Music (2018/02/25)

ディス・ワンズ・フォー・ロックンロール-ザ・ベスト・オブ・ハノイ・ロックス1980-2008 / HANOI ROCKS
1980年にマイケル・モンローをVoとして結成された、フィンランドのロックバンドのベストです。
1985年に一旦解散しましたが、その後、ガンズ・アンド・ローゼズやスキッド・ロウ、日本ではZIGGYなどが彼らに影響を受けたと話すようになり、次第に有名になりましたね。
再結成したけど、2009年にまた解散。いやぁ。よかったんだけどなぁ。

 Music (2018/01/18)

反逆のギター戦士 ZODIAC / 北島健二
FENCE OF DEFENSEのギタリストである北島健二の、1981年リリースのファーストソロアルバムです。
北島健二のギターワークの凄さは言うまでもないですが、このアルバムに参加するメンバーもすごいんですよ。織田哲郎がヴォーカルしたり。
なかなかマニアックですが、いい1枚です。
ギター犯罪美学 A CRIMINAL AESTHETICS / 北島健二
1982年にリリースのソロ第2弾です。
とにかくカッコイイ。
北島健二はレッド・ツェッペリンが好きなんだろうなぁ・・・。
TM NETWORKのデビュー初期の頃からライブのサポートメンバーとして参加していたが、後に自身のライフワーク優先のために、後任としてB'zの松本孝弘をTM NETWORKに紹介したというのは有名な話ですよね。
ギタリストとしては一度は聴いてほしい1枚です。


  Movie (2018/02/25)

不便な便利屋 2016 初雪
(Sta:岡田将生、遠藤憲一、鈴木浩介,Dir:鈴井貴之 2016 「不便な便利屋2016 初雪」製作委員会)

北海道の名も無き田舎町で「便利屋」を営む3人の男たちのコメディードラマ「不便な便利屋」の、スペシャルドラマです。
2015年4月クールに放送された連続ドラマでは、劇中で「1時間で作るスノーマン(雪だるま)の数」を競うギネス世界記録に挑戦。2036体で世界記録を見事更新しました。
「ガチのドキュメント」を「フィクションであるドラマ」に融合させるという新境地を開拓した、「水曜どうでしょう」でおなじみの鈴井貴之監督である本作。
今回のスペシャル版でも、今までのドラマにない常識破りな仕掛けとして、劇中で制作するショートフィルムを、本放送より先に札幌市で開かれる『【No Maps/Film】第11回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト2016)』に正式出品したというすごさです。カメオ出演する俳優陣もまた面白いですよ。

 Movie (2018/01/18)

xXx:Return of Xander Cage(邦題:トリプルX:再起動)
(Sta:Vin Diesel,Dir:D. J. Caruso 2017 Paramount Pictures)

宇宙に散在するすべての人工衛星を遠隔操作し、地球上のあらゆる場所に落下させることができる最悪の凶器であるコントローラー「パンドラの箱」が正体不明のグループの手によっていとも簡単にCIA本部の会議の場から奪われます。
何の手掛かりもないまるで幽霊のようなそのチームに対抗できるのは、かつてNSAのギボンズのもとで任務を果たし、すでに死んだことになっているあの男しかいない。CIAのマルケは伝説のトリプルXことザンダー・ケイジを強引に復職させます。
12年ぶりの再登場。アメリカ的な映画なのは変わらないですね。
劇場で鑑賞。
Assassin's Creed(邦題:アサシン クリード)
(Sta:Michael Fassbender,Dir:Justin Kurzel 2017 20th Century Fox)

カラムは幼少時に、アサシンの装束をまとった父親に母親を殺されるという悲惨な経験をし、その十数年後に殺人を犯し刑務所に収監、死刑が執行されます。
死んだはずのカラムが目を覚ましたのは、複合企業・アブスターゴ社がスペインで運営する矯正施設の医務室。
ソフィア・リッキン博士と名乗る女性は、人の暴力性を無くすことで平和な世の中を作るため「エデンの果実」が必要で、その入手にはカラムの力が必要だという。
カラムは「アニムス」と呼ばれる、遺伝子記憶の再現装置に接続され、15世紀・ルネッサンス期のスペインを生きるアサシン・アギラールの半生を追体験することに。
アニムスを通じてアギラールの記憶を見ていく中で、アニムスによるアギラールの記憶の流入に悩まされつつも、アブスターゴ社を運営し、アサシン教団と対立するテンプル騎士団の真の目的、エデンの果実がもつ本当の力、父はなぜ母を殺害したのかといった謎が紐解かれていくというストーリー。
元ネタはゲームという1本です。
劇場で鑑賞。