アムロもちょこっと出たり、なかなか設定が楽しいです。

  Movie (2016/06/09)

Star Wars: Rebels(邦題:スター・ウォーズ 反乱者たち)
(Voi:Taylor Gray、Freddie Prinze Jr.,Dir:Dave Filoni 2014 Lucasfilm Limited)

ディズニーにルーカスフィルムが加わって初めてのアニメーション作品であり、Ep.IVの5年前の帝国が支配していた暗黒の時代、銀河の平和を取り戻すために立ち上がった<反乱者>と呼ばれるヒーローたちと、少年エズラのジェダイへの成長を描きます。
新しいキャラクターだけでなく、オビ=ワン・ケノービ、R2-D2とC-3PO、ダース・ベイダーなどおなじみのキャラクターが登場するエピソードが満載です。
アニメ・クローンウォーズから成長したアソーカ・タノも出てたり。
なかなか楽しめます。

  Movie (2016/05/31)

Star Wars: The Force Awakens(邦題:スター・ウォーズ/フォースの覚醒)
(Sta:Daisy Ridley、John Boyega,Dir:J.J. Abrams 2016 Walt Disney Studios Motion Pictures)

エンドアの戦いから約30年後。最後のジェダイ騎士ルーク・スカイウォーカーが姿を消した。
その間に銀河帝国の残党から新たに「ファースト・オーダー」が台頭し、再び銀河に脅威をもたらすと同時に彼の殺害を狙っていた。彼の双子の妹であるレイア・オーガナ将軍は、新銀河共和国の支援の下で独自の軍事組織「レジスタンス」を指揮してファースト・オーダーに立ち向かうと共に、彼の行方を捜索していた。

という始まりのスターウォーズの新シリーズ。これはすごい!待った甲斐ありました!!
劇場で鑑賞

  Movie (2016/04/07)

CAT SHIT ONE -THE ANIMATED SERIES-(邦題:キャット・シット・ワン)
(Voi:土田大、日野聡,Dir:笹原和也 2010 IDA)

小林源文原作の、動物が主人公のリアル・ミリタリーマンガのフル3DCGアニメ版です。
アメリカ人はウサギです。バッキー、ラッツ、ボタスキーがメインキャラですが、この話ではラッツは出ていません
いやー。リアル。すごいですねこれは。
YouTubeでも無料版ありますが、やっぱりいいです。

  Movie (2016/04/03)

Avengers: Age of Ultron(邦題:アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン)
(Sta:Robert Downey, Jr.、Chris Hemsworth、Mark Ruffalo、Chris Evans,Dir:Joss Whedon 2015 Walt Disney Studios Motion Pictures)

アイアンマンこと「戦う実業家」トニー・スタークが開発した<ウルトロン計画>。
それは、人類の平和を守るために作られたシステムのはずだったのですが、より確実な平和を手に入れるためにトニー・スタークは禁断の平和維持システム、人工知能<ウルトロン>を起動させます。
しかし、進化と増殖を続けるウルトロンが選択した「究極の平和」とは、平和を脅かす唯一の存在=人類を抹消すること。
世界中の都市を襲う人類滅亡の脅威に、最強チーム「アベンジャーズ」が再び結集、ウルトロン軍団との戦いに全てをかけ挑みます。
相変わらず、日本語吹き替えはイケてないですねー。

  Movie (2016/03/04)

Mission:Impossible - Rogue Nation(邦題:ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション)
(Sta:Tom Cruise、Jeremy Renner,Dir:Christopher McQuarrie 2015 Palamount Pictures)

正体不明の多国籍スパイ集団「シンジケート」を密かに追っていたIMFエージェントのイーサン・ハントは、ロンドンで敵の手中に落ちてしまう。
拘束された彼が意識を取り戻すと、目の前に見知らぬ女性と、3年前に亡くなったはずのエージェントがいた。拷問が開始されようとしたとき、その謎の美女イルサによって命を救われ脱出する。
一方その頃、違法行為すら辞さないIMFの捜査方針を問題視していたCIA長官アラン・ハンリーの提案により、IMFは解体されCIAに吸収されてしまう。CIAは「シンジケート」をIMFが自らの存在意義を作るために創った実体のない組織だとみなしており、「シンジケート 」の極秘調査を名目に召還に応じないIMFの大物エージェントであるイーサンを反逆者として国際手配してしまう。
トム・クルーズのアクションも見ものですが、今回も先の読めないストーリーに釘付けです。
劇場で鑑賞。

  Movie (2016/02/20)

龍三と七人の子分たち
(Sta:藤竜也、近藤正臣,Dir:北野武 2015 WARNER BROS.)

引退した元ヤクザの龍三親分がオレオレ詐欺に引っかかったことから、昔の仲間 “七人の子分たち” を呼び寄せ、若者たちを成敗しようと世直しに立ち上がる姿を描いたアクションコメディ映画です。
主要キャスト陣の平均年齢は72歳だそうですが、刑事役で監督の北野武が出ていたり、悪役組長役で、TEAM NACSの安田顕が出ていたりと、なかなかすごいキャストです。
劇場で鑑賞。

  Movie (2016/02/05)

思い出のマーニー
(Voi:高月彩良、有村架純,Dir:米林宏昌 2014 スタジオ・ジブリ)

心を閉ざした少女杏奈は、ぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。
そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、きれいなブロンドの少女マーニーが姿を見せる。
その出会い以来、杏奈の身の回りでは立て続けに奇妙な出来事が起きるようになるが、それは二人だけの秘密だった。
ちょっと切なく、泣ける映画です。
劇場で鑑賞。

  Movie (2016/01/07)

Night at the Museum:Secret of the Tomb (邦題:ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密)
(Sta:Ben Stiller、Robin Williams,Dir:Shawn Levy 2014 20th Century Fox)

ニューヨーク自然史博物館のプラネタリウム設立パーティは、思いもよらぬハプニングの連続。夜警のラリーや展示物たちの奮闘もむなしく、大失敗に終わる。
どうやらみんなに魂を吹き込んでいたエジプト王の石板〈タブレット〉が魔力を失い、みんなが動けなくなりつつあるらしい。
それを知ったラリーと息子や仲間たちは、石板の持ち主であるエジプト王〈ファラオ〉に会って謎を解くため、ロンドンの大英博物館へ出かける。しかし、そこには彼らが想像もしていなかった危機と運命が待ち受けていたのです。
「ナイト・ミュージアム」の最終章です。コメディタッチにもちょっとセンチメンタルなところもあって、いいですねー。
THE EXPENDABLES 3 (邦題:エクスペンダブルズ3 ワールドミッション)
(Sta:Sylvester Stallone、Jason Statham,Dir:Patrick Hughes 2014 Millennium Films)

最強の傭兵軍団「エクスペンダブルズ」を率いるバーニーに下されたCIAの作戦担当ドラマーのミッションは、かつて共にエクスペンダブルズを結成した仲間であり、現在は悪に染まった組織の大物ストーンバンクスの排除作戦だった。
ニューヨーク、モスクワ、ブカレスト、メキシコ、アフリカ―。世界で繰り広げられる仇敵との攻防。
しかしエクスペンダブルズの弱点を知り尽くした最強の敵・ストーンバンクスの力の前に、決して若くないチームの仲間たちの身を案じたバーニーは、チームを解散し、若いメンバーと新たにチームを組んで挑む。
解散を言い渡された男たちのとった行動とは・・・そして、CIAドラマーが隠し持つ驚愕の切り札とは・・・・
今回は、シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサムの主役に、ジェット・リー、ドルフ・ラングレンに加え、ウェズリー・スナイプス、メル・ギブソン、ハリソン・フォード、そしてアーノルド・シュワルツェネッガーと豪華なキャストで楽しめます。

  Movie (2016/01/05)

The Hobbit:The Battle of the Five Armies (邦題:ホビット 決戦のゆくえ)
(Sta:Martin Freeman、Ian Mckellen,Dir:Peter Jackson 2014 WARNER BROS.)

ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズやドワーフのトーリンらは、竜のスマウグからついに王国を奪い返します。しかし、スマウグは人々を襲い、その一方でトーリンが財宝を独り占めしようとし、ビルボがそれを止めようと危険な選択をしてしまう中、宿敵サウロンが奇襲を仕掛け、ドワーフとエルフと人間の間では対立が深まり・・・。
最後を締めくくる大スケールのバトルは必見の三部作最終章です。
劇場で鑑賞。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア
(Voi:池田秀一、潘めぐみ,Dir:安彦良和 2015 SUNRISE)

宇宙世紀0071年。サイド3、ムンゾ自治共和国を脱出して3年。
ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアの兄妹は、ジンバ・ラルと共に地球に逃れ、テアボロ・マス家に身を寄せており、エドワウとセイラという名で平穏に暮らしていた。
だが、彼らを追うザビ家の魔の手が、再び迫りつつあるのであった・・・。
そのころ、サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ザビ家が実権を掌握し、支配体制を固めつつある一方、地球連邦軍に対抗するための新兵器、モビルワーカーの開発に着手していた。
ミライさんやアムロの子供の頃、黒い三連星も出てきたりで、ところどころ、おおー!ってなります(笑)

 Movie (2016/01/02)

宇宙兄弟#0
(Voi:平田広明、KENN,Dir:渡辺歩 2014 Warner Bros.)

小山宙哉の大ヒットコミック「宇宙兄弟」を、原作者・小山が自ら書き下ろしたオリジナル脚本でアニメーション映画化です。
南波兄弟よりも先に兄弟で月に降り立つことを夢見たジェイ兄弟との交流と別れを描き、南波兄弟が宇宙を目指す本当の理由が明かされます。
幼い頃から宇宙飛行士を夢見てきた南波日々人は、ブライアン・ジェイが搭乗する月面着陸ロケットのバックアップクルーに抜てきされる。しかし、ブライアンが地球着陸時の事故で帰らぬ人となったため、NASAは宇宙開発の有人ミッションを見直すことに。
一方、宇宙への夢をかなえつつある日々人と対照的な暮らしを送る兄・六太は、勤め先の自動車会社から田舎への出向を命じられてしまう。
エピソード・ゼロたる所以の物語です。
劇場で鑑賞。
.

■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.